12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

EventHub、オンライン空間でカンファレンスやセミナーが開催できるイベントツールの提供を開始

EventHub は、数十人規模のウェビナーから、大規模オンライン展示会まで幅広い種類のイベントをオンライン空間で開催することができる、オンラインイベントツール 「EventHub」の提供を開始する。

EventHubオンラインツールに関して

EventHubは、企業が営業、マーケティング、採用や顧客関係維持のためにイベントを開催する際に利用する、ビジネスイベントに特化したイベントマネジメントツールである。数十人規模のウェビナーから、大規模オンライン展示会まで幅広い種類のイベントをオンライン空間で開催することが可能となった。

動画を配信するだけでなく、参加者同士の交流を活性化したり、企業のリード獲得を支援するなど、顧客接点や視聴者のエンゲージメントを高めることを主軸とし、中〜大規模のイベントで必要となる出展企業のPR、リード獲得の支援、マルチトラックの動画配信等、複雑制の高いイベントであっても対応できる。

EventHubは国内最大事例数を誇るイベント交流機能を持っており、数多くのカンファレンス・展示会・商談会において、参加者間の名刺交換・ミートアップを実現してきた。初対面の参加者同士でも交流が活性化するUXで、オンライン上でも自然と参加者同士または企業との接点が増える内容となっており、リード獲得や商談化を支援する内容となっている。
顧客データベースと試聴分析が豊富で、オンラインイベントの参加者の試聴ログ、エンゲージメントの指数を可視化することが可能なので、イベント後の顧客とのフォロー・アフターコミュニケーションに活かすことができる。

今後の展開

現在、新型コロナウイルスによる影響で、大型イベントやカンファレンスの自粛が続いている。私たちは、アフターコロナ時代も以前の環境とは変わり、「オンライン」という選択肢は持続する一方で、すべてがオンラインに変わるわけではなく、今回の件がオフライン(リアル)の良さを再認識するきっかけにもなると考えられている。

今後オフラインはリアルの良さで、人と人の接点・出会いの重要性はまし、一部オンライン配信でもまかなえるコンテンツはオンラインになっていくであろう。EventHubは、オンラインとオフラインの良さ両方を活かし、企業同士の新たな接点・ビジネス創出の機会を生み出せるイベントが実現できるようプロダクトの改良を続けていくとした。

EventHubオンラインの特徴

EventHubオンラインは視聴者が参加しやすいように、アプリインストールが不要でウェブブラウザで起動するものとなっている。
また、企業イベントの成功を後押しするソリューションとして、視聴者の参加度合いやエンゲージメントが図れたり、企業同士の接点や商談の機会を増やす工夫が多く揃えられている。

どんな規模のウェビナー・イベントにも対応できる豊富な機能

業種や規模によってイベント内容や開催方法は異なる。EventHubは、様々な業種、規模に対応できる機能でイベントを成功へと導いている。

1. ​ライブ・動画配信 ライブ配信・事前収録動画を配信可能。マルチトラック対応等も可能である。
 
2. 参加登録フォーム ・・・イベントの参加登録を受け付けるフォームやチケット販売ページが作れます。6月以降は決済機能も搭載する。
 
3. 顧客管理・視聴データ ・・・誰がどの動画を何分ほど試聴したのか参加度合いのデータ取得が可能である。  

4. イベント・セッションスケジュールの表示 ・・・いつ・どのコンテンツが配信されるか、スピーカーの情報等を伝えるアジェンダページである。視聴者は自分が聴きたい内容をブックマークすることができる。
 
5. 登壇者への質問・ライブポーリング ・・・匿名または実名で登壇者に対して質問を投稿したり、投票することが可能である。  

6. 企業バーチャルブース ・・・出展企業の情報をPRし、資料ダウンロードや問い合わせに繫ぐ。

7. メッセージ交換 ・・・参加者同士または参加者・企業間など1対1のメッセージ交換が可能である。

8. WEBミーティング予約 ・・・イベント中または後日の問い合わせやWEB商談の予約がワンクリックでできる。
 
9 . アンケート ・・・視聴者に対してアンケートを送付できる。

国内外の様々なイベント・カンファレンスでの利用実績


株式会社ユーザベース、株式会社FORCAS、株式会社INITIAL
・・・オンライン展示会 「SaaS Exhibition」

Coral Capital
・・・スタートアップキャリアイベント 「STARTUP AQUARIUM ONLINE」

Plug and Play Japan株式会社
・・・オンラインピッチイベント 「SIX powered by Plug and Play Japan」

イベントマネジメントプラットフォーム 「EventHub」 とは

EventHubは、企業イベントに特化した、イベントの効果を最大化するオンラインイベントプラットフォームである。ウェビナーからオンラインカンファレンスまで幅広く対応可能、イベントにおけるタッチポイントの増加や参加企業と来場者間のマッチング・商談の促進、イベントデータのマーケティング活用がオフラインと同じようにオンライン上でも行うことができる。

プロダクト紹介ページ
https://eventhub.jp/online

問い合わせ
https://eventhub.jp/contact/

資料請求
https://eventhub.jp/download/

社名株式会社EventHub
設立2016年
所在地〒162-0846 東京都​新宿区市谷左内町5番地
代表者代表取締役CEO 山本 理恵
URLhttps://eventhub.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント