12.8 C
Japan
木曜日, 10月 6, 2022

一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査 ―ファッション編―

Creww(クルー)は、2018年12月20日~2019年1月9日に「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」を行なった。本記事は、そのファッション編である。
※この記事は、2019年1月31日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

デニムの着用に関して、一般企業17.0%に対し、スタートアップ企業は70.0%が問題なしと回答!

2018年12月20日~2019年1月9日に「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」を行なった結果、“ファッション”に関してスタートアップ企業と一般企業の大きな違いが明らかとなった。

■スタートアップ企業は自由な社風が魅力。ヒゲOKの企業は6割を超える。

Qあなたがお勤めの企業で問題のない服装・スタイルをお答えください。【複数回答】
スタートアップ ファッション 違い 調査 服装

近年、ビジネスカジュアルがOKという企業が増えつつあり、一般企業の75.5%が、「ノーネクタイ」OKと回答した。しかし、「ヒゲ」に関しては33.0%と半数以下にとどまっている。一方、スタートアップ企業では「ノーネクタイ」OKの企業が98.0%、「デニム」70.0%、「スニーカー」68.0%、「Tシャツ」と「ヒゲ」に関しては62.7%がOKだと回答している。一般企業と比較し、スタートアップ企業では多様な服装・スタイルがOKであることが判明した。

■普段の勤務スタイルに関して、一般企業はスーツスタイル、スタートアップ企業ではジャケパンスタイルが最多。

Q あなたが仕事に際に、最も着用することの多いスタイルをお答えください。また、あなたがお勤めの企業の経営者・役職者で最も多いスタイルをお答えください。【単一回答】
スタートアップ ファッション 違い 調査 勤務スタイル

普段の勤務スタイルに関して、一般企業では「スーツ」が58.0%と、最も多い回答であったが、スタートアップ企業では「ジャケット・パンツ・スカート(スーツ以外)」のジャケパンスタイルが42.0%と、最も多い回答となった。また、「カジュアル(Tシャツ・ジーンズなど)」は32.7%と、一般企業より23.2ポイント多い結果となっている。また、一般企業の役職者は、一般社員と比較し「スーツ」スタイルが多いようだが、スタートアップ企業(社員1名の企業除く)では一般社員と同様のジャケパンスタイルが多く、一般社員と役職者の距離が近い印象を受ける。

Q あなたが普段仕事で使用しているバッグをお答えください。【複数回答】
スタートアップ ファッション違い 調査 バッグ

仕事で使用しているバッグにも一般企業とスタートアップ企業で差が明らかとなった。一般企業は半数以上が「ビジネスバッグ」を利用しているのに対し、スタートアップ企業は「ビジネスバッグ」が47.3%、「リュック」が45.3%と僅差の結果となっている。近年、仕事でリュックを使用するビジネスマンが増えているが、従業員規模300名以上の大企業になると24.5%と、まだまだ少ないようだ。本調査を通じて、ファッションに関する“働き方改革”も一般企業よりスタートアップ企業の方が進んでいると判明した。

Q仕事の日のトータルコーディネートについて、およその金額をお答えください。【数値回答】※宝飾品、貴金属は除いた合計金額をお答えください。
スタートアップ ファッション 違い 調査 金額

一般企業におけるトータルコーディネートの費用は平均「53,069円」であったが、スタートアップ企業は平均「49,680円」と、その差は3,389円となっている。スーツスタイルが多い一般企業では、日々のコーディネートにもコストをかけているようだ。しかし、最高金額をみてみると、スタートアップ企業の中には「1,000,000円」という回答も見受けられたことから、ブランドのバッグや靴などでファッションを楽しんでいることが想定され、自由な社風の醸成につながっているようだ。

一般企業に比べて、スタートアップ企業は多様なファッションを好む傾向が強い結果となった。スーツにネクタイというビジネスの常識にとらわれず、独自のセンスを磨くことで、斬新なアイデアを生み出すヒントとしているのかもしれない。

調査概要

1.調査の方法:WEBアンケート方式で実施

2.調査の対象:一般企業/従業員規模300名以上の企業にお勤めである20歳~59歳までの会社経営者・役員・団体役員、会社員・団体職員(派遣・契約社員含む)であり、オフィスで働く方を対象に実施
スタートアップ企業/国内最大級のスタートアップコミュニティに登録するスタートアップ企業にお勤めの方を対象に実施

3.有効回答数:一般企業200名/スタートアップ企業150名

4.調査実施日:2018年12月20日(木)~2019年1月9日(水)

5.調査名:「一般企業とスタートアップ企業の違いに関する調査」

社名Creww株式会社
設立2012年8月13日
資本金8億2,955万円(資本準備金含む)
代表者伊地知 天(いじち そらと)
URLhttps://creww.in/
事業概要Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ 、スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営をしています。
2012年の創業以来、企業とスタートアップによる新規事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラムを270回以上実施し、これまで約750件の協業を実現しています。現在、Crewwが運営するオープンイノベーションプラットフォームには約6000のスタートアップが登録しています。
■クラウド型オープンイノベーション支援サービス 「Creww Growth
■地域のオープンイノベーションプログラム「47(よんなな)クルーズプロジェクト
■挑戦者のためのオープンイノベーションメディア「PORT
■挑戦する個人のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント