12.8 C
Japan
月曜日, 2月 6, 2023

松竹が時間や場所を問わず「歌舞伎」の観劇体験ができるARコンテンツをリリース

松竹は、「未来の観劇体験」をテーマにしたアプリ 『INTO by Shochiku』 、及びそのアプリ内で楽しめるAR歌舞伎コンテンツ『Reverse Reality ~KABUKI Performance “Shakkyo”~』をリリースする。

エンタテインメントと先端技術を掛け合わせた「未来の観劇体験」がテーマ

『Reverse Reality』では、伝統芸能・歌舞伎とAR(Augmented Reality:拡張現実)技術を融合させることよって、歌舞伎の新たな楽しみ方を提案している。スマートフォンやタブレットのカメラ越しに、歌舞伎俳優・片岡愛之助扮する獅子が現れ、約6分間の舞踊が披露される。AR技術を用いることで、体験者のいる場所が“舞台”となり、目の前で歌舞伎俳優の演技や、蝶・牡丹が舞う空間演出を楽しむことができるのである。

本コンテンツは、歌舞伎舞踊の『石橋(しゃっきょう)』を題材とし、獅子が毛を大きく振る場面が見どころだ。ARの立体的な映像表現との親和性が高く、実際の舞台公演にも劣らない躍動感と迫力が表現された。

歌舞伎俳優の表現には、ボリュメトリックキャプチャ技術を用い、実際の歌舞伎俳優を撮影した映像から3Dデータを生成している。勇ましい表情や美しい毛の流れといった細部まで再現され、360°の自由な視点から楽しむことが可能である。

            ※体験イメージ

また、本コンテンツでは2種類の異なる楽しみ方が用意されている。

① 時間や場所を問わず、歌舞伎舞踊をAR で表示する楽しみ方(上記体験イメージ参照)
② PC やタブレットで配信される、特別な背景映像と合わせて観劇する楽しみ方(1月中旬発表予定)

主演:片岡愛之助

                     
❝歌舞伎をはじめ、演劇業界は新型コロナウイルスの感染拡大により大ダメージを受けました。ただそんななか不幸中の幸いか、このように歌舞伎を”だれでも””どこでも”体験していただける機会をつくることができました。エンターテイメントとしての新しい歌舞伎のカタチが、今ここに生まれたと思っています。 
この新しい歌舞伎の楽しみ方を、特に若い世代の方々に是非体験していただきたいと思います。
劇場で歌舞伎を観劇することにハードルの高さを感じていた人、そもそも歌舞伎に興味を持っていなかった人。一人でも多くの方にこのアプリを通じて歌舞伎の魅力を知っていただき、「今度は生の舞台を観てみたい!」と思っていただけたら大変嬉しく存じます。❞

松竹が取り組むエンタテインメント×先端技術の研究開発について

松竹では、近年、先端技術を用いた新しいエンタテインメントの開発に取り組んでいる。
2018年に「Entertainment×Technology」を事業領域とするジョイントベンチャー・ミエクル株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 井上貴弘)を設立し、歌舞伎やお笑い、お化け屋敷を題材としたデジタルコンテンツやサービスの研究開発を進めてきた。2019年10月には、当社内にイノベーション推進部を設置し、当社グループのオープンイノベーションの推進を目指している

昨今、新型コロナウイルス感染症拡大により、歌舞伎興行も変革の時を迎えた。歌舞伎座では、去年3月から5カ月間全ての公演を中止し、再開後も、従来と異なる興行態勢を続けている。映像配信のサービスも始まるなど、「観劇体験」の多様化は、今後急速に進んでいくものと予測されるのである。

現在、松竹では、ARに加えてVR(Virtual Reality:仮想現実)やMR(Mixed Reality:複合現実)を使った観劇体験の開発も進めている。先端技術を用い、時間や場所を問わず、幅広い世代に向けた未来のエンタテインメントを創り出していく。

アプリ概要

[アプリ名]    INTO by Shochiku
[コンテンツ名] 『Reverse Reality ~KABUKI Performance “Shakkyo”~』
[提供開始日]   2021年1月15日(金)予定
[対応]      iOS/iPad OS:13.7以降、 Android:10以降
[料金]            無料
[公式サイト]       https://INTObyShochiku.com
[公式Twitter]  @ReverseReality_
[操作に関する問い合わせ] shochiku.xr@shochiku.co.jp

主演:  片岡愛之助
振付:  藤間勘十郎
製作:  松竹株式会社
協力:  mod (sabakichi、番匠カンナ)、カディンチェ株式会社、株式会社HERE.、株式会社AMSY.、PT.CITRA WAHANA TEKNOLOGI、松竹ショウビズスタジオ株式会社
機材協力:TSUKUMO

社名松竹株式会社
設立創業:1895年(明治28年) 設立:1920年(大正9年
資本金〒104-8422 東京都中央区築地4丁目1番1号 東劇ビル
代表者迫本 淳一
URL松竹株式会社 (shochiku.co.jp)
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント