12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

現場業務フローのDXを推進|『カミナシ』、約11億円の資金調達を実施

現場改善プラットフォーム『カミナシ』を提供するカミナシは、ALL STAR SAAS FUND、Coral Capitalなどを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約11億円の資金調達を実施した。現場業務フローのデジタル化をより一層推進し、他サービスとの連携により現場DXを実現する。

背景と目的

当社は、「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」をミッションに、2020年6月末より現場管理業務のデジタル化から改善までサポートする現場改善プラットフォーム『カミナシ』を提供している。
『カミナシ』は、工場や店舗などの現場において、従来、紙やエクセルで行われる点検記録や作業記録などの手書き情報をデータ化し、集計から報告、改善までの現場管理業務をノーコードで業務アプリにできるプラットフォームである。これにより、正しい作業手順の徹底や作業記録のリアルタイムな一元管理を実現。プロダクトローンチから8ヶ月で導入社数は約70社を数え、14の業界が導入している。

この度調達した資金は、『カミナシ』の開発および採用・組織体制の強化にあてられる予定である。今後は生産工程に代表される、より複雑度の高い現場業務フローのデジタル化の推進や、IoTセンサー、AIなどの最新技術との連携、他の現場向けサービスとのカミナシ上でのシームレスなAPI連携などを実現していく。これにより、日本にいる3,100万人(※)のノンデスクワーカーの業務から非効率をなくすとともに、現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)による生産性向上を加速させる。
なお、シードラウンドを含めた累計調達額は約12.7億円となる。

(※)独立行政法人労働政策研究・研修機構「職業別就業者数」より当社算出

資金調達概要

調達金額:約11億円
調達方法:第三者割当増資
既存株主:ALL STAR SAAS FUND、Coral Capital、その他
資金用途:プロダクト開発、採用・組織体制の強化

引受先からのコメント

ALL STAR SAAS FUND
マネージングパートナー 前田ヒロ氏

カミナシは、4年前の立ち上げ時から支援させていただいています。この長いようで短い4年という月日の中でカミナシが起こした変化、成長。そしてお客様の課題に対する解像度が急速に向上したことから、今回大きく出資を実行することを決めました。
ソフトウェアという存在は、現場で働く方々に浸透しているとはまだまだ言えません。
カミナシは、こうした現場のペーパーレス化と効率化を加速させる重要な企業になると確信してます。諸岡さんが率いる最高のチームと一緒に、日本だけでも3,100万人いると言われるノンデスクワーカーの仕事と生活を支えるプラットフォームを目指していきたいと思ってます。
 

Coral Capital
Founding Partner & CEO James Riney氏

カミナシの最初の投資家として、私たちは彼らの創業からの道のりを見てきました。そして今回、最初に投資した金額の8倍をコミットさせて頂きました。
デスクレスワーカーのための使いやすいSaaSには非常に大きな可能性がありますが、これまではテック企業が現場の課題点を深く理解するのは難しかったため、強力なプレーヤーが存在しませんでした。
カミナシチームは、技術的な専門性だけでなく、現場で働く人々への深い理解と共感を兼ね備えた稀有なチームです。彼らのユニークな立ち位置を考えると、日本でナンバーワンのプレイヤーになると信じています。

投資家から見たカミナシ

上記の2人の投資家と創業者・諸岡の対談がnoteに掲載されている。
創業時から支援している2人が、なぜカミナシへの投資を決めたのか、業界や現在のカミナシをどう評価しているのかなどが明かされている。

▼「ネクストユニコーン」になり得るか?投資家に聞く、カミナシが秘める可能性
https://note.kaminashi.jp/n/n39909f3bdaa6

オンラインイベントについて

昨今、工場や倉庫、店舗などの現場で働くノンデスクワーカーに向けた「デスクレスSaaS」への注目の高まりを受け、カミナシでは投資家やデスクレスSaaSを提供するスタートアップとともにオンラインイベントを開催する。イベントでは、国内外でデスクレスSaaSが注目される背景やこれまでのSaaSとの違い、デスクレスSaaSで働く面白さなどが伝えられる。

▼第一弾:次のユニコーン企業が生まれる巨大市場「デスクレス SaaS」の今と未来
開催日: 2021年3月22日(月)19:00〜20:00 / 主催:CoralCapital

▼第二弾:ネクストブレイク本命!CEOが語るデスクレスSaaSのリアル
開催日:2021年3月25日(木)19:00〜20:00 / 主催:ALL STAR SAAS FUND
https://blog.allstarsaas.com/posts/desklesssaas

▼第三弾:カミナシ オンラインミートアップ
開催日:2021年4月2日(金)19:00〜20:00 / 主催:カミナシ
https://forms.gle/VoFXu89fTm6cU7cx5

現場改善プラットフォーム『カミナシ』について

『カミナシ』は、作業チェックなど現場の業務フローをノーコードでデジタル化する現場改善プラットフォームである。
手書き情報のデータ化から集計、報告など、これまで紙やエクセルで行っていた作業をタブレットで使えるアプリにすることで、現場での正しい作業ナビゲーションの徹底やチェックデータのリアルタイムな一元管理を実現。現場と管理者双方の業務から非効率をなくし、現場DXによる生産性向上を推進する。
カミナシは、製造や小売、飲食、物流などあらゆる現場にいるノンデスクワーカーの働き方をスマートにすることを目指している。利用料金は月額60,000円(税別/10アカウント)からだ。

社名株式会社カミナシ
設立2016年12月
所在地東京都千代田区神田鍛冶町3-7 神田カドウチビル3F
代表者代表取締役CEO 諸岡 裕人
事業概要現場改善プラットフォーム『カミナシ』の開発及び提供
URLhttps://corp.kaminashi.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント