12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

オンラインAI動作解析ツール「Sportip Pro」|経済産業省「IT導入補助金2020」対象ツールに認定

Sportipは、経済産業省が推進するサービス等生産性向上IT導入支援事業「IT導入補助金2020」において、IT導入支援事業者に採択された。また、Sportipが開発・提供するオンラインAI動作解析ツールSportip Proも、「IT導入補助金2020」の対象ツールに認定された。SportipはC類型に分類されており、一定の条件を満たした対象事業者は、導入にかかる費用(初年度月額利用料含む実費)の3/4にあたる金額を補助金として受けとることが可能になる。

経済産業省「IT導入補助金2020(C類型)」について


「IT導入補助金2020(C類型)」は、テレワーク導入や業務改善の費用について悩む事業者が、認定を受けた事業者のITツールの導入支援を受けられるものである。

IT導入補助金 https://www.it-hojo.jp/tokubetsuwaku/

導入のメリット

Sportip Pro を利用することで、売上向上・コスト削減の実現が可能である。加えて、オンライン指導を可能にし、withコロナにおける指導スタイルとしてもサポートが可能となる。データの蓄積も同時に行うことができ、効果測定を容易にする。

売上向上に関しては、現場指導における単価向上・オンラインでの指導プランの追加による単価向上・新規顧客の増加などを見込むことができる。また、記録やフォローアップの手間を削減するため、トレーナー・セラピストのコストが削減可能である。

補助金申請スケジュール

交付申請期間申請期限
7次締切分2020年10月2日(金)17:00まで
8次締切分2020年11月2日(月)17:00まで

アプリの特徴

①AI解析機能
筋力トレーニングからアライメントテストまでAIによって瞬時に自動解析を可能にする。速度・角度・角速度やグラフなどの表示が可能になる。



②姿勢解析機能
姿勢の状態を即時に分析可能。2種類(静的+動的)の姿勢解析機能で身体の歪みを細部まで測定可能である。重心位置解析やX脚/O脚の評価ができ、筋肉の状態や重心位置までチェックできるよう開発されている。加えて、個人に適したトレーニングの提示も可能にする。今後、さらなる可動域解析機能などを搭載する予定である。

 

③トレーニングメニュー自動生成機能
AI機能をベースとして、個人に合わせた適切なトレーニングを自動で処方します。指導の時間的コストを圧倒的に削減できる機能を提供する。

④オンラインにおけるサポート機能
SNS共有機能やQR発行機能・2画面比較機能を活用し、オンラインでの指導をサポートする。

⑤WEB機能の充実
WEBで撮影時の結果や過去のデータを確認することが可能である。また患者に印刷して結果を渡すことも可能となる。
※今後提供予定

提供サービスの概要

●提供サービス:「Sportip Pro」の機能
アプリ紹介ページ
整体師の方向け:https://sportip-pro-therapist.studio.design
トレーナー・学校関係者向け:https://sportip-pro.studio.design/

●提供対象:整体・接骨院・理学療法士あるいは全国の中小フィットネスクラブ・個人のパーソナルトレーナー・スポーツチーム・学校機関 など

●申し込み方法:以下のURLより申し込む
URL:https://forms.gle/Z9zf4cBYBTRJ5YwZ7

勉強会も開催されている。申し込み、詳細については下記URLの通りである。
URL:https://forms.gle/rZUqFF5aAN68mrkYA

●利用方法:申し込み後、利用に必要な情報をメールにて送付。

社名株式会社Sportip (筑波大学発ベンチャー)
設立2018年9月25日
所在地本店:東京都港区南青山二丁目2-15 ウィン青山942
本社:東京都文京区本郷二丁目39-6 大同ビル6階
代表者代表取締役 CEO 髙久 侑也
事業概要■アプリケーション開発
■動作解析システムの開発
■メディアの運営:https://traininglab.sportip.jp/

受賞・採択歴:
– IAPS-TTA Soft landing Subsidy Program(台湾) へ採択
– 筑波大学産学連携推進プロジェクトへ採択
– InsTechオープンイノベーションビジネスコンテスト2019 最優秀賞
– GESA(The Global EdTech Startups Awards) 日本予選2019 最優秀賞
– Plug and Play Japan アクセラレータープログラム Summer/Fall 2020 Batch 採択


URLhttps://www.sportip.jp/

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。