12.8 C
Japan
木曜日, 7月 9, 2020

世界初!食事バランスの偏りを10秒判定、ワンコイン×自宅でできる栄養検査キット「VitaNote Quick」

HealthTechスタートアップの株式会社ユカシカドは2020年6月3日より、「VitaNote Quick(ビタノートクイック)」の予約販売をクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」にて開始したことを発表した。テストペーパーをスマートフォンで撮影、10秒でビタミン・ミネラル・食事バランスを評価する、全く新しい栄養検査サービスだ。

把握が困難な栄養、食事バランス

ユカシカドが実施した調査では、8割以上が普段栄養バランスを気にしていると回答しながらも、自身の栄養バランスは良くないと感じている人が過半を占める傾向がわかっている。この背景には、栄養状態を適切に把握するための手段が不足していることが理由として挙げられる。

“食”の選択肢が無数にあり、望む食品が手に入りやすい日本において近年、新型栄養失調と呼ばれる成人の栄養不足、高齢者の低栄養問題など、食事の偏りや少食・欠食といった要因で起こる現象が問題視されている。

ユカシカドではこれらの課題に対応するため、適切な栄養状態の把握、検査結果に基づく栄養改善を提供すべく、栄養検査サービスの開発・提供に取り組んできた。

VitaNote Quickについて

VitaNote Quickはビタミン・ミネラル・食事バランスの偏りを分析、10点満点で評価する栄養検査キットです。もっと手軽に、すぐに結果を知りたいという従来の栄養検査に対するユーザーの声を受け、研究開発の末に誕生した。

テストペーパーを尿に浸して専用のスマートフォンアプリ(2020年7月 iOS/Android 同時リリース予定)で撮影。画像解析を用いてわずか10秒でその場で検査結果を確認できる。

商品名:VitaNote Quick(ビタノートクイック)
販売価格:500円(税別)
内容物:テストペーパー×2、採尿カップ×2 (検査2回分)

クラウドファンディング「Makuake」購入サイト ※販売期間2020年6月3日〜29日
https://www.makuake.com/project/vitanotequick/
VitaNote Quick公式サイト
https://vitanote.jp/quick

VitaNote Quickを支える技術

2017年に世界初の郵送栄養検査サービスとして誕生したVitaNoteは、尿解析に特化した自社検査センターで検査を行い、栄養素毎の推定吸収量を計測することが可能な一方、約1週間程度の期間が必要であった。更に研究開発を進め、VitaNoteで蓄積されたデータ解析からビタミン・ミネラル・食事バランスを反映する複数の尿中バイオマーカーの同定に成功。この技術を応用して、即時に、ワンコインでできる手軽な栄養検査を実現した。

今後について:開発途上国の栄養課題解決に向けて

VitaNote Quickの開発、誕生の背景にはもう一つ、創業の原点でもある開発途上国の栄養課題の解決に寄与したいという想いが込められている。

物流インフラの充実や検査センターを必要とするVitaNoteではリーチ困難な開発途上国で、検体の輸送を必要とせず、世界中で急速に普及するスマートフォンを活用した検査を実現することは私たちにとっての悲願でした。

今後は、VitaNote Quickで実現した技術を元に、開発途上国を始め海外での栄養検査・改善事業の展開を視野入れ、事業を推進してまいります。

ユカシカドについて

“国内外を問わず平等な環境と機会の創造に全力を尽くし、努力できる才能を持っている人が強くなれる世界をつくる。”をMISSIONに掲げ、栄養改善の側面から人々の健康、理想の実現を支援するヘルスケア企業である。

【会社概要】
会社名:株式会社ユカシカド
代表者:代表取締役社長 美濃部慎也
設立:2013年3月15日
資本金:211,630,000円(準備金含む)
所在地:東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山 コスモスサウス302
事業内容:栄養検査事業、栄養補助食品の製造・販売
URL:https://www.yukashikado.co.jp/

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。