12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

訪日外国人旅行者向け観光プラットフォームサービス「WAmazing」|総額約8億円の資金調達を実施

訪日外国人旅行者向け観光プラットフォームサービスを提供するWAmazingは、複数の事業会社・ファンド・個人投資家を引受先とする第三者割当増資と、金融機関からの長期融資により、総額約8億円の資金調達を実施した。

資金調達の背景と目的

WAmazingは「日本中を楽しみ尽くす、Amazingな人生に。」をビジョンに掲げ、2017年2月から訪日外国人旅行者に対して、国内22か所の国際空港にて無料のSIMカードを付与することにより、旅行中の快適な通信環境を提供しつつ、日本の魅力的な観光情報を、WAmazingのアプリ、WEBサービス、WeChat(微信)などにて発信してきた。インバウンド旅行者の5大消費である「宿泊・買い物・交通・アクティビティ・飲食」のうち、飲食領域以外の4領域でマッチングサービスを展開し、約33万人のインバウンド旅行者に利用されている。(※)

(※サービス開始の2017年2月から新型コロナウイルスが拡大する以前の2020年1月末時点までの累計利用者数)

今回の資金調達により、大手事業会社との戦略的協業を引き続き推進しつつ、with/afterコロナ時代を見据えた新しい観光サービス拡大のための開発、人材確保を進める意向である。

本ラウンドにおける投資家(順不同)

・株式会社ギフティ
・株式会社電通グループ
・住友商事株式会社
・三井住友ファイナンス&リース株式会社
・AZファンド2020投資事業有限責任組合
・東急株式会社(既存)
・ANRI3号投資事業有限責任組合(既存)
・BEENEXT(BEENEXT2 PTE. LTD)(既存)
・みずほキャピタル株式会社(みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合)(既存)
・BEENOS株式会社(既存)
・キャナルベンチャーズ株式会社(Canal Ventures Collaboration Fund1号投資事業有限責任組合)
・個人投資家複数

本ラウンドにおける金融機関

・株式会社日本政策金融公庫

新規投資事業会社およびWAmazingロゴ

~WAmazing代表取締役CEO 加藤 史子メッセージ~

❝2020年、新型コロナウイルスという未知の感染症対策に呑み込まれ、日本も、外国人旅行者数をカウントしはじめた1964年以来、過去最低数を記録しました。コロナ収束後の移動や旅行はどうなるのでしょうか。個人的な見解ですが仕事移動は100%に戻らないのではないかと考えます。もちろん、出張はゼロにはなりません。
しかし、今まで5回出張していたものが、3回の出張と2回のオンライン会議になる可能性は十分あり得えます。今や、私たちは「オンラインで代替可能なもの」「リアルでこそ価値のあるもの」のはっきりした区別を既に理解しました。そして旅は、リアルでこそ価値があるものです。

もし旅をオンラインで代替するとすれば、「海岸沿いをドライブするバーチャルツアー」より、「背中に羽を生やして仲間とドラゴンを倒して財宝を手に入れる冒険の旅」のほうがエンターテインメントとして人々をより強く魅了します。旅のオンライン化は、もともとオンラインを強みとする各種エンタメに敵いません。だからこそ、人の五感で感じ楽しむ旅は、リアルにこそ価値があり、リアルの魅力で勝負するものです。その価値を感じる人々の需要はwith/afterコロナ時代にも必ず戻るでしょう。

今回、ご出資いただいた新規投資家・既存投資家の皆さまとともに、WAmazingのプラットフォームサービスを通じて、日本の多様な魅力ある資源を見つけ出し、価値を磨き、国内外の人々に届けることで日本の地域や産業を元気にし、また、観光立国日本の一助となるべく邁進してまいります。❞

WAmazingについて

WAmazingは2016年7月創業の訪日外国人旅行者向け観光プラットフォームサービスを展開するスタートアップ企業である。WEB、App、WeChatにてサービスを提供しており、日本観光における5大消費(宿泊・観光体験・買い物・交通・飲食)の一元的な案内・手配・購入ができるサービスを構築中である。日本国内の国際線定期便就航の22空港において、無料SIMカードを配布する端末を設置し、訪日外国人旅行者ユーザーを増加させている。

主な対象地域は、香港、台湾、中国本土ですが、東南アジア諸国、オーストラリア、北米にもユーザー層が広がりつつある。コロナ禍を受けて新たに立ち上げた新規事業の伸長にも力を入れつつ、インバウンド需要回復に向けた準備を進めている。

<訪日外国人旅行者向けインバウンドプラットフォーム事業>

※以下は一例として中国語台湾繁体字版サービス
・WAmazingメディア(訪日旅行者向け多言語での観光ガイド):
https://tw.wamazing.com/media/
・WAmazing Snow(訪日旅行者向けスノーアクティビティ予約サービス):https://tw.wamazing.com/snow/
・WAmazing 温泉(訪日旅行者向け天然温泉宿泊施設特化型予約サービス):https://tw.wamazing.com/yado/onsen
・WAmazing 免税EC(訪日旅行者向け免税ECサービス):
https://tw.wamazing.com/kaimono/
・WAmazing Ticket(訪日旅行者向け交通チケット購入サービス):https://tw.wamazing.com/ticket/
・WAmazing Activity(訪日旅行者向けアクティビティ予約サービス):https://tw.wamazing.com/activity/

また、コロナ禍を受けて世界各国が入出国制限を行う中、インバウンド旅行者が激減したため、雇用維持を主な目的として2020年3月より新規事業を複数、展開している。

<コロナ禍を受けて新たに開始した新規事業>

・日本人向けスノーアクティビティ商品販売事業:
https://jp.wamazing.com/snow/ (日本語)
・日本国内在留外国人向け交通商品販売事業:https://www.wamazing.com/ticket/tickets/wrp2020 (英語)
・翻訳およびローカライズ受託事業:
https://corp.wamazing.com/translation/
・自治体・DMO・DMC組織からの受託事業 など

社名WAmazing株式会社
設立2016年7月
資本金〒111-0053
東京都台東区浅草橋4丁目10−8 TFAビル7F (one visa オフィス内)
代表者代表取締役CEO 加藤 史子
URLhttps://corp.wamazing.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント