12.8 C
Japan
土曜日, 1月 29, 2022

宇宙業界レポート「SPACETIDE COMPASS Vol.4」を発行|国内の宇宙スタートアップは54社、2020年の国内資金調達額は105億円に!

※国内資金調達額の対象期間は2020年
※企業社数はすべて2021年3月現在のもの。

一般社団法人SPACETIDEは、宇宙ビジネスに関する理解・興味を深め、情報を活用するための業界レポートの最新刊「SPACETIDE COMPASS Vol.4」の日本語版を発行した。レポートによると、2021年3月現在、国内の宇宙スタートアップ企業は54社、アジアの宇宙スタートアップは204社、宇宙ビジネスに参画している国内大企業・異業種企業は92社、国内宇宙スタートアップの2020年の資金調達額は105億円となっている。なお、英語版は近日発行予定である。

SPACETIDEでは、宇宙ビジネス全体の進展度合いや動向をまとめた情報を多くの方々に届けすることを目的に、2018年から独自の調査レポート「SPACETIDE COMPASS(スペースタイド・コンパス)」を約半年に1度のペースで発行している。

「SPACETIDE COMPASS Vol.4」では、2020年に50社を超えた国内スタートアップ企業のリストや資金調達額のアップデートを実施した。また、有償版は、再利用ロケットの開発・運用に伴う打上費用の低コスト化や日本国内の宇宙港の建設など国内外で盛り上がりを見せる「輸送セグメント」の詳細分析を掲載したほか、Vol.3にて好評であったアジアパシフィックの調査対象国・地域を拡充し、個々の企業によりフォーカスした内容となっている。

2021年3月現在、COVID-19は引き続き極めて重要なテーマであり、数多くの国々で社会生活に制限が伴う日々が続いている。また、人類は気候変動、環境・エネルギー問題、貧困など数多くの社会課題に直面しており、産業界もデジタルトランスフォーメーションをはじめとする多くの課題に向き合っている。こうした変化の時代に宇宙業界が人類にもたらすものは何か。宇宙ビジネスは、市場機会や成長機会をどこに見出していくのか。SPACETIDEは「SPACETIDE COMPASS Vol.4」を通じて宇宙ビジネスの最前線を伝え、その拡大と発展の実現に寄与したいと考えている。

「SPACETIDE COMPASS Vol.4」目次 ※有償版のみ掲載

・はじめに
・セグメント定義
・日本の宇宙ビジネス
 - セグメント別HOT NEWS【日本】
 - スタートアッププレイヤー 【日本】
 - スタートアッププレイヤー一覧(セグメント別)
 - 創業年別推移
 - 宇宙データ技術・利活用プレイヤー提供ビジネス分類
 - 輸送ビジネスの主要サービス分類 ※
 - “新しい宇宙ビジネス”に参画するプレイヤー一覧
 - 資金調達状況
 - 投資家内訳(全体)
 - 投資家内訳(セグメント別)
・アジアの宇宙ビジネス
 - スタートアッププレイヤー 【アジア】
 - スタートアッププレイヤー一覧(セグメント別/アジア)
 - 創業年別推移 ※
 - スタートアッププレイヤーの詳細 ※
・SPACETIDEに協賛頂いている企業の皆様
・終わりに

発行日

日本語版(無償版・有償版): 2021年3月23日(火)
英語版(無償版・有償版) : 近日予定

有償版の価格

日本語版・英語版 各20,000円(税込)

入手方法

以下のページにアクセスし、アンケートに回答の上、ダウンロードまたは購入する。

 ◯「SPACETIDE COMPASS Vol.4」
https://spacetide.jp/whatwedo/compass/vol-4

一般社団法人SPACETIDEについて

SPACETIDEは、2015年から「日本および世界の新たな宇宙産業の発展」をビジョンに掲げ、産業横断的な取り組みを通じて宇宙ビジネス全体の底上げを図り、宇宙ビジネスの新たな道筋を創り出すために活動している団体である。主たる活動として、民間による日本最大規模の宇宙ビジネスカンファレンス「SPACETIDE」を主催。また、宇宙ビジネスに関する理解・興味を深め、情報を活用できるよう業界レポート「COMPASS」を定期的に発行しているほか、宇宙ビジネスについての理解を深めたい方向けのYouTube番組「SPACETIDE Q」を配信している。

HP : http://spacetide.jp/ 
Twitter : https://twitter.com/spacetide_conf
Facebook : https://www.facebook.com/SPACETIDE/
YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCyLWSZP5l4aDm_a_ypm6JAw

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【インタビュー】IoT×サンゴで生態系課題に挑戦!東大発スタートアップ「イノカ」

Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。 今回は、東大発のスタートアップである #イノカ に注目してみました。 東京都神谷町に構えた施設の水槽には、サンゴ礁の生態系がそのまま切り取られ再現。AIの世界から一転、サンゴの魅力を原点に環境移送技術をもって起業したイノカ代表の高倉葉太氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださっています!

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント