12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

大分県の起業家成長加速化事業「湯けむりアクセラレーションプログラム」始動

大分県と公益財団法人大分県産業創造機構(おおいたスタートアップセンター)では、成長志向起業家の育成を進めるため、起業家のニーズに沿った成長を加速する総合的な集中支援「湯けむりアクセラレーションプログラム(通称YAP (ヤップ)」を実施する。

今回、大分県内の有望な事業者を募集し、厳正な審査を実施した結果、本プログラムの3期生となる採択企業5社が決定した。
また、今年度からは全国初の新たな取組として、一般的なスポットの実務的支援を行うメンター制度とは別に、大分県と関係性の高い5社の経営者層による長期的かつ密着型の支援を可能とするサイドキック(相棒)制度を導入し、採択企業への支援をより一層強化した。
これにより大分県ならではの独自性の高い密着型の支援体制が図れると同時に、事業終了後のエコシステム形成に資するネットワークが維持されるものと考えられている。

サイドキック制度とは

何でも気軽に相談できる経営者のサイドキック(相棒)として、本プログラムにおいて、採択企業の審査から本プログラム終了時まで、メンタル面と経営面を中心としたサポートが行われる。当該サポートを通じて、本プログラム終了後も継続するような長期的な人間関係の構築と、県内ネットワークを有する経営者層で構成されるサイドキックとの事業シナジーが期待できる。

公式ホームページ http://yap.oita.jp/

湯けむりアクセラレーションプログラムとは

地域から世界を目指す次世代の企業をサポートするプログラムである。
おおいたに立ち昇る数多くの湯けむりは、天高く舞い昇り、雲雨となり、新たな命を育む源泉となる。
『大分の企業が本プログラムを通じて成長し、地方のみならず日本各地や世界で活躍することで、次世代の企業の育成につながっていくように』という想いが込められている。

≪プログラム4つのポイント≫
1.メンタリング&マッチング
各分野のスペシャリストや大企業やベンチャーキャピタルとのマッチング機会を提供。
2.トレーニング
事業ブラッシュアップを目的とした合宿や事業を加速化させるために全国各地での登壇機会を提供。
3.ファンディング
事業開発や実証実験など事業成長に必要な資金として、採択企業1社あたり最大150万円を提供。
4.デモデイ
2021年3月12日(金)に開催する大分県内最大級のピッチイベントに登壇。

採択企業5社の紹介

株式会社CloudBCP 
代表取締役 衛藤 嵩史
https://www.cloud-bcp.com/
CloudBCP(事業継続計画BCPの策定から運用、実行までをIT技術でトータルに支援するSaasアプリケーション)

株式会社グランゲート
代表取締役 岡庭 真一
https://www.grandgate.jp/
日本の農産品を世界へ!! 国内初!非加熱農産加工『Wコールド製法』で 6次産業化商品の常識を覆す!

島田電子工業株式会社
事業責任者 島田 直弥
https://sdk-info.com/
設備稼働監視IoTシステム「Device Watcher」

株式会社JIITAK
代表取締役 小林 夢輝
https://jiitak.jp/
遠隔でも変わらぬ効率的な組織の情報活用を実現するクラウド型グループウェア「Wohance」

株式会社BIOISM
代表取締役 高橋 幸司
https://www.bioism.co.jp/
ごみ収集・運搬業務に特化した自社開発クラウドシステム『ごみ物語シリーズ』のAI導入と国内外への展開

デモデイ(成果発表会)について

※詳細は後日公式ホームページ(http://yap.oita.jp/)に掲載
※コロナウィルスの影響により中止もしくはオンライン配信となる可能性がある

日 時  2021年3月12日(金) 10:00-20:00
場 所  ホテル日航大分オアシスタワー(大分市高砂町2-48)
・基調講演
・パネルディスカッション
・県内留学生によるピッチ
・本プログラム採択企業によるピッチ
・県内企業による展示など

(一昨年開催のデモデイの様子)

主催:大分県・公益財団法人大分県産業創造機構
運営委託:有限責任監査法人 トーマツ

問合せ
取材及び採択企業へのコンタクト等は公式ホームページへ
その他の問い合わせは以下へ

運営事務局:有限責任監査法人 トーマツ
〒810-0001 福岡市中央区天神一丁目4-2 エルガーラ
TEL:092-751-1129 担当:久留島(クルシマ)、小野(オノ)
E-MAIL:yukemuri@tohmatsu.co.jp

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Source大分県

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。