12.8 C
Japan
月曜日, 2月 6, 2023

DX推進を加速させるオープンイノベーションのメリットとは?

現在の日本経済を活性化する要素として注目されているのがオープンイノベーションとDX(デジタルトランスフォーメーション)推進です。この2つを組み合わせることによって、相乗効果が期待できます。まずオープンイノベーションとDX推進の現状を分析。さらにDX推進を加速させるオープンイノベーションのメリットについて解説していきます。

オープンイノベーションの現状

近年、注目を集めているオープンイノベーションの定義と現状を解説していきます。

オープンイノベーションとは?

オープンイノベーションとは外部の開かれたあらゆる場所から新しい技術、切り口、アイデアの提供を受けて、新たなイノベーションを創出していくビジネスモデルです。企業や地域を活性化する手法としてさまざまな分野で活用されています。

オープンイノベーションの現状と問題点

日本国内における近年のオープンイノベーションの特徴となっていたのは大企業とスタートアップによる共創でした。大企業が自らの会社ではできないことを外部のリソースを活用して実現するという目的で立ち上げたものが多かったのです。しかし結果が出るまでには時間がかかるため、成果が出る段階に至っていないものもたくさんあります。企業の内外での目的の共有や意思の疎通の難しさなどの問題点も浮き彫りになってきました。

2018年頃から顕著になってきたのは地方自治体と地元の企業とスタートアップの組み合わせによるオープンイノベーションです。その流れはコロナ禍によって、さらに顕著になってきました。地域の課題や問題の解決を目的としたオープンイノベーションの動きが目立っているのです。

DX推進は今どうなっているのか?

産業構造の変革のキーワードとなっているDX推進。その定義と現状を解説します。

DX推進とは?

DX推進のDXとはデジタルトランスフォーメーションの略語です。データやデジタル技術をよりダイナミックに活用することによって、企業文化、風土、組織構造、業務内容などに変革をもたらして、企業の競争力を向上することと定義することができます。

DX推進の現状と問題点

将来的に企業が生き残っていく上で必須の経営課題としてあげられているDX推進ですが、欧米と比較すると、まだまだ大きく遅れているのが現状です。オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(JOIC)が2020年5月29日に発表した『オープンイノベーション白書第三版』によると、DX推進が思うように進んでいない理由として、日本の企業の閉鎖的な体質があげられています。人材の流動性の低さ、海外人材の活用の不十分さが指摘されているのです。

企業内部のDX推進の人材不足も大きな問題のひとつとしてあげられるでしょう。企画・立案・推進・システム設計・デザインなど、DX推進に必要なセクションにおいて、人材の確保が不十分で、育成も進んでいない現状があります。

DX推進の突破口、オープンイノベーション

DX推進を活性化する上で大きな鍵を握っているのがオープンイノベーションです。くわしく解説していきます。

メリットの多いオープンイノベーション

DX推進をにぶらせている要因として、日本企業の流動性の低さと多様性の少なさがあげられます。これらの課題は組織の内部だけでは簡単には克服することのできないものです。しかしオープンイノベーションを有効活用することによって、流動性や多様性を高めることが期待できます。

組織内部の人材不足という問題の解決に関しても、オープンイノベーションはきわめて有効といえるでしょう。オープンイノベーションとは外部の人材を積極的に活用することでもあるからです。DX推進とオープンイノベーションとを有機的に組み合わせることこそが停滞している状況を打破する特効薬といえるでしょう。

DX推進でのオープンイノベーション事例

東京ガスの「GPS2020」
東京ガス株式会社ではグループの2018-20年度経営計画「GPS2020」で、「イノベーションの創出」を大きなテーマとして掲げています。そしてシリコンバレーにある子会社のAcarioと連携して、スタートアップやエネルギー関連のベンチャーキャピタルへの投資と協業を実施。個人の家に設置された太陽光発電の余剰電力を世帯間で直接取り引き出来るプラットフォームを開発する事業との協業も開始しています。

JAグループの「AgVenture Lab(アグベンチャーラボ)」
農林水産業の高度化と効率化を推進する新事業の創出、地域の豊かな暮らしの実現などの目的を掲げて立ち上げられたのが、JAグループによる「AgVenture Lab(アグベンチャーラボ)」です。ドローンを活用した省人化、AIによるデータの活用など、デジタル技術によって、社会のさまざまな課題の解決、豊かな社会作りを目指しており、「JAアクセラレータープログラム」を実施するなど、多角的に活動を展開しています。

DX推進でのオープンイノベーション展望

DX推進の問題点を解消する手段として、オープンイノベーションが有効であるという認識が企業や自治体など、さまざまな場所で広まってきました。今後、DX推進を加速させるためのオープンイノベーションの数がさらに増えていくことが予想されます。

新しい社会の設計に不可欠な2つの概念

社会のシステムや経済構造が大きく変わりつつある中で、DX推進とオープンイノベーションの重要性はさらに大きくなってきました。企業にとって、DX推進は将来的な目標ではなくて、今後、生き残っていくために必須のものです。そしてその鍵を握っているのがオープンイノベーションといっていいでしょう。DX推進をさらに加速させていくためのピースとなっているのがオープンイノベーションなのです。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント