12.8 C
Japan
月曜日, 8月 15, 2022

小中学生向け教育×エンターテイメント事業を展開するスタートアップ「Go Visions」が総額1.1億円の資金調達を実施

Go Visionsは、STRIVE、HIRAC FUND、epiST Ventures、個人投資家および金融機関から、総額1.1億円の資金調達を実施した。

好奇心が未来をつくるオンラインテーマパーク “SOZOW(ソーゾウ)”

 https://www.sozow.net/lp 

Go Visions株式会社は、「一人ひとりがビジョンに向けて進める世界をつくる」べく創業した。 ビジョンとは、「未来に向けた意志や理想」のことで、なりたい自分、やりたいこと、興味・関心・好奇心を指している。現代社会はこれまでの常識・慣習に人を当てはめ、その人の可能性に蓋をしてしまうことが多いが、Go Visionsはそんな社会を変え、一人ひとりがビジョンに向けて進める社会づくりへ貢献したいと考え事業を行っている。

現在、2021年1月のサービス提供開始に向け、子どもの創造性や意欲・自己肯定感等の非認知能力を育むアクティビティを自宅で体験できるオンラインテーマパークサービス『SOZOW』を開発している。11月に実施する無料体験の登録受付も開始されている。無料体験は8,000家族限定となる。

この度調達した資金は、『SOZOW』のプロダクト開発や人材採用等に充て、多くの子供たちの好奇心と未来の可能性を広げるため、さらに事業開発を加速する。

各社からのコメント


STRIVE
・代表パートナー 堤達生氏

圧倒的なVisionとそれを実現するだけの強いチーム。初めてプレゼンテーションを聞いた時から、すぐに投資させて頂きたいと思いました。日本という国にとってのトップアジェンダの一つが教育だと思っています。小助川さん率いる強力なチームと一緒に、日本の未来を創る子供達にとって真に価値のあるサービスを創っていきたいと思います。

・インベストメントマネージャー 古城巧氏

小助川さんが実現しようとしている「子どもの個性・強みを伸ばす教育」は”活躍できる人材育成”や”豊かな社会づくり”において今後重要性が増していくと思いました。また小助川さんは原体験にもとづいた高い熱量をお持ちであり、Go Visionsのビジョンに共感する人々を巻き込んで同教育があたりまえの社会を実現できる方だとも思いました。Go Visionsのビジョン実現に向けて全力でサポートしてまいります。

HIRAC FUND
・代表パートナー 古橋智史氏

初めて事業についてお話しいただいた際に、小助川さんの起業の原点が、子育ての中で抱いた原体験であることを知りました。その経験をパッションに変え、次々と強力なメンバーを巻き込みながら事業を推進していく勢いと、子供たちの活き活きとした表情を見て、Go Visionsのサービスに心から共感しています。また、私が創業したスマートキャンプ株式会社に出資してくださったSTRIVE(当時グリーベンチャーズ)さんとの共同出資であることも感慨深く、素晴らしい株主応援団ととも知見を集結し、事業拡大を全力で応援してまいります。

・代表パートナー 金坂直哉氏

以前から、豊洲にあるキッザニアでの大行列を見て、「学校外で子供に新しい体験をさせたい」というニーズが強烈に強いと感じていました。Go Visionsさんの事業は、子供の好奇心や興味など、学びにおいて最も大切なエッセンスからコンテンツが作られています。ワクワクしながら学べる経験は、画一的な学校教育ではなかなか難しいですが、成長する過程でとても大切なことだと思います。HIRAC FUNDに出資してくださっているアントレプレナーの皆さまと一緒に、Go Visionsを応援していきたいと思います!

epiST Ventures

・代表取締役社長/マネージングパートナー 上村崇氏

日本の未来を担う子供たちのための教育という領域において、新たな枠組みや技術を活用したイノベーションと共に、多様な選択肢の広がりが期待されています。Go Visionsのサービスとテクノロジーによって、たくさんの子供たちが十分な自己肯定感と飽くなき好奇心をもって成長できるようになると確信しております。これまで本領域で豊かな経験を積んでこられた多彩な経営チームによる事業開発が少しでも加速するようepiST Venturesとして最大限応援してまいります。

・取締役/マネージングパートナー 崎須賀渉氏

小助川さんは、この事業に対する誰よりも強い思い、確かな実績、そして優秀な仲間を巻き込む力を兼ね備えており、チームの皆さんと共に事業を成長させることを確信しております。
SOZOWを通して、子供たちが好奇心や探究心のタネを見つけ、それぞれのペースで能力を育み、多彩な個性を発揮できることを、三人の子供を持つ親としても大いに期待しております。

なお、今回のラウンドでは、三木寛文氏、鬼石真裕氏、他1名の個人投資家、および株式会社シオンからも資金調達を実施している。 

社名Go Visions株式会社
設立2019年6月
所在地〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目10番60号セルバ目黒105号
代表者代表取締役 小助川 将
事業概要エデュテイメントTech事業
URL会社URL : https://go-visions.com
提供サービス:『SOZOW』〜好奇心が未来をつくるオンラインテーマパーク〜
サービスURL: https://www.sozow.net/lp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント