12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

おもてなしデリバリー「Wolt」が4月22日に青森市でのサービスを開始!

フードデリバリー事業「Wolt(ウォルト)」を展開するWolt Japan株式会社は、2021年4月22日(木)10時より、青森県青森市内においてサービス提供を開始いたします。

フードデリバリー事業「Wolt」とは

「Wolt」は、2014年フィンランド・ヘルシンキでサービス開始、現在23か国160都市以上で展開しており、日本では2020年3月に広島での提供開始を皮切りに、東京など12都道県17都市に展開エリアを広げてまいりました。青森エリアでは青森市内の一部からスタートし順次配達エリアを拡大する予定です。

Woltの特徴は「おもてなしの顧客体験」「¥99からの安価な配達料金」そして「地元で愛される名店の多さ」です。青森市ではサービス開始当初から約40の地元の人気店に加盟いただき、さらに今後順次拡大を目指してまいります。

創業の地フィンランド・ヘルシンキは、低い人口密度や悪天候などによりデリバリーサービスにとって厳しい環境で知られています。Woltはその環境下において築き上げた、「業界最高水準の配達効率性」と、「30秒以内に初返答を行うチャットサポート」でこれまでフードデリバリーアプリ最高評価(アプリストア平均4.8点)をいただいてきました。30分程度の配達時間内に的確にお届けする事、また起こりうる問題に対してスピーディーかつ丁寧に解決を行う事で「世界最高の顧客体験」を提供してまいります。

またWoltの配達パートナーは、交通安全ルール遵守やサービス提供者としての心得などを含む説明会に必ず参加、更に適性テストに合格した質の高いパートナーのみで構成され、ユーザーやレストランが安心できるサービスを提供しています。またレストランに北欧デザインの「Woltオリジナル紙袋」やお店がお客様への想いを綴れる「Thank you!カード」を提供するなど、幸せの国・フィンランドならではの「温かみのあるおもてなし」を取り入れていることも特徴です。

▶︎サービスサイトはこちら

青森市への進出理由

Woltは食の宝庫として東北地方を重視しており、サービス拡大を加速してまいりました。青森は農産物生産の盛んさから「食」に対する興味関心、並びにフードデリバリーへの高い需要を感じておりました。降雪の厳しい冬季においてもフィンランドおよび北海道での経験を活かし、高い顧客体験を提供していけると自信をもっております。

Wolt のサービス概要
●サービス開始:4月22日(木)10:00
●営業時間:[月〜日曜日] 10:00〜22:00
●店 舗 数 :サービス開始時点で約40店舗。今後順次追加予定。
●配 達 料 :お店から1.5km以内の配達は99円、2.5km以内199円、4km以内¥299。
●配達エリア :青森市内の一部地域で開始。エリアは順次拡大予定。

主なレストランパートナー

●和食: 寿司ダイニングJIN、UGUISU青森, 肴ダイニング心
●カフェ/ベーカリー:emmy cafe、CAFE BAR BLUCE、あんてな青森、ブーランジェリー タツヤ
●スイーツ:フルーツパーラーEARTH、THE KAPS
●洋食:オーシャンズダイナー、ガールデュボア、TONY ROMA’S クロスタワーA-BAY
●メキシカン: メキシコ食堂TRES、PENT HOUSE
●ラーメン: 鳳、味の札幌 大西
●他:ほっこりごはん屋 輔、新町チキン、米b、海坊厨

「Wolt(ウォルト)」概要

・創業 :2014年、フィンランド・ヘルシンキ
・サービス展開地域 :23ヵ国160以上の都市でデリバリー事業を展開
・登録ユーザー数 :1,000万以上
・レストラン/小売パートナー数 :40,000以上
・従業員数 :2,300名以上
・配達パートナー数 :85,000名以上
・アプリに対する評価 :App Store 4.8/5, Google Play 4.7/5 の高評価
・資金調達総額:8億5,600万ドル(約888億円)
・受賞実績 :2020年3月にFinancialTimes(英)が選ぶ「Europe’s Fastest Growing Companies 2020」2位に選出。2020年10月に日経傘下メディアThe NextWebと国際的決済サービスAdyenが毎年開催する、ヨーロッパで最も熱いスタートアップ企業を選ぶショーケースTech5にて「最も有望なテクノロジースタートアップ企業」1位受賞。

Wolt 最高経営責任者 ミキ・クーシについて

2014年にWoltを設立。世界的なスタートアップイベント「Slush」の創設者で、300人規模のローカルイベントから世界規模のイベントに成長させた。Wiredの2015年トップテクノロジーインフルエンサーランキングで世界32位に、Forbesでは2016年の30UNDER30(欧州-Retail & Ecommerce、グローバル-Consumer Technology/Retail & Ecommerce)に選出。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント