12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

仕事をしながら余暇を楽しむ/ワーケーションの実証実験を沖縄エリアで開始

レイブリーと合同会社ShakeHandsは、ポストコロナ時代の新しい働き方を提案するワーケーション事業を、2020年7月より沖縄エリア限定で開始する。

事業背景

テクノロジーや社会環境の急速な変化により、働く場所や時間にとらわれない生活が可能な時代になってきた。ここ数ヶ月で多くの企業がリモートワークを導入し、今後は一つのワーキングスタイルとして根付いていくであろう。

そのような背景の中で、今後ワーケーションという働き方が注目を集めていくと考えられている。ワーケーションを導入する企業にとっては、それを前提としたインフラや制度の構築により、働き方の柔軟性が増し、企業の魅力度アップにつながる。また利用者にとっては、普段と違う環境にいることで、新しい出会いや学習の機会となり、自身の成長につながる。ワークライフバランスではなく、ワークライフミックスが今後のトレンドになっていくのではないであろうか。

ワーケーションとは

ワーケーションは、2000年代にアメリカで生まれた言葉で、「work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組合せた造語である。リゾート地などいつもと違う場所で仕事をしながら、休暇を取るスタイルの事だ。日本でも数年前から、ワーケーションの取り組みが民間企業・自治体などで行われている。

サービスの特徴

本サービスの特徴は、沖縄の魅力が存分に楽しめる住宅のみを揃えているところである。せっかく沖縄まで来てワーケーションをするのに、どこにでもある都市部のマンションでは意味がない。広々とした部屋に、綺麗な景色が見える環境で、リラックスして仕事をしてほしいと考えられており、そういった環境でこそ、新しい企画やアイディアが生まれてくると信じているからである。

・当サービスのwebサイト
https://www.workationokinawa.com/

今後の展開

レイブリーと合同会社shakeHandsは、沖縄エリアに特化して、サービスを展開していく。沖縄は夏のイメージが強いが、仕事を考えた時には秋〜春先もおすすめである。冬季の避寒、春先の花粉症対策など、他県には無い魅力がある。沖縄観光におけるオフピークの需要を、ワーケーションによって創出する。このモデルが成功すれば、ひいては地方自治体の観光産業にとって、ワーケーションが大きな柱になる可能性もある。地方創生のモデルケースを、沖縄から作れればと考えられている。

運営会社について

本事業は、株式会社レイブリーと合同会社shakeHandsの共同事業である。物件・取材についての問合せはshakeHandsに、その他、事業全般についての問合せはレイブリーで受け付けている。

社名合同会社ShakeHands
所在地沖縄県中頭郡読谷村字瀬名波667-1-201
代表者代表社員 鈴木喜仁
事業概要民泊事業運営代行、住宅宿泊管理業者 国土交通大臣(1)第F01708号
URLhttps://www.shakehands.okinawa/
社名株式会社レイブリー
設立2018年6月
所在地東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー4階
代表者代表取締役社長 作前雄也
事業概要マッチングサービスのアプリケーション開発に、独自の強みを持つ開発会社。
URLhttps://www.raively.biz/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。