12.8 C
Japan
月曜日, 9月 21, 2020

クラウドプラットフォームを提供するグルーヴノーツ、総額7.3億円の資金調達を実施

AIと量子コンピュータを搭載したクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を開発・提供するグルーヴノーツは、国内外の新規投資家および既存投資家を引受先として、総額7億3,000万円の第三者割当増資を実施した。今後は、街を舞台にビッグデータ/AI/量子コンピュータを活用して、快適で豊かな都市サービスを創出する「City as a Service(シティ・アズ・ア・サービス、CaaS)」実現を目指し、連携・協働するパートナーシップの形成を推進する。

資金調達の概要

今回の資金調達では、「City as a Service」推進に向け業務提携をした三菱地所株式会社、各種法人向けカードのサービス事業を展開する株式会社未来、シリコンバレーや中国で活動する台北市拠点のVCであるCherubic Ventures(心元資本)、西部ガスグループの投資ファンドであるSGインキュベート第1号投資事業有限責任組合、他3社が新たに資本参画する。
 

グルーヴノーツは、2015年に「MAGELLAN BLOCKS」をリリースして以降、4,200社以上(2020年5月時点)における国内有数の利用実績や世界初となる量子コンピュータ商用サービス化実績(*1)を誇るなど、先進テクノロジーの特性を捉えた高い社会実装力を強みにもつ唯一のテクノロジーカンパニーとして評価されてきた。加えて、当社が提唱する「City as a Service」構想の実現にも賛同を得ている。

グルーヴノーツは今後、「City as a Service」実現に向けたデータ提供/街づくりパートナーとの提携加速、SaaS型サービスとして「MAGELLAN BLOCKS」のさらなるアップデートと普及拡大、優秀な人材の採用、マーケティングへと配分し、人間の真の豊かさを支えるテクノロジーと着想の力で、社会課題の解決に努めるとの意向を示した。

 

快適で人間性豊かな街づくり「City as a Service」

社会の内外環境が大きく変化を見せる中、企業の活動拠点や生活の場の実態・ニーズに即する経済圏としてや「街」を一つのコミュニティ単位に捉え、その特徴を活かしたサービス創出を図る重要性はますます高まっている。


「City as a Service」構想では、スマートシティ開発による高機能性の追求のみならず、街を舞台に様々な異なる切り口のデータを組み合わせて街の状況を可視化し、さらにAIと量子コンピュータで街に起こる変化を予測し、街を訪れる人にとって最適なサービスの実現を目指す取り組みを進めている。

 

代表メッセージ


株式会社グルーヴノーツ 代表取締役社長 最首 英裕

「世界が大きく変化しはじめている今、企業目線で物を考える時代は終わり、社会全体の状況を把握し、都市や社会という目線で物を考えるべき時代に突入しています。
 

そして普及したネットワークの影響もあり、都市は機能の集合体ではなく、サービスの積層だということをあらわにし始めています。

こうした変化に直面するにあたり、AI x 量子コンピュータで様々な社会課題に取り組んできた私たちは、『City as a Service』という発想で、企業や行政機関の課題に取り組んでいます。同時に、このような発想がとてつもなく大きな需要を喚起し、私たちの業容も大きく拡大しつつあります。

そうした状況だからこそ、そして激しく変化する時代だからこそ、私たちは積極的に前進すべき。そう考えて、今回都市課題に取り組む企業を中心に、資金調達を行いました。

新たに得た資金と、パートナーシップで、私たちは、大きな変化が素晴らしい未来につながるように、全力で努力を続けていきます。」

 

主な資本参画会社コメント(※順不同)


三菱地所株式会社 エリアマネジメント企画部 オープンイノベーション推進室長 佐野 洋志 氏

「グルーヴノーツと三菱地所の共同プロジェクトとして、AIや量子コンピュータを活用して東京・丸の内で検証した『廃棄物収集ルート最適化』結果をふまえ、現在更なる収集の効率化を図る実証を計画しています。今後は、グルーヴノーツとの業務提携によって、こうした『City as a Service』の取り組みを両者で一層進化・深化させ、街を舞台に新たな価値や事業の創出を図っていきたいと思います。」


株式会社未来 代表取締役 藤高 久之 氏

「著しく変化の速いIT業界の中で、最先端領域におけるテクノロジーリーダーであるグルーヴノーツに資本参加できた事はとても光栄です。業務提携することで、弊社の内部統制強化の足掛かりにもなり、互いに発展できる良い提携の機会が得られたと思います。グルーヴノーツの更なる発展と飛躍に期待しております。」


Cherubic Ventures Matt Chang 氏

 “We are extremely happy to see Groovenauts to become a pioneer in AI in Japan, and we’re delighted to become a partner to the business.”


SGインキュベート株式会社 代表取締役 相川 洋 氏

「西部ガスグループのCVCであるSGインキュベートは、新たな価値の創造に挑戦する企業を支援し、よりよい社会や未来を実現することを目指しております。グルーヴノーツ様のAIと量子コンピュータのテクノロジーにより将来の革新的な社会インフラ実現を期待しております。」

 

株式会社グルーヴノーツ

社名株式会社グルーヴノーツ
設立2011年7月
所在地本社 福岡県福岡市中央区今泉1丁目19番22号 天神CLASS 3F
代表者代表取締役会長 佐々木 久美子
代表取締役社長 最首 英裕
事業概要【大手企業向けクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」事業】
●量子コンピュータ/AI/ビッグデータを誰でも手軽に利用できる「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」およびコンサルティングの提供

●都市における(1)状況の可視化・分析、(2)変化の予測・シミュレーション、(3)最適化により、  快適で人間性あふれる都市サービスを創出する「City as a Service(シティ・アズ・ア・サービス)」の提供

https://www.magellanic-clouds.com/blocks/

【「TECH PARK」教育事業】
●年長から小学生までを対象にした、テクノロジーと遊ぶアフタースクール/シーズンスクール「TECH PARK(テックパーク)」の運営

●小学生から中学生を対象にした、テクノロジーと遊ぶオンラインスクール「TECH PARK ONLINE(テックパークオンライン)」の運営

●小学生から大学生までを対象にした教育機関向けにAI教育の導入を支援する「AI教育支援サービス」の提供

●ビジュアルプログラミング言語「Scratch」上で、AIの画像認識や音声認識の機能を実装できる拡張ブロック「AIブロック」の開発・提供

https://www.techpark.jp/
URLhttps://www.groovenauts.jp/

(*1)2019年3月、D-Wave社調べ

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。