12.8 C
Japan
日曜日, 9月 25, 2022

【ウェビナー12月22日】二足のわらじでも進められる新規事業の仮説検証

「Intrapreneur’s Hub(イントレプレナーズハブ)」は、共通課題を持つイントレプレナー(※1)同士が悩みを共有、ノウハウをシェア、必要に応じて共創をすることで、本業の新規事業を加速させるキッカケとなるコミュニティづくりを目指しています。

第9回目は「二足のわらじでも進められる新規事業の仮説検証」をテーマに、事業会社内で新規事業創出に挑んでいるイントレプレナーの方を招いて、本業で新規事業に挑む際のホンネや困難な点など、イントレプレナーの方を始め企業内の新規事業の進め方に活用できるノウハウなどについて、聞いていきたいと思います。

今回のパネリストは、医者でありながらヘルステックスタートアップで勤めながら株式会社ドクターズプライムを創業された田さん、アクセラレーターでスタートアップを支援しながら株式会社イノスカウターを創業された川島さん、BBT大学准教授をしつつご自身もシリアルアントレプレナーとして株式会社bajjiを創業し、コロナ禍により事業ピボットを否応なくされ数ヶ月で立ち上げたサービスがGoogle Play ベストオブ 2020「隠れた名作部門」大賞を受賞された小林さんの3名に複数の事業を行いながら新たな事業を立ち上げていく際のポイントや方法などのお話を伺っていきたいと思います。

※1:イントレプレナーとは:企業内起業家(新規事業担当者)

▶︎こんな方にオススメ

・新規事業の立ち上げ/推進を担当されている方(事業担当)
・新規事業組織や仕組み構築を担当されている方(事業支援)
・起業を考えられている方(起業予定)

▶︎イベントコンテンツ

  • パネルディスカッション〜『二足のわらじ』でも進められる新規事業の仮説検証〜
    パラレルワークで事業創出を進める際に最も気をつけるポイント
    事業を創る上で意識したポイント(スタートアップ的かスモールビジネス的かなど)
    今後複業的な起業文化が醸成されていくか?
  • 質疑応答 / ネットワーキング

パネルディスカッション後にはイントレプレナーとして新規事業創出に取り組まれている皆様に向けた
ネットワーキングをオンライン上でゆるく行います。(途中退出ももちろんOKです。)
イントレプレナー同士の横のつながりを作ることで、様々な新規事業創出のための手法や事例などの共有や、新規事業創出に必要な共創パートナーとの出会いの場にしていきたいと考えています。

【開催概要】

日 時:2020年12月22日(火) 19:00~21:00 (開場:18:55)
場 所:オンライン (お申し込みされた方にURLをご連絡いたします)
参加費:無料
主 催:Creww株式会社

【タイムライン】

18:55~ 開場 
19:00~ ご挨拶
19:10~ パネルディスカッション
  ・自己紹介 / パラレル経験事例
  ・経験上の失敗or苦労したこと
  ・経験上の成功したorやって良かったこと
  ・パラレルでの事業創出におけるアドバイス
20:25~ 質疑応答・オンラインネットワーキング
21:00  閉会

Intrapreneur’s Hubの開催背景

近年、インターネットやテクノロジーの台頭による消費者行動や市場の変化、スタートアップ企業の台頭によって、多くの企業で新規事業創出の取り組みの必要性が増してきています。そんな中で、企業内で新しいビジネスを立ち上げる「社内起業家」であるイントレプレナーの重要性も高まっています。

150社以上のオープンイノベーションプログラムをCrewwで開催する中、新規事業に携わる人は共通して、新規事業の生みの苦しみをもっていることがわかってきました。共通課題を持つイントレプレナー同士が悩みを共有し、お互いのノウハウをシェア、必要に応じて共創をすることで、本業の新規事業を加速させることができれば、よりイノベーションが生まれる土壌が日本にできていくのではないだろうか。そのような仮説のもと、イントレプレナーのコミュニティをつくっていきたいと考えております。

【パネリスト】

田 真茂 氏
株式会社ドクターズプライム 代表取締役 / 医師

聖路加国際病院にて初期研修を行い、優秀賞を受賞。同病院の救命救急センターにて当直帯責任者を経て、2016年より株式会社メドレーの遠隔診療事業部立ち上げに参画。在籍中に「断らない医師採用サービスDr.’s Prime」を開始。経済産業省主催の始動Next Innovator 2017(グローバル起業家等育成プログラム)にて、シリコンバレー選抜、最優秀賞発表者に選出。

川島 健 氏
株式会社InnoScouter 代表取締役/株式会社ゼロワンブースター

早稲田大学政治経済学部卒。日系医療機器メーカーにてEMEA地域の新規市場開拓、外資系医療機器メーカーにてプロダクトマーケティングに従事した後、2017年に事業創造アクセラレーター01Boosterにジョイン。Directorとして、複数のアクセラレータープログラムのマネージメント、ベンチャー投資、及び海外のアクセラレーターとの連携を推進している。 クロスボーダー投資・進出を促進すべく、2018年にアジアのVC・アクセラレーターのコミュニティであるAcross Asia Allianceを創設。2020年7月に株式会社InnoScouterを創業し、現在オープンイノベーション・M&Aに特化したSaaSを開発中。

小林 慎和 氏
株式会社bajji 代表取締役 / ビジネスブレイクスルー大学 准教授

株式会社bajjiファウンダー兼CEO。ビジネス・ブレークスルー大学准教授。工学博士。大阪大学大学院卒業後、野村総合研究所に入社し、経営コンサルタントに従事。2011年グリーに移り、海外事業開発を担当。2012年末にシンガポールにて起業。以来、国内外にて複数社を起業する。2015年、Asian Entrepreneurに日本人として唯一選出。2016年、IBM Blue Hub賞を受賞。2017年、Deloitte Technology Fast500にてアジア全体で292位、シンガポール国内で3位となる。現在は、コロナ禍に求められるワンタップでできるセルフケアアプリFeelyouを展開中。FeelyouアプリはGoogle Play ベストオブ 2020「隠れた名作部門」大賞を受賞。著書には、「人類2.0 アフターコロナの生き方(プレジデント社)」などがある。

【モデレーター】寺田 麗未 /Creww株式会社 スタートアップスタジオ運営

大学卒業後、スタートアップ向けのオフィス関連事業の営業を経て、EdTech業界にて新規事業の立ち上げに従事。成功する新規事業と失敗する新規事業の差がどこにあるのかと疑問にもち、Creww主催のインキュベーションプログラムで行っていた教育系のプロジェクトにメンバーとして参画。プロジェクトの活動終了後、STARTUP STUDIOプログラム運営としてCrewwへ参画し現在はプログラム設計〜マーケティングまでゼロイチに関する様々な業務へ従事。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント