12.8 C
Japan
火曜日, 1月 26, 2021

「密」を定量化する換気アラートシステム「hazaview」が感染症対策を支援

IoTプラットフォームの研究開発を行うcynapsは、2021年1月9日(土)から1月17日(日)にb8ta Tokyo – Yurakuchoにて開催される「CES2021 JAPAN TECH @b8ta」の感染症対策への技術協力として、CO2濃度から密閉・密集状況を判断し新型コロナウイルスなどの感染症対策を促す換気アラートシステム「hazaview」を提供し、会場の換気状況モニタリングを支援する。

「CES2021 JAPAN TECH @b8ta」は、2021年1月にオールデジタルで開催される、「世界最大のテクノロジー見本市CES2021」に合わせ、「JAPAN TECHパビリオン」の展示品をリアルに体験できるイベントである。b8ta Tokyo – Yurakucho店内に特設エリアを設け、来場者が新しいテクノロジーに触れられる機会を提供するとともに、店内に設置するスタジオからのオンラインイベント配信も実施し、日本のイノベーティブな企業や大学の技術を、バーチャルとリアルを融合したハイブリッド出展で国内外へ発信する。

cynapsの換気アラートシステム「hazaview」は会場とスタッフ控室にセンサー設置を行い、それぞれの換気状況のモニタリングに活用される。会場の換気状況については会場入口のサイネージでリアルタイム確認できるほか、会場設置のQRコード読み取りにより、来場者が自身のスマートフォン等でも確認できる予定である。

企業限定・「hazaview」無償レンタルキャンペーンについて

「hazaview」の検証をしたいメディアや導入を検討している企業を対象に、「hazaview」1ヶ月間無償体験キャンペーンが実施される。
※会場設置の申込み用QRコードより申し込むか、 pr@cynaps.jp まで問い合わせること。応募多数の場合には抽選となる。

CES2021 JAPAN TECH @b8ta」開催概要

開催期間:2021年1月9日(土)~1月17日(日)

場所  : b8ta Tokyo – Yurakucho(東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1階)

出展企業: 株式会社クリエイティブテクノロジー / 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学 / ネットギアジャパン合同会社 / 福岡市役所 / 株式会社ヤギ など

イベントに関する問い合わせ窓口: contact@japantech.page

・詳細は下記WEBサイトに12/23(水)以降随時アップデート予定
 https://ces-japantech.jp/
・一般の方も、ストア営業時間内(11:00~19:30)は展示エリアを自由に体験できる。

国内初・「密」リスクと熱中症を定量計測し、警告と対策を表示する「hazaview」

cynapsの換気アラートシステム「hazaview」は、CO2濃度・温度・湿度の複合センサーを搭載した、感染症と熱中症のリスク低減IoTソリューションである。産業用の高性能センサーにより室内の状況を正確に計測し、厚生労働省が定める基準値をもとにリスクを判断して、スマートフォンやサイネージなどのデバイス上に警告や対策を表示する。CO2濃度から密閉・密集状況を判断し新型コロナウイルスなどの感染症対策を促すだけでなく、温度・湿度から熱中症対策もできる点が国内初となっている。昨年8月より保育園や病院、自治体、博物館、企業オフィス等さまざまな環境での実証実験実施後、10月に商用化し、企業や飲食店等での導入が進んでいる。

社名cynaps株式会社
設立2020年3月
所在地155-0031 東京都世田谷区北沢5-21-5
代表者代表取締役:岩屋 雄介
事業概要IoTプラットフォームの研究開発及び販売、IoTコンサルティング及び受託開発
・提供サービス
換気アラートシステム 「hazaview(ハザビュー)」:https://hazaview.com/
URLhttps://www.cynaps.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント