12.8 C
Japan
日曜日, 9月 25, 2022

Society5.0やDXとは?深く知らなかった用語をここで理解

これからのビジネス社会で生き延びていくためには、Society5.0やDXを意識しておくことが大切です。しかし、どちらもテクノロジーに関する用語とはわかっていても、実際にどういうものなのかまではイメージがつきにくいかもしれません。
そこで、この記事では意外と知らないSociety5.0やDXの用語を解説します。さらに、DXのメリットや抱える課題についても説明するので、自社の技術戦略で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

Society5.0とDXの違い

Society5.0DXも急速に発展する現代社会において重要なキーワードです。では、2つの用語にどのような違いがあるのでしょうか。ここでそれぞれの意味を確認していきます。

Society5.0とは

内閣府によると、Society5.0は「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会」です。それ以前のSociety1.0から4.0までには狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会がありました。

Society5.0では、AIやIoTを用いて新たな価値が生み出され、少子高齢化、地方の過疎化、貧富格差拡大といった諸問題にも対応することができるといわれています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

DX(デジタルフォーメーション)とは、企業がデータやデジタル技術を活用して、製品やサービス、ビジネスモデルを変革し、業務そのものや企業文化・風土までも変革することです。DXをスムーズに進めることで他社との競争上優位に立つことができるともいわれています。

そのほか関連キーワードもおさらい

そのほかにも、近年イノベーションやデジタル関連の用語が続々と飛び交っています。そのひとつ、IoTはInternet of Thingsの略称で、コンピューターだけでなくモノもインターネットに接続できるようになるという概念です。

また、ITを発展させたICTという概念も浸透しつつあります。機器導入がメインであったITに対し、ICTはC(Communication)が加わっているためITをいかにコミュニケーションに活用できるようにするかという点が重要です。具体例としては、教育現場におけるタブレット導入などが挙げられます。

ビジネスだけでなく、個人の生活にも関連するのが5Gです。5Gは第5世代移動通信システムのことで、5G導入により、同時に多数の人がより高速に動画を配信・視聴することが可能になります。

DXのメリット

では、企業はなぜDXを推進していくべきなのでしょうか。DXを進めることには以下のメリットがあります。

業務効率化

DXを進めると、今まで手作業で進めていた業務を自動化することができます。これにより、残業などによる余分な人件費を削減できるほか、ヒューマンエラーの発生を避けることができるので、スムーズに業務を進めることが可能です。つまり、業務効率化や生産性向上につながります。

新時代に対応しやすい

上述した業務効率化は、近年高まりつつある働き方改革の流れにも一致するところがあります。さらに、新型コロナウィルス流行に伴い、人が密集することのリスクが露呈しました。リモートワークを含め、DXは新たな時代との親和性が高い手法といえるでしょう。

DXを進めるための課題

ここまで説明したように、DXを進めることは日本企業にとってメリットが大きいです。しかし、以下に説明する課題があることから、必ずしも順調に進んでいるとはいえません。

経営者がIT戦略を理解していない

そもそも、DXを進めるべき企業の経営者がIT戦略について理解が乏しければ、投入すべき設備を誤ったり、設備投資を渋ったりしてDXが上手く進みません。また、用語を理解せずメディアで聞きかじった情報をもとに「ビッグデータをもっと活用するように」などと曖昧な指示が部下に出されると、現場が戸惑う要因になるでしょう。

技術者不足

また、いくら戦略をしっかりと練ったとしても、それを実行できるITエンジニアなどの技術者が自社にいないとDXが進まないはずです。もちろん、外部に委託することも可能ですが、それにはコストがかかる上、情報運用の問題も残ります。今後、ITエンジニアが不足していく見通しも気になる点です。

今後ますますDXが重要になる

政府はSociety5.0を推進していることから、DXはますます重要になります。DXに乗り遅れると、他社に比べて業務効率が低くなる上、企業は消費者のニーズを取りこぼすため、競争力が低下し生き残りが困難になるでしょう。ましてや、立ち上げたばかりのスタートアップであればDXは必須条件になります。

日本でDXを妨げる要因のひとつが、経営者がデジタルに疎いということです。今までSociety5.0DXという用語をあまり気にしていなかった方は、今後ビジネスチャンスを逃さないためにも、DXを意識した経営を進めていってください。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント