12.8 C
Japan
水曜日, 1月 19, 2022

「RADIUS5」が写真から線画を生成するAI「Line Drawer」をリリース!

株式会社ラディウス・ファイブは、写真から漫画やアニメ、デザイン素材向けの線画を生成するAI「Line Drawer(ラインドロワー)」をAIプラットフォーム「cre8tiveAI(クリエイティブAI)」に公開しました。

Line Drawer 開発の背景

RADIUS5 は、「人の創造性を最大化する」というビジョンの元、クリエイティブに関連する様々なAIの研究・開発およびサービス化を行うスタートアップ企業です。これまでアニメを4K・8K化するAI写真やイラストの画質を上げるAIイラストを生成するAI有名画家風の絵画を生成するAI1枚の画像から動画を生成するAIなどを開発してクリエイティブ業務を行う方々をサポートするためにサービス化を行って参りました。

今回、リリースした Line Drawer は漫画制作の課題を元に研究・開発を行ったAIです。一般的に漫画の制作では背景や挿絵のクオリティが漫画のクオリティに大きく影響します。背景や挿絵の制作は、イメージしている絵を一から書き起こしたり、写真から必要な線だけをトレースしたり、3Dモデルで空間を作って線画に変換する等の手法で制作されていますが、いずれも時間のかかる作業となります。

売れっ子の漫画家の方には多数のアシスタントがいるために、どのような手法を使ってもクオリティの高い背景や挿絵を制作することできますが、アシスタントを付けていない漫画家さんや個人で漫画を描いている方は、人物描写から背景・挿絵に至るまですべてを一人で担当しなければいけません。締め切りがある中で、クオリティの高い背景・挿絵を制作することは大きな負担になっています。

Line Drawer では、誰でも簡単に短時間で線画をGETすることができます。画像をアップロードして1分程度待てば、6種類の線画をAIが生成してくれます。このAIによって、背景制作の時間を大幅に短縮することが可能となります。

▼「Line Drawer」
URL:https://ja.cre8tiveai.com/lid

Line Drawer の3つの特徴

一度に6種類の線画をダウンロード可能

Line Drawer では、一度のAIによる処理実行で6種類の線画を生成します。一般的に、アップロードされる画像の種類によって、ある手法ではうまくいくが別の手法ではうまくいかないなど、線画の生成の精度にばらつきが発生します。Line Drawerでは、6種類の手法で結果を出す仕様になっています。アップロードされた画像がいずれかの手法にうまくマッチすれば良いという考え方で作られているため、良い結果を得られやすくしています。
また、漫画に利用しやすいような背景だけではく、版画風や点描風の線画も生成するので、ユーザの用途に合わせてAIを利用いただければと考えています。

1分程度で線画を生成

一般的に、Line Drawer で生成するような線画をデザイナーが制作する場合、写真をトレースして必要な線だけを自分の手で描く必要があるため、どの写真を線画にしたいのか次第ですが、1時間から数時間程度の時間がかかることが想定されます。Line Drawer では、ドラッグアンドドロップして1分程度待つだけで写真やイラストが映像に変換されます。PCやスマホを利用するスキルがある方であれば誰でも写真から線画を生成を作ることができます。

圧倒的なコストパフォーマンス

線画の制作をアウトソースすると一般的には数万円といった予算が必要です。
Line Drawer では、月額費用が発生しないエントリープランの場合、480円で線画を生成することができます。サブスクリプションに加入している場合は、10クレジットで利用することができ、ライトプランで実質199円、プロプランで実質99円、メガプランで実質80円で利用することができるので、アウトソースと比較すると圧倒的にコストパフォーマンスが高くなります。
※サブスクリプションでは、各プランごとに毎月の支払金額と付与されるクレジットの量が異なるため、実質的な金額が変わります(上位プランに加入するほどボリュームディスカウントがあります)。

Line Drawer の概要

技術について

Line Drawer は独自のAI技術(Deep Learning)を用いて開発したサービスです。画像の特徴から線として残すにふさわしい線を残し、1枚の線画に変換します。複数の線の残し方を選べるよう、6パターンの線画を同時に出力します。

線画の仕様について

動画の種類 : 6種類(選択不要で、すべてダウンロードできます。)
解像度 : 基本的に入力画像と同じ解像度で出力されます。ただし、各プランの上限を超えたサイズの場合はプランの上限サイズまで縮小されます
アスペクト比 : 入力画像と同じアスペクト比
出力ファイル形式 : PNG
入力ファイル形式 : JPG、PNG、HEIC
アップロードできる画像の種類 : 写真、イラスト

Line Drawer で生成した線画例

会社概要

RADIUS5 では、「人がクリエイティブになれる世界を創る」というビジョンの元、クリエイティブの現場で利用することができるAIサービスの開発に取り組んでいます。

2019年にクリエイティブ作業を効率化する様々なAIツールを提供するプラットフォーム「cre8tiveAI」を公開し、これまでに写真やイラストを高解像度化する「Photo Refiner」やイラストを生成するAI「彩ちゃん全身イラストを生成する「彩ちゃん+有名画家風の絵画を生成する「Enpainter1枚の写真から動画を生成する「Moving Photo Refiner等、様々なAIをリリースして参りました。

また、アニメやゲームを4Kや8Kに変換するAI「AnimeRefinerのリリースを行い、様々な業界での活用を進めています。
RADIUS5 では引き続きDeep Learning 技術を用い、人がよりクリエイティブな仕事に従事することをサポートするサービスの開発を続けて参ります。

日本語サイト:https://ja.cre8tiveai.com/
英語サイト:https://cre8tiveai.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント