12.8 C
Japan
月曜日, 7月 26, 2021

ベンチャーと大企業の共創を目的としたピッチイベント 「Kansai Friendly Pitch」開催!

billage OSAKAを運営する、株式会社MJEと間口ジェネラルサービス株式会社は、一般社団法人関西経済同友会と共催で、ベンチャー企業と大企業の共創を目的としたピッチイベント「Kansai Friendly Pitch 2021」を2021年1月28日(木)に開催します。

「Kansai Friendly Pitch 2021」について

関西2府4県のベンチャー企業8社が大企業の新規事業担当者に対して5分間の事業紹介を行い、事業連携や協業の可能性を探ります。このイベントを実施することで関西が創業環境に優れ、ベンチャー企業の技術やアイデアを生かしたイノベーションが次々と創出されるような地域となることを目指し、取り組みを進めてまいります。

イベント概要

名称  :Kansai Friendly Pitch 2021
開催日時:2021年1月28日(木)16:45~19:00
会場  :billage OSAKA 大阪駅前第1ビル
参加費 :無料(後日観覧者の募集開始)
参加方法:オンライン
主催  :billage OSAKA、一般社団法人関西経済同友会
後援  :大阪府

イベントタイムスケジュール

16:45 オープニング(15分)
17:00 ピッチスタート(120分)
19:00 終了

【登壇者一覧】

伊藤 拓也(ArchiTech株式会社)
建築学生時代に感じた建築教育、建築業界への疑問を解消すべく学生時代に起業。現在は建築教育・建築業界の課題を一挙に解決すべく、全国の建築学生向けの学習サービスBEAVER、建築学生と建築企業のマッチングサービスBEAVER CAREERの開発・運営を主に行っています。 

深野 崇(株式会社OPSION)
法人向けにクラウドオフィスRISAというバーチャル空間上のオフィスでチームのコミュニケーションを活性化させるサービスを提供しています。ちょっとした雑談や相談など、リモートワークで失われてしまった大切なものを離れていても実現するサービスです。 

堂前 徹(株式会社ディープラストレーディング)
1993年、瀧定株式会社(現スタイレム株式会社)に入社以来、23年間生地・製品の企画営業として従事。2016年、株式会社ディープラストレーディングを設立し大手メーカー・商社等のコンサルタントを受託してきたが、繊維業界の構造自体を変えるべく2019年にtunageruを始動。

西口 潤(株式会社toraru)
文系大学から新しい能力を求めてIT企業に勤務10年。企画から開発能力を得る。独立後、1人メーカーを経験。顧客目線の問題解決を行ってきた。大手商業施設への導入実績有。ロボット提案も行う。「行けない」を解決するために株式会社toraruを設立。現地人材と依頼者を繋ぐ、遠隔作業代行サービスGENCHIを開発・運営。 

飛田 恭兵(株式会社NEXERA)
大学卒業後、財務コンサルティング会社で中小中堅企業の経営支援に従事。その後、株式会社NEXERAを設立。ビジネスゲーム『Marketing Town』を開発し、体感型の研修サービスとして展開している。NewsPicks『メイクマネー UNDER30』出演。 

大西 洋(株式会社フツパー)
工学部卒業後、大手メーカーや工場向けAI/IoTベンチャーで営業・Webエンジニア・PMを経験。中小製造業の課題を解決すべく2020年4月にフツパーを設立。人の目の代わりをして異常を検知するエッジAIサービスと、AI導入後を継続的に支援するためのSaaSの開発・提供を行う。 

河野 匠(株式会社ランプ)
1992年生まれ、滋賀県出身。大学在学中にファッション系の通販サイトを立ち上げたことがきっかけで起業。その後WEBマーケティングの支援事業にピボットし、7年間で300社以上を支援。コロナ自粛中に飲食店向けのモバイルオーダープラットフォームをリリース。

志村 駿介(株式会社Lean on Me)
1990年生まれ。ダウン症の弟を持ち、障がいのある人と自然と共生する環境で過ごす一方で、一般社会の「障がい」との向き合い方に課題を感じ、2014年に株式会社Lean on Meを設立。「障がい者にやさしい街づくり」をビジョンとして、障がいのある人への理解を促進するためのeラーニングである“Special Learning”を展開する。 

関西ベンチャーフレンドリー宣言(関西経済同友会より)

近年、関西では企業、自治体、大学等のベンチャーに対する関心が高まり、支援活動も活性化してきました。しかし、これらの活動は未だ点にとどまり、ベンチャー企業やスタートアップがまとまりをもって存在する状況にはありません。特に、大企業とベンチャー企業におけるオープンイノベーションの取り組みを、もっと盛んにしていく必要があります。

そこでこの度、既存企業とベンチャー企業の連携を深めていくことを目的に宣言したものです。現在、多くのベンチャー企業が、起業時に苦労する点として「顧客・販路の開拓」「技術に関する相談」「資金繰り」などとともに、既存企業に相談しに行っても「実績が無ければ門前払い」という大きな壁を挙げています。そこで、創業を目指す方やベンチャー企業の方々に向けて門戸をオープンにし、各種相談に対して積極的に対応させて頂く企業・団体として、61社が集まりました。(2020/11/5現在)

「billage」について

billageは株式会社MJEが提供する、ヒト・モノ・カネ・情報が集まるシェアオフィスです。関西を中心に計6拠点を展開しており、イベントの企画・実施によって起業や資金調達のサポート、コミュニティ形成の支援を行っています。「billage OSAKA 大阪駅前第1ビル」は、間口ジェネラルサービス株式会社との協業により2020年4月1日開設。起業家や事業家を支援し交流できる場を提供しています。

間口ジェネラルサービス株式会社

本社所在地: 〒552-0022
       大阪府大阪市港区海岸通1-5-29
代表   : 代表取締役 川田 宏行
設立   : 1976年1月

株式会社MJE

本社所在地: 〒541-0056
       大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-3 大阪センタービル6F
代表   : 代表取締役 大知 昌幸
設立   : 2006年12月

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント