12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021

モバイルバッテリーシェアリングのスタートアップ「INFORICH」が地銀系VC等から23億円の資金調達を実施

INFORICH(インフォリッチ)は、南都銀行の投資専門子会社である南都キャピタルパートナーズとベンチャーラボインベストメントが運営するナントCVC2号投資事業有限責任組合ひろぎんホールディングスの投資専門子会社であるひろぎんキャピタルパートナーズが運営するHiCAP3号投資事業有限責任組合、一般社団法人 日本国際経済開発機構、ピー・アンド・イー・ディレクションズ等より、23億円の資金調達を完了した。これにより、現在既に国内26,000台の設置となったモバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を更に強化する。

資金調達の目的

INFORICHは2018年4月より、モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を提供している。現在では、日本全国約26,000台、香港約3,000台、台湾約3,000台、タイ約1,000台(※2021年3月時点)の設置が完了しており、世界を紡ぐシェアリングのプラットフォーマーとして、人を想う社会を創るというミッションの実現を目指した事業が行われている。
INFORICHは、今回の資金調達により、更なる設置台数の拡大をはじめ、グローバルへの展開も拡大する意向である。また、新型コロナウイルス感染拡大を受け、「ChargeSPOT」バッテリーの抗菌抗ウイルス対応を行うことで、利用者へ安心・安全なサービスを提供する。

INFORICHの今後の展望

「ChargeSPOT」は、年内50,000台、2022年に80,000台、2023年に100,000台と設置を拡大し、日常生活には必要不可欠な生活インフラ化を目指す。また、アプリをDLしなくても「ChargeSPOT」をお手軽に利用できるよう、キャリア系決済アプリとのミニプログラム連携なども行なっていく。
今後もINFORICHは、世界を紡ぐシェアリングのプラットフォーマーとして、ボーダーレスに人々の想い・文化をつむぐサービスをカタチにし、価値のある未来を切り開く。

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」のサービスについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」。レンタル方法はアプリでバッテリースタンドのQRコードをスキャンするだけの簡単操作。2018年4月のローンチからわずか1年で日本全国47都道府県に広がり、グローバルでも香港、タイ、台湾とエリアを拡大中である。外出時にスマホの充電が足りない・・・そんな時はチャージスポット。アプリから近くのバッテリースタンドを探してバッテリーを借り、別のバッテリースタンドに返却することができる。また「ChargeSPOT」の専用アプリに加え、LINE公式アカウント内(https://lin.ee/rH8So5i)からもサービスを利用することが可能になり、事前に専用アプリをダウンロードしていなかった場合もその場でサービスを利用できるようになった。

社名株式会社INFORICH
設立2015年09月
創立
所在地〒150-0001東京都渋谷区神宮前6-31-15 A-6A
代表者代表取締役 秋山 広宣(陳 日華)
事業概要ChargeSPOT モバイルバッテリーシェアリングサービス
デジタルサイネージ
広告
データ関連
国内・海外でのコンサルティングとマーケティングサービス
ハードウェア・ソフトウェア開発
URLINFORICH

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。

日本生命とシェアダインによるオープンイノベーション!生活習慣病や働く子育て世帯、美容・健康に気遣う人に新たな価値を創出

【オープンイノベーション インタビュー】 「100年先も、大切な人の想いをいちばん近くで支える」をキャッチコピーに、人生100年時代を支える事業共創パートナーを募集した、日本生命アクセラレーター2018。スタートアップとの協業は初めてだったが、採択された出張シェフによる作り置きサービス「シェアダイン」とは、2019年の実証実験を経て2020年には資本提携を結び、コラボレーションを実現させている。具体的に、どのような課題を解決するためにアクセラを導入したのか、またシェアダインとはどのような取り組みを実施しているのか、日本生命保険相互会社 総合企画部イノベーション開発室の関 正之 氏と、本店法人営業第二部 法人部長(2018年当時)の大野 光明 氏に話を伺いました。 #日本生命 #オープンイノベーション #アクセラレーター #シェアダイン #協業事例 #大挑戦時代をつくる #Creww

「人の森」の挑戦ーオープンイノベーションでワクワクするような未来をつくりたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和15年創業、昭和40年代には日本最大の砂利会社となり、国土開発に貢献してきた「相模興業株式会社」が、2013年に「人の森株式会社」へと社名を変更。会社としての使命を、繁栄・発展から社会への貢献・人の幸せづくりへと大きく舵きりしました。事業領域を広げる中で、今回「ウェルネス・水・農業」の3部門において、アクセラレータープログラムによるオープンイノベーションを決意。スタートアップとの協業にかける思いを、人の森株式会社 代表取締役 加藤 政徳氏に伺いました。 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #スタートアップ #人の森 #大挑戦時代をつくる #Creww

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

自動販売機から美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきたら、新しい購入体験にならないだろうか――。スタートアップとの協業により、既存技術を生かした“飛び地”の新規事業創出に取り組んでいる、アネスト岩田。 そんな同社が2020年から導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップ「SceneryScent」との協業を進めているのは、発電システムチームの和泉孝明氏です。具体的に、どのような挑戦をしているのかを伺いました。 #アネスト岩田 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント