12.8 C
Japan
月曜日, 1月 24, 2022

現場業務フローのDXを推進|『カミナシ』、約11億円の資金調達を実施

現場改善プラットフォーム『カミナシ』を提供するカミナシは、ALL STAR SAAS FUND、Coral Capitalなどを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約11億円の資金調達を実施した。現場業務フローのデジタル化をより一層推進し、他サービスとの連携により現場DXを実現する。

背景と目的

当社は、「ノンデスクワーカーの才能を解き放つ」をミッションに、2020年6月末より現場管理業務のデジタル化から改善までサポートする現場改善プラットフォーム『カミナシ』を提供している。
『カミナシ』は、工場や店舗などの現場において、従来、紙やエクセルで行われる点検記録や作業記録などの手書き情報をデータ化し、集計から報告、改善までの現場管理業務をノーコードで業務アプリにできるプラットフォームである。これにより、正しい作業手順の徹底や作業記録のリアルタイムな一元管理を実現。プロダクトローンチから8ヶ月で導入社数は約70社を数え、14の業界が導入している。

この度調達した資金は、『カミナシ』の開発および採用・組織体制の強化にあてられる予定である。今後は生産工程に代表される、より複雑度の高い現場業務フローのデジタル化の推進や、IoTセンサー、AIなどの最新技術との連携、他の現場向けサービスとのカミナシ上でのシームレスなAPI連携などを実現していく。これにより、日本にいる3,100万人(※)のノンデスクワーカーの業務から非効率をなくすとともに、現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)による生産性向上を加速させる。
なお、シードラウンドを含めた累計調達額は約12.7億円となる。

(※)独立行政法人労働政策研究・研修機構「職業別就業者数」より当社算出

資金調達概要

調達金額:約11億円
調達方法:第三者割当増資
既存株主:ALL STAR SAAS FUND、Coral Capital、その他
資金用途:プロダクト開発、採用・組織体制の強化

引受先からのコメント

ALL STAR SAAS FUND
マネージングパートナー 前田ヒロ氏

カミナシは、4年前の立ち上げ時から支援させていただいています。この長いようで短い4年という月日の中でカミナシが起こした変化、成長。そしてお客様の課題に対する解像度が急速に向上したことから、今回大きく出資を実行することを決めました。
ソフトウェアという存在は、現場で働く方々に浸透しているとはまだまだ言えません。
カミナシは、こうした現場のペーパーレス化と効率化を加速させる重要な企業になると確信してます。諸岡さんが率いる最高のチームと一緒に、日本だけでも3,100万人いると言われるノンデスクワーカーの仕事と生活を支えるプラットフォームを目指していきたいと思ってます。
 

Coral Capital
Founding Partner & CEO James Riney氏

カミナシの最初の投資家として、私たちは彼らの創業からの道のりを見てきました。そして今回、最初に投資した金額の8倍をコミットさせて頂きました。
デスクレスワーカーのための使いやすいSaaSには非常に大きな可能性がありますが、これまではテック企業が現場の課題点を深く理解するのは難しかったため、強力なプレーヤーが存在しませんでした。
カミナシチームは、技術的な専門性だけでなく、現場で働く人々への深い理解と共感を兼ね備えた稀有なチームです。彼らのユニークな立ち位置を考えると、日本でナンバーワンのプレイヤーになると信じています。

投資家から見たカミナシ

上記の2人の投資家と創業者・諸岡の対談がnoteに掲載されている。
創業時から支援している2人が、なぜカミナシへの投資を決めたのか、業界や現在のカミナシをどう評価しているのかなどが明かされている。

▼「ネクストユニコーン」になり得るか?投資家に聞く、カミナシが秘める可能性
https://note.kaminashi.jp/n/n39909f3bdaa6

オンラインイベントについて

昨今、工場や倉庫、店舗などの現場で働くノンデスクワーカーに向けた「デスクレスSaaS」への注目の高まりを受け、カミナシでは投資家やデスクレスSaaSを提供するスタートアップとともにオンラインイベントを開催する。イベントでは、国内外でデスクレスSaaSが注目される背景やこれまでのSaaSとの違い、デスクレスSaaSで働く面白さなどが伝えられる。

▼第一弾:次のユニコーン企業が生まれる巨大市場「デスクレス SaaS」の今と未来
開催日: 2021年3月22日(月)19:00〜20:00 / 主催:CoralCapital

▼第二弾:ネクストブレイク本命!CEOが語るデスクレスSaaSのリアル
開催日:2021年3月25日(木)19:00〜20:00 / 主催:ALL STAR SAAS FUND
https://blog.allstarsaas.com/posts/desklesssaas

▼第三弾:カミナシ オンラインミートアップ
開催日:2021年4月2日(金)19:00〜20:00 / 主催:カミナシ
https://forms.gle/VoFXu89fTm6cU7cx5

現場改善プラットフォーム『カミナシ』について

『カミナシ』は、作業チェックなど現場の業務フローをノーコードでデジタル化する現場改善プラットフォームである。
手書き情報のデータ化から集計、報告など、これまで紙やエクセルで行っていた作業をタブレットで使えるアプリにすることで、現場での正しい作業ナビゲーションの徹底やチェックデータのリアルタイムな一元管理を実現。現場と管理者双方の業務から非効率をなくし、現場DXによる生産性向上を推進する。
カミナシは、製造や小売、飲食、物流などあらゆる現場にいるノンデスクワーカーの働き方をスマートにすることを目指している。利用料金は月額60,000円(税別/10アカウント)からだ。

社名株式会社カミナシ
設立2016年12月
所在地東京都千代田区神田鍛冶町3-7 神田カドウチビル3F
代表者代表取締役CEO 諸岡 裕人
事業概要現場改善プラットフォーム『カミナシ』の開発及び提供
URLhttps://corp.kaminashi.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント