12.8 C
Japan
火曜日, 2月 7, 2023

スタートアップとしての成長に必要不可欠な「ビジョン」。

前例のない世界に挑むスタートアップにとって、どこを目指すのかというゴールを設定することはとても重要である。課題山積の介護業界において、IoT介護という未成熟な分野に挑む株式会社Z-Worksの考えるビジョンとは一体何であろうか。代表の小川 誠氏にお話を伺った。
※この記事は、2019年6月6日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

IoT介護領域で注目を集めるスタートアップ「Z-Works」とは

「マネジメントの父」と称された経営学者ピーター F. ドラッカーの哲学と理論は、今なお多くの経営者を魅了し、企業の成長や社会を支えている。著書において「成功を収めている企業は、われわれの事業は何かを問い、その問いに対する答えを考え、明確にすることによって成功がもたらされている」と述べており、また、「未来の社会においては、大企業、特に多国籍企業にとっての最大の課題は、その社会的正当性(Social Legitimacy)、すなわちそのビジョン、ミッション、バリューとなるだろう」と語っている。

これらは組織が社会に存在する上でその存在意義やポジショニング、方向性までも決定づける重要な基盤となるものである。確かに成功を収めた企業には確固たるビジョン、ミッション、バリューが存在し、それらは美しい言葉によるキャッチコピーによってうまくまとめられている。では、近年、世間的にも注目を集めるようになってきた設立わずか数年の間に急成長を遂げるスタートアップ企業にとってもこれらは重要視されているのだろうか。今回その答えを教えてくれたのが、約15年間にわたる長い在宅介護生活を送った経験から「がんばらない介護」をコンセプトに「IoT介護」という新たな切り口で注目を集めているZ-Worksの小川氏だ。

介護産業というと、日本においては2012年時点で約9兆円市場だったのに対し、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年には21兆円を超え、医療産業と生活産業を足せば100兆円を超えるという試算が出ている。「市場の拡大」と言えばビジネスチャンスのようだが、同時に「介護市場の拡大=介護が社会全体の課題となる」危険性をはらんでいる。同社は業界に先駆けたIoTデバイスの調達やプラットフォームの構築を強みとし拡大を続けているが、競合が増えて業界が成熟していけばそれだけで他社との差別化を図ることは難しくなる。そのため、将来的には、蓄積したあらゆる行動データやバイタルデータ(生態情報)などの介護ノウハウデータの分析を通じて現サービスを進化させていくとともに、そこから付加価値を生み出していくデータビジネスへトランジションしていくつもりだという。

付加価値を生み出し、成長し続けていくためには新たな戦力(人材)が欠かせない。大きな可能性と先駆者としての面白さが同社における仕事の魅力であることはもちろんであるが、IoT介護という未成熟な分野に挑むことは容易ではない。だからこそ、チームとしてまとまるためにビジョンの共有が必要なのだという。目標を共有し、同じゴールに向かって挑み続ける忍耐力や精神力がなければスタートアップとしての成長は望めないからだ。また、ビジョンには企業の成長に向けた目標だけではなく、経営者としての想いも込められているようだ。小川氏は自身の介護経験を通じて生活の質が確実に落ちていくのを肌で感じたことをきっかけに、課題山積の介護業界に革命を起こそうとすべての人の生活の質を向上させることを目指して同社を立ち上げた。社員にも仕事(働く)を通じて生活の質を高め、その先にチャレンジすることの楽しさを感じてほしいと話す。

創業者の強い意志によって立ち上がり、前例のない世界に挑むスタートアップにとって、どこを目指すのかというゴールを設定することがとても重要であり、そのゴール設定こそが、会社や事業の長期的な命運を定めると言っても過言ではないようだ。道に迷ったとき、常に向かうべき大きな方向を指し示してくれる羅針盤――それがビジョンなのだ。

社名株式会社Z-Works
設立2015年4月30日
所在地東京都新宿区下落合4-21-19 目白LKビル7F
代表者代表取締役共同経営者 小川 誠、代表取締役共同経営者 高橋達也
事業概要「IoTデバイス」「インテリジェンス」「統合プラットフォーム」で構成される独自のクラウドサービスを提供
URLhttps://www.z-works.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント