12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

オープンイノベーションの成否を握るイノベーション人材の育成と活用

オープンイノベーションを成功に導くための大きな要因となっているのは新たな産業の創出に貢献できるイノベーション人材です。しかし日本の社会において、オープンイノベーションの担い手が恒常的に不足している現状があります。そもそもイノベーション人材とはどんな能力を持った人間のことなのでしょうか。ここではその定義、育成方法、活用方法を解説していきます。

オープンイノベーションで活用されるイノベーション人材とは

イノベーション人材の定義とイノベーション人材が注目されるようになった背景を解説します。

イノベーション人材の定義

イノベーション人材とは新たな産業や事業の創出に貢献することのできる人材を表す言葉です。これまでには存在しなかった新たなイノベーションを生み出すことは簡単ではありません。過去の経験や技術の蓄積、既存の方法論では創出することができないからです。つまり既存の組織内で能力を発揮している人材とはまた別に、イノベーション人材の発掘、育成などの作業が必要になることを意味します。

イノベーション人材が注目される背景

イノベーション人材が注目されている背景にはいくつかの要因が考えられます。既存の産業や事業の多くが飽和状態を迎えつつあり、行き詰まってきたこと、ポストコロナの時代となり産業構造やライフスタイルが激変し、新たな産業や価値の創出が求められていることなどです。

イノベーション人材に求められる能力

イノベーション人材の求められる能力については、多様な視点からのさまざまな言及があります。ここでは3つのポイントに絞って説明しましょう。

①課題設定力と解決力と実行力

近年のオープンイノベーションの特色として、社会の課題解決がテーマに設定された公募の増加があげられます。イノベーション人材に求められる能力の中でもポイントとなるのは課題設定力でしょう。課題設定力とは現状では顕在化していない課題を見出す能力です。

解決力は新たに見出した課題を解消するアイデアや方法を生み出す能力ということになります。

課題を設定し、解消する方法を見出したのちに、行動に移して課題の解決を実現するのが実行力です。

②知的好奇心と挑戦心

イノベーションが形になるまでには多くの場合、長い期間が必要となるため、いかに意欲を持続できるかがひとつのポイントになります。つまりモチベーションを持ち続けることが大切なのです。知的好奇心と挑戦心はモチベーションという言葉に置き換えることもできるでしょう。

挑戦心、すなわち現状を維持しようとする守りの姿勢ではなくて、攻めの姿勢を持つことが必要です。挑戦することによって自らを変革していけることがイノベーション人材に求められる重要な能力といえます。

③企業内のイノベーション人材に求められる調整能力

企業内部のイノベーション人材は外部の人材とは違う能力が求められる場合があります。組織の内部と外部の調整する能力、イノベーション人材同士をうまく組み合わせていく能力が必要となるのです。

イノベーション人材育成の取り組み


日本国内においてイノベーション人材育成の取り組みがどのように行われているのか、具体的な事例を紹介します。

文科省の次世代アントレプレナー育成事業

文部科学省によるアントレプレナー育成促進事業はアントレプレナー育成とベンチャー・エコシステムの構築を目的としたプロジェクトです。

アントレプレナーは起業家と訳され、アントレプレナー教育は起業家を育てるための教育ということになります。アントレプレナー教育はイノベーション人材の育成との共通点が多く、このプログラムへの参加がイノベーション人材としての成長にもつながると期待されているのです。

STARTUP STUDIO by CrewwとCreww Growth

イノベーション人材を育成する動きはプラットフォームにおいても活発化しています。Creww株式会社による「STARTUP STUDIO by Creww」は本業を継続しながら、新規事業を生み出していこうとしている企業内の個人に向けたインキュベーションプログラムです。プロダクト開発や市場検証など、実際に新しい事業を作っていく経験はイノベーション人材としての成長にもつながるでしょう。

同じくCreww株式会社による「Creww Growth」はスタートアップと事業企業との共創の場を提供するプラットフォームです。新たな事業の開発のみならず、実践によるイノベーション人材の育成という役割を果たすものといえます。

神戸大学のCreative School

神戸大学はイノベーション教育に力を入れている大学です。「未来社会を創造するための教育・人材育成」というテーマを全学部で掲げて、工学研究科に「未来社会創造研究会(未来道場)」を設立するなど、積極的なアプローチを行っています。

全学部で行われている「Creative School」と名付けられた教育プログラムの「オープンイノベーションコース」もそうしたアプローチの一環です。企業や自治体による問題の提示、学生によるアイデア創出、問題解決、プレゼンテーションの実施、学外有識者による評価と、実践的な教育に特化しています。

オープンイノベーションを推進する人材活用

さまざまな教育プログラム、インキュベーションプログラムなどによって、イノベーション人材の育成が行われています。しかしイノベーション人材不足という問題を解消するには、育成だけでは十分ではありません。育成した人材を適所に配置すること、異なった能力を持ったイノベーション人材を有機的に組み合わせることが必要になります。イノベーション人材の育成とともに、イノベーション人材を有効に活用できる人材の配置とイノベーション人材が能力を発揮できる環境の整備も求められているのです。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント