12.8 C
Japan
日曜日, 9月 25, 2022

NewsDigestアプリに「AIワクチン接種予測」機能を追加!|JX通信社

報道分野に特化したテック系スタートアップの「JX通信社」が、運営するニュース速報アプリNewsDigest内で、16歳以上の全国民の新型コロナワクチン接種スケジュールをAIで予測する「新型コロナワクチン接種予測」機能を開始した。本機能は、データサイエンスを専門とする米イェール大学助教授で半熟仮想代表の成田悠輔氏の監修のもと、共同開発したものである。

NewsDigest アプリダウンロード用URL

◎ワクチン接種計画、多数の自治体で「越年」か
〜人口が少ない自治体ほど接種に時間がかかる可能性〜

政府は、希望する16歳以上の全国民を対象に新型コロナウイルスのワクチン無料接種を計画している。新型コロナの「集団免疫」の成立には人口の7割程度の接種が必要とされるが、このためにはワクチン接種のための各プロセスが遅滞なく機能し、接種の機会が広く、早く行き渡ることが重要である。

そこでJX通信社では、NewsDigestアプリ内で、ユーザーが年齢や居住する地域などを入力するとそのユーザー自身に接種の機会が回ってくる時期を判定する「新型コロナワクチン接種予測」機能を開発した。当該機能はアプリ内で公開されている。

開発にあたっては、データサイエンスを専門とする米イェール大学助教授で半熟仮想株式会社代表の成田悠輔氏の監修を受けた。日本国民のワクチンへの高い関心に応えるとともに、自治体毎の接種スケジュールなどロジスティクス上の課題をデータサイエンスの力で明らかにすることで、より広く、早く行き渡ることに貢献したいという狙いがある。

あなたはいつワクチン接種を受けられる?AIワクチン接種予測 
https://newsdigest.jp/pages/yosoku


今後も、実際にワクチン接種を受けた人のデータ提供を受けるなど、機能の拡張を準備しており、予測結果も新たな情報やデータをもとに定期的にアップデートしていく予定である。このため、結果の確認は一度きりではなく、時間をおいて繰り返し確認することがおすすめだ。

なお、本機能の開発にあたっては、当社で全国1700超の全ての基礎自治体を対象に独自調査を実施ている。2月上旬時点で全国約700の自治体から得た調査への回答や自治体ごとの人口統計などの基礎データ、各都道府県の接種計画を分析し、予測結果の算出に反映している。

この調査の結果、多くの自治体で年内に人口の7割が接種する目処が立っておらず、とりわけ人口の少ない自治体では乏しい医療資源がボトルネックとなり、接種計画の長期化が懸念される現状が明らかになった。調査の詳細はこちらのページから閲覧可能である。

【独自調査】ワクチン高齢者接種 4月から開始「可能」は約6割
 https://fastalert.jp/bcp/11866

米イェール大学助教授 成田悠輔氏 プロフィール

アメリカでイェール大学の助教授、日本では半熟仮想株式会社の代表取締役。専門は、データ・アルゴリズム・数学を使ったビジネスと政策のデザイン。
事業者として、サイバーエージェント、ZOZO、学研、ニューヨーク市など多数の組織との共同事業に携わる。
研究者として、多分野のトップ学術誌・学会に査読付学術論文を出版(人工知能学会誌, AAAI, American Economic Review, Econometrica, Discrete Applied Mathematics, Management Science, Proceedings of the National Academy of Sciencesなど)
執筆者として、雑誌・文學界に「未来の超克」連載中。Forbes、共同通信、Yahooニュースなどのコラムニストも気まぐれに務める。学生時代の共訳書に『ゲーム理論による社会科学の統合』『学校選択制のデザイン』など。

NewsDigest(ニュースダイジェスト)について

Google Playベストアプリ2019 生活お役立ち部門賞受賞。アジア・デジタルメディアアワード2020 新型コロナウイルス感染症関連プロジェクト部門特別賞受賞。速報がとにかく早いから、入れておけば安心。ニュース速報や地震・災害速報のほか、鉄道情報など生活に必要な情報を最も速く伝える、ライフライン型ニュース速報アプリである。
「新型肺炎」特設タブでは、新型コロナウイルス感染症関連の様々なニュース速報をまとめてチェックできるほか、「地域」タブではお住まいの都道府県の最新の感染者確認情報なども確認できる。

iPhone 版 :  https://itunes.apple.com/jp/app/id950527505
Android 版: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.newsdigest

JX通信社について

JX通信社は、データインテリジェンス領域に特化したテックベンチャーである。国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等にSNS発のリスク情報を配信する「FASTALERT」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、自動電話情勢調査などのサービスを提供している。新型コロナウイルス感染症をめぐっては、国内でいち早く2020年2月16日より国内感染状況の統計をまとめた「新型コロナウイルス感染状況マップ」を公開し、各報道機関・メディア・研究機関にも情報を提供している。

社名株式会社JX通信社(英文表記:JX Press Corporation)
設立2008年1月10日
所在地〒101-0003
東京都 千代田区 一ツ橋 2-6-3 一ツ橋ビル8階
代表者米重 克洋(報道研究者)
事業概要インターネットによる各種情報提供サービス速報(ニュース速報・リスク情報の配信)
データジャーナリズム(世論調査・選挙情勢調査)
ニューステクノロジー(ニュースエンジンの提供・研究開発)
URLhttps://jxpress.net
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント