12.8 C
Japan
土曜日, 2月 4, 2023

世界最大のVRライブプラットフォーム「VARKがANRIより約2億円の資金調達を実施

VRライブプラットフォーム「VARK」を運営するActEvolveは、ANRIを引受先とする第三者割当増資を実施した。また、2020年5月1日付けで、ActEvolveはサービス名に揃え『株式会社VARK』に社名変更する。

今回の資金調達について

VARKの新機能 VARKプラットフォーム(仮)の開発及び、採用に資金を投資していく。

新機能「VARKプラットフォーム(仮)」とは

現在VARK社が提供するハイクオリティなライブはもちろんのこと、この機能をアーティストに開放する。VARKプラットフォームを利用することで、アーティスト自身が、自由で、今までにない距離感でライブを開催することができ、ファンコミュニティの熱量を一気に上げることができるようになる。ファンにとっても、今以上にアーティストに”会う”機会を提供することが可能となる。

今後VARKのプラットフォームを利用してライブなどを含め協業に興味のある方は、下記フォームからお問い合わせください。
https://forms.gle/s9JD2uUgY3sEFE317

引受先コメント / 今後への期待

ANRI 中路氏

VRは”いま”まさに日本において、世界においても浸透していくかの分水嶺にあたるのがこの数年だと思っております。Stand AloneのVRの登場・Beat Saberなどメガヒットアプリの登場してきているなかで、”Virtual×ライブ”というユースケースの切り口はVRにおけるユースケースとしてニーズある市場だということを加藤さん含めVARKチームと話し、自分もその挑戦に参加させていただきたいと考え出資させていただきました。コンテンツ大国である日本からその空気をまとったプロダクトを作り込んでいるので、日本のユーザー・世界のユーザーにぜひ体験してもらいたいです。

代表コメント

株式会社VARK CEO加藤

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、新たに社名となった「VARK」の名の由来は、夢を栄養に成長する動物の獏(バク)です。

  • 非現実でありながらも現実と区別がつかない『夢』
  • 自分のなりたい姿、目標という意味の『夢』

この『夢』の世界を作り、広げ、大きくする。そんなプラットフォームを作りたくて「VARK」という名前をつけました。2018年のクリスマスライブを皮切りに、多数のライブを開催してきた「VARK」は多くの皆様に使っていただけるようになりました。そしてこのタイミングで会社として「VARK」の世界観にフルコミットすべく、社名変更の決断となりました。

今多くのアーティストが現実世界で『夢』を追う手段がなくっていることを耳にしています。先日株式会社フィナンシェさんと、コロナウイルスの影響でライブの開催を断念したアーティスト向けの支援プロジェクトを発表しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000042665.html

かつてはVTuverの活動の場だったバーチャルライブですが、今後はリアルのアーティストの活動の場としても提供できればと考えています。

そして2020年春、この挑戦を一緒に進めていただける新しいパートナーにも出会いました。
今までお会いした投資家の中でもリスクをとり、命をかけて事業を立ち上げることに強い情熱を捧げる方です。そんな方々とこれから決意も新たに邁進してまいりますので、引き続き皆様宜しくお願いします。

社名変更について

5月1日付けで、株式会社ActEvolveはサービス名と同じ株式会社VARKに社名変更される。
社名及び、サービス名である『VARK』はVRライブプラットフォームとしてのあり方を定義づけるため、「BAKU」「BARK」「PARK」の3つの単語の意味を込めて命名されている。

                     VARKのイメージキャラクター「VARKくん」

「BAKU」 夢
​=現実空間ではできないことができる→仮想世界ならではのことができる
「BARK」 叫び
=吼える、大きな声を出す。注目させる。→小さく、クローズドな体験ではない。
「PARK」 集合場所
=その人のために集まる。目的をもって集まる。→ハブとなる人間に集めたい目的、強い意志がある。

VARKとは

VARKは、VR空間でライブイベントを楽しめるアプリケーションである。現実と同じく、決まった時間に開場するイベントに皆で参加し、一体感を感じながらその場に”居る”アーティスト達の生のパフォーマンスを楽しむことができる。リアルの存在感やイベント形式をベースにしながらも、「目の前で歌ってくれる」「世界が一瞬で変化する」などをはじめとした、バーチャルならではの可能性を存分に活かした、最高の体験を届ける。

公式ホームページ: https://vark.co.jp/

製品概要

タイトル:VARK
価格:無料(アプリ内課金有り)
対応機種:Oculus Quest、Oculus Go、PlayStation VR

社名株式会社VARK
設立2017年8月9日
所在地東京都新宿区西新宿4-34-7
代表者加藤卓也
事業概要VR/AR/MRコンテンツ企画開発
URLhttps://vark.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント