12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

東京大学発技術系スタートアップであるSapeeの姿勢分析システム「シセイカルテ」、姿勢分析の累計件数が10,000件を突破!

PKSHA Technologyの子会社で、3D関連のアルゴリズムに強みを持つ東京大学発技術系スタートアップであるSapeetが開発及び運営するAI姿勢分析システム「シセイカルテ」による姿勢分析の累計件数が、10,000件を突破した。さらに、この10,000件を超える姿勢分析データを元に身体に関する様々な統計情報を公開するメールマガジンの配信もスタートした。今後も身体の年代別のデータや、解剖学的な観点からの分析など、ヘルスケア・フィットネス業界に役立つ情報を紹介する。

サービス開始から約7ヶ月間で累計分析件数が10,000件を突破!好評につき、無料トライアルキャンペーンを延長中

「シセイカルテ」は、「お客様の姿勢を可視化したい」という要望に応え2020年1月に誕生して以降、全国の整骨院・接骨院・整体院・鍼灸院・フィットネス・パーソナルジム・スポーツクラブ・エステ・歯科医院といった業界者に導入されている。施術・レッスンの効果を誰にでも分かりやすい形で可視化(数値化、データ化、3Dモデル化)することで、現場スタッフと顧客の信頼関係構築をサポートし、この度サービス開始から7ヶ月間(8月10日時点)で、ついに累計分析件数が10,000件を突破した。
一方で、単なる姿勢分析ツールとしてのみならず、以下の点でも導入者の経営や新たなマネタイズをサポートするツールとしても活用されている。

①他店との差別化による集客効果アップ
新規来店時のカウンセリングツールとしても活用することができる。

②サービスへの新規入会率・継続率の向上にも貢献
施術効果を数値で可視化することで、顧客満足度の向上に繋がる。

③スタッフの接客レベルを底上げ
分析データを用いて、提案力の高い接客が可能となる。

④リモート分析システムによるつなぎとめ
コロナ禍で来店・来院が難しくなった顧客ともコミュニケーションをとることができる。

今後も「シセイカルテ」を通じて蓄積した身体データを活用して、益々の分析精度向上・機能改良に役立ていく予定である。

また、好評につき、3日間の「シセイカルテ」無料トライアルキャンペーンを9月30日まで延長している。以下サイト下部の「お問い合わせ」欄に「トライアル希望」と記入の上、申し込むことができる。
URL:https://shisei-karte.com/

「シセイカルテ」統計データをメールマガジンにて配信開始!

10,000件を超えるデータを元に、ヘルスケア・フィットネス業界の方に役立つ身体に関する統計情報が、メールマガジンとして配信開始されている。先日配信した第1回目のメールマガジンでは、「シセイカルテ」で分析した際に計測されるスコアの世代別平均値を、男女それぞれで抽出し、比較・分析がなされた。

上記のように姿勢スコアをグラフ化したところ、女性に比べ男性は加齢と共にスコアの下降が顕著に表れた。男性は50代から急速にスコアが低下しており、体に歪みを持つ人の割合が40代以前と比べ多いことが伺える。
本データを基にした仮説等、レポート内容は一部抜粋し、WEB上でも公開されている。
https://note.com/sapeet/n/n0ffdb60693bd

今後もメールマガジンでは、「シセイカルテ」の最新情報や、現場での顧客へのアドバイスに活用できるビッグデータの解析結果を配信する。

第2回メールマガジンでは、“スマホ首”が増えているとされる令和世代の子供達の姿勢について、計測データを元にその実態を明らかにする予定である。スポーツクラブの指導者や歯医者の医師はもちろん、自身の子どもの姿勢が気になるという親にも参考となる内容となっている。

メールマガジン購読ご希望の方はこちら:https://share.hsforms.com/1-qZNgYHpSKG4OJfBRL8B9w4eecc

最新の技術トレンドを紹介するブログを更新中!

姿勢分析をテーマにしたメールマガジン以外にも、AI・機械学習・3D・物理演算等の専門技術に強みを持つSapeetのエンジニア陣が、最新の技術トレンドに関するブログを公開している。

【2019年版】姿勢推定モデルの最新動向について(翻訳)
https://qiita.com/KYoshiyama/items/9f5f5a13f957e138380b

最新の姿勢推定モデル「DarkPose」を解説してみた【CVPR2020】
https://qiita.com/KYoshiyama/items/c850117248079deed86f

「シセイカルテ」について

「シセイカルテ」は、体の歪みを3D解析アルゴリズムで分析、施術前後の効果を可視化し、誰でも理解しやすい形で伝える姿勢分析システムである。

提供会社であるSapeetは東京大学発の技術系スタートアップであり、常に最新機能・技術を取り入れた開発・運用を行っている。今後も導入した業や店舗との連携を深め、さらに現場のニーズに応えられる様、継続的に追加機能の開発をして行くとした。

「シセイカルテ」紹介サイト:https://shisei-karte.com/

特徴1)準備から解析完了まで1分
既存プログラムに無理なく姿勢分析サービスを組み込める様に、準備から解析完了までの時間を僅か1分で完結する事に成功した。導入の際は、その圧倒的なスピード感が体験できる。

特徴2)iPadのみで完結するスマートなシステム
現場の限られたスペースを圧迫する事なく導入できるよう、iPadのみで完結するサービス構成になっている。また、操作もiPadを数回タップするだけのシンプルかつ簡単な設計である。

特徴3)深層学習を利用した詳細な姿勢分析
数十箇所に及ぶ解析項目を、それぞれ10mm、0.1度単位で詳細に分析。診断結果は点数とグラフを中心とした構成で、どなたでも視覚的に解りやすいレポート内容である。
診断結果から導き出した未来姿勢や、最適なメニューの提案など、顧客とのコミュニケーションに役立つ情報も提示される為、新たな信頼関係構築に役立つ。

特徴4)リモート分析機能
「シセイカルテ」は遠隔で顧客の姿勢分析が可能である。来店できない顧客をつなぎとめ、リモートプログラムのマネタイズなど、顧客との新たな接点構築に活用が可能である。

特徴5)お客様の姿勢分析データ蓄積&過去分析との比較が可能
顧客の分析データが「シセイカルテ」に蓄積されるため、通院や受講の継続率UPに繋がる。また、過去の分析画面と並べて比較することができるので、施術・レッスンの継続による効果を第三者視点で見える化できる。

※推奨環境
[タブレット] iPad 第6世代以上
[スマートフォン]iPhoneシリーズ
[OS]  セキュリティ保護のため最新バージョンをご利用ください
[ブラウザ]  Safari 最新版

推奨環境下でも、特定の機種、セキュリティソフトウェア・ネットワーク等の設定によっては、当サービスの一部が利用できない場合はある。

株式会社Sapeetについて

Sapeetは、3D技術と物理シミュレーション技術を強みとする東京大学発のスタートアップ企業である。東京大学から輩出されたアルゴリズムエンジニア陣が「デジタルとリアルを同期する」というミッションを掲げて最先端技術を掛け合わせたサービスを展開し、顧客の課題解決のパートナーとして尽力する。

社名株式会社Sapeet(サピート)
設立2016年3月9日
所在地東京都文京区本郷2−35−10 本郷瀬川ビル4階
代表者代表取締役 築山 英治
事業概要3次元情報の取得と可視化、3Dデータ制作や画像生成、3Dに関連する新規事業や研究開発案件のコンサルティング&技術提供
URLhttps://sapeet.com/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。