12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

Society5.0やDXとは?深く知らなかった用語をここで理解

これからのビジネス社会で生き延びていくためには、Society5.0やDXを意識しておくことが大切です。しかし、どちらもテクノロジーに関する用語とはわかっていても、実際にどういうものなのかまではイメージがつきにくいかもしれません。
そこで、この記事では意外と知らないSociety5.0やDXの用語を解説します。さらに、DXのメリットや抱える課題についても説明するので、自社の技術戦略で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

Society5.0とDXの違い

Society5.0DXも急速に発展する現代社会において重要なキーワードです。では、2つの用語にどのような違いがあるのでしょうか。ここでそれぞれの意味を確認していきます。

Society5.0とは

内閣府によると、Society5.0は「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会」です。それ以前のSociety1.0から4.0までには狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会がありました。

Society5.0では、AIやIoTを用いて新たな価値が生み出され、少子高齢化、地方の過疎化、貧富格差拡大といった諸問題にも対応することができるといわれています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

DX(デジタルフォーメーション)とは、企業がデータやデジタル技術を活用して、製品やサービス、ビジネスモデルを変革し、業務そのものや企業文化・風土までも変革することです。DXをスムーズに進めることで他社との競争上優位に立つことができるともいわれています。

そのほか関連キーワードもおさらい

そのほかにも、近年イノベーションやデジタル関連の用語が続々と飛び交っています。そのひとつ、IoTはInternet of Thingsの略称で、コンピューターだけでなくモノもインターネットに接続できるようになるという概念です。

また、ITを発展させたICTという概念も浸透しつつあります。機器導入がメインであったITに対し、ICTはC(Communication)が加わっているためITをいかにコミュニケーションに活用できるようにするかという点が重要です。具体例としては、教育現場におけるタブレット導入などが挙げられます。

ビジネスだけでなく、個人の生活にも関連するのが5Gです。5Gは第5世代移動通信システムのことで、5G導入により、同時に多数の人がより高速に動画を配信・視聴することが可能になります。

DXのメリット

では、企業はなぜDXを推進していくべきなのでしょうか。DXを進めることには以下のメリットがあります。

業務効率化

DXを進めると、今まで手作業で進めていた業務を自動化することができます。これにより、残業などによる余分な人件費を削減できるほか、ヒューマンエラーの発生を避けることができるので、スムーズに業務を進めることが可能です。つまり、業務効率化や生産性向上につながります。

新時代に対応しやすい

上述した業務効率化は、近年高まりつつある働き方改革の流れにも一致するところがあります。さらに、新型コロナウィルス流行に伴い、人が密集することのリスクが露呈しました。リモートワークを含め、DXは新たな時代との親和性が高い手法といえるでしょう。

DXを進めるための課題

ここまで説明したように、DXを進めることは日本企業にとってメリットが大きいです。しかし、以下に説明する課題があることから、必ずしも順調に進んでいるとはいえません。

経営者がIT戦略を理解していない

そもそも、DXを進めるべき企業の経営者がIT戦略について理解が乏しければ、投入すべき設備を誤ったり、設備投資を渋ったりしてDXが上手く進みません。また、用語を理解せずメディアで聞きかじった情報をもとに「ビッグデータをもっと活用するように」などと曖昧な指示が部下に出されると、現場が戸惑う要因になるでしょう。

技術者不足

また、いくら戦略をしっかりと練ったとしても、それを実行できるITエンジニアなどの技術者が自社にいないとDXが進まないはずです。もちろん、外部に委託することも可能ですが、それにはコストがかかる上、情報運用の問題も残ります。今後、ITエンジニアが不足していく見通しも気になる点です。

今後ますますDXが重要になる

政府はSociety5.0を推進していることから、DXはますます重要になります。DXに乗り遅れると、他社に比べて業務効率が低くなる上、企業は消費者のニーズを取りこぼすため、競争力が低下し生き残りが困難になるでしょう。ましてや、立ち上げたばかりのスタートアップであればDXは必須条件になります。

日本でDXを妨げる要因のひとつが、経営者がデジタルに疎いということです。今までSociety5.0DXという用語をあまり気にしていなかった方は、今後ビジネスチャンスを逃さないためにも、DXを意識した経営を進めていってください。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント