12.8 C
Japan
木曜日, 10月 6, 2022

ベンチャーと大企業の共創を目的としたピッチイベント 「Kansai Friendly Pitch」開催!

billage OSAKAを運営する、株式会社MJEと間口ジェネラルサービス株式会社は、一般社団法人関西経済同友会と共催で、ベンチャー企業と大企業の共創を目的としたピッチイベント「Kansai Friendly Pitch 2021」を2021年1月28日(木)に開催します。

「Kansai Friendly Pitch 2021」について

関西2府4県のベンチャー企業8社が大企業の新規事業担当者に対して5分間の事業紹介を行い、事業連携や協業の可能性を探ります。このイベントを実施することで関西が創業環境に優れ、ベンチャー企業の技術やアイデアを生かしたイノベーションが次々と創出されるような地域となることを目指し、取り組みを進めてまいります。

イベント概要

名称  :Kansai Friendly Pitch 2021
開催日時:2021年1月28日(木)16:45~19:00
会場  :billage OSAKA 大阪駅前第1ビル
参加費 :無料(後日観覧者の募集開始)
参加方法:オンライン
主催  :billage OSAKA、一般社団法人関西経済同友会
後援  :大阪府

イベントタイムスケジュール

16:45 オープニング(15分)
17:00 ピッチスタート(120分)
19:00 終了

【登壇者一覧】

伊藤 拓也(ArchiTech株式会社)
建築学生時代に感じた建築教育、建築業界への疑問を解消すべく学生時代に起業。現在は建築教育・建築業界の課題を一挙に解決すべく、全国の建築学生向けの学習サービスBEAVER、建築学生と建築企業のマッチングサービスBEAVER CAREERの開発・運営を主に行っています。 

深野 崇(株式会社OPSION)
法人向けにクラウドオフィスRISAというバーチャル空間上のオフィスでチームのコミュニケーションを活性化させるサービスを提供しています。ちょっとした雑談や相談など、リモートワークで失われてしまった大切なものを離れていても実現するサービスです。 

堂前 徹(株式会社ディープラストレーディング)
1993年、瀧定株式会社(現スタイレム株式会社)に入社以来、23年間生地・製品の企画営業として従事。2016年、株式会社ディープラストレーディングを設立し大手メーカー・商社等のコンサルタントを受託してきたが、繊維業界の構造自体を変えるべく2019年にtunageruを始動。

西口 潤(株式会社toraru)
文系大学から新しい能力を求めてIT企業に勤務10年。企画から開発能力を得る。独立後、1人メーカーを経験。顧客目線の問題解決を行ってきた。大手商業施設への導入実績有。ロボット提案も行う。「行けない」を解決するために株式会社toraruを設立。現地人材と依頼者を繋ぐ、遠隔作業代行サービスGENCHIを開発・運営。 

飛田 恭兵(株式会社NEXERA)
大学卒業後、財務コンサルティング会社で中小中堅企業の経営支援に従事。その後、株式会社NEXERAを設立。ビジネスゲーム『Marketing Town』を開発し、体感型の研修サービスとして展開している。NewsPicks『メイクマネー UNDER30』出演。 

大西 洋(株式会社フツパー)
工学部卒業後、大手メーカーや工場向けAI/IoTベンチャーで営業・Webエンジニア・PMを経験。中小製造業の課題を解決すべく2020年4月にフツパーを設立。人の目の代わりをして異常を検知するエッジAIサービスと、AI導入後を継続的に支援するためのSaaSの開発・提供を行う。 

河野 匠(株式会社ランプ)
1992年生まれ、滋賀県出身。大学在学中にファッション系の通販サイトを立ち上げたことがきっかけで起業。その後WEBマーケティングの支援事業にピボットし、7年間で300社以上を支援。コロナ自粛中に飲食店向けのモバイルオーダープラットフォームをリリース。

志村 駿介(株式会社Lean on Me)
1990年生まれ。ダウン症の弟を持ち、障がいのある人と自然と共生する環境で過ごす一方で、一般社会の「障がい」との向き合い方に課題を感じ、2014年に株式会社Lean on Meを設立。「障がい者にやさしい街づくり」をビジョンとして、障がいのある人への理解を促進するためのeラーニングである“Special Learning”を展開する。 

関西ベンチャーフレンドリー宣言(関西経済同友会より)

近年、関西では企業、自治体、大学等のベンチャーに対する関心が高まり、支援活動も活性化してきました。しかし、これらの活動は未だ点にとどまり、ベンチャー企業やスタートアップがまとまりをもって存在する状況にはありません。特に、大企業とベンチャー企業におけるオープンイノベーションの取り組みを、もっと盛んにしていく必要があります。

そこでこの度、既存企業とベンチャー企業の連携を深めていくことを目的に宣言したものです。現在、多くのベンチャー企業が、起業時に苦労する点として「顧客・販路の開拓」「技術に関する相談」「資金繰り」などとともに、既存企業に相談しに行っても「実績が無ければ門前払い」という大きな壁を挙げています。そこで、創業を目指す方やベンチャー企業の方々に向けて門戸をオープンにし、各種相談に対して積極的に対応させて頂く企業・団体として、61社が集まりました。(2020/11/5現在)

「billage」について

billageは株式会社MJEが提供する、ヒト・モノ・カネ・情報が集まるシェアオフィスです。関西を中心に計6拠点を展開しており、イベントの企画・実施によって起業や資金調達のサポート、コミュニティ形成の支援を行っています。「billage OSAKA 大阪駅前第1ビル」は、間口ジェネラルサービス株式会社との協業により2020年4月1日開設。起業家や事業家を支援し交流できる場を提供しています。

間口ジェネラルサービス株式会社

本社所在地: 〒552-0022
       大阪府大阪市港区海岸通1-5-29
代表   : 代表取締役 川田 宏行
設立   : 1976年1月

株式会社MJE

本社所在地: 〒541-0056
       大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-3 大阪センタービル6F
代表   : 代表取締役 大知 昌幸
設立   : 2006年12月

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント