12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

EventHub、オンライン空間でカンファレンスやセミナーが開催できるイベントツールの提供を開始

EventHub は、数十人規模のウェビナーから、大規模オンライン展示会まで幅広い種類のイベントをオンライン空間で開催することができる、オンラインイベントツール 「EventHub」の提供を開始する。

EventHubオンラインツールに関して

EventHubは、企業が営業、マーケティング、採用や顧客関係維持のためにイベントを開催する際に利用する、ビジネスイベントに特化したイベントマネジメントツールである。数十人規模のウェビナーから、大規模オンライン展示会まで幅広い種類のイベントをオンライン空間で開催することが可能となった。

動画を配信するだけでなく、参加者同士の交流を活性化したり、企業のリード獲得を支援するなど、顧客接点や視聴者のエンゲージメントを高めることを主軸とし、中〜大規模のイベントで必要となる出展企業のPR、リード獲得の支援、マルチトラックの動画配信等、複雑制の高いイベントであっても対応できる。

EventHubは国内最大事例数を誇るイベント交流機能を持っており、数多くのカンファレンス・展示会・商談会において、参加者間の名刺交換・ミートアップを実現してきた。初対面の参加者同士でも交流が活性化するUXで、オンライン上でも自然と参加者同士または企業との接点が増える内容となっており、リード獲得や商談化を支援する内容となっている。
顧客データベースと試聴分析が豊富で、オンラインイベントの参加者の試聴ログ、エンゲージメントの指数を可視化することが可能なので、イベント後の顧客とのフォロー・アフターコミュニケーションに活かすことができる。

今後の展開

現在、新型コロナウイルスによる影響で、大型イベントやカンファレンスの自粛が続いている。私たちは、アフターコロナ時代も以前の環境とは変わり、「オンライン」という選択肢は持続する一方で、すべてがオンラインに変わるわけではなく、今回の件がオフライン(リアル)の良さを再認識するきっかけにもなると考えられている。

今後オフラインはリアルの良さで、人と人の接点・出会いの重要性はまし、一部オンライン配信でもまかなえるコンテンツはオンラインになっていくであろう。EventHubは、オンラインとオフラインの良さ両方を活かし、企業同士の新たな接点・ビジネス創出の機会を生み出せるイベントが実現できるようプロダクトの改良を続けていくとした。

EventHubオンラインの特徴

EventHubオンラインは視聴者が参加しやすいように、アプリインストールが不要でウェブブラウザで起動するものとなっている。
また、企業イベントの成功を後押しするソリューションとして、視聴者の参加度合いやエンゲージメントが図れたり、企業同士の接点や商談の機会を増やす工夫が多く揃えられている。

どんな規模のウェビナー・イベントにも対応できる豊富な機能

業種や規模によってイベント内容や開催方法は異なる。EventHubは、様々な業種、規模に対応できる機能でイベントを成功へと導いている。

1. ​ライブ・動画配信 ライブ配信・事前収録動画を配信可能。マルチトラック対応等も可能である。
 
2. 参加登録フォーム ・・・イベントの参加登録を受け付けるフォームやチケット販売ページが作れます。6月以降は決済機能も搭載する。
 
3. 顧客管理・視聴データ ・・・誰がどの動画を何分ほど試聴したのか参加度合いのデータ取得が可能である。  

4. イベント・セッションスケジュールの表示 ・・・いつ・どのコンテンツが配信されるか、スピーカーの情報等を伝えるアジェンダページである。視聴者は自分が聴きたい内容をブックマークすることができる。
 
5. 登壇者への質問・ライブポーリング ・・・匿名または実名で登壇者に対して質問を投稿したり、投票することが可能である。  

6. 企業バーチャルブース ・・・出展企業の情報をPRし、資料ダウンロードや問い合わせに繫ぐ。

7. メッセージ交換 ・・・参加者同士または参加者・企業間など1対1のメッセージ交換が可能である。

8. WEBミーティング予約 ・・・イベント中または後日の問い合わせやWEB商談の予約がワンクリックでできる。
 
9 . アンケート ・・・視聴者に対してアンケートを送付できる。

国内外の様々なイベント・カンファレンスでの利用実績


株式会社ユーザベース、株式会社FORCAS、株式会社INITIAL
・・・オンライン展示会 「SaaS Exhibition」

Coral Capital
・・・スタートアップキャリアイベント 「STARTUP AQUARIUM ONLINE」

Plug and Play Japan株式会社
・・・オンラインピッチイベント 「SIX powered by Plug and Play Japan」

イベントマネジメントプラットフォーム 「EventHub」 とは

EventHubは、企業イベントに特化した、イベントの効果を最大化するオンラインイベントプラットフォームである。ウェビナーからオンラインカンファレンスまで幅広く対応可能、イベントにおけるタッチポイントの増加や参加企業と来場者間のマッチング・商談の促進、イベントデータのマーケティング活用がオフラインと同じようにオンライン上でも行うことができる。

プロダクト紹介ページ
https://eventhub.jp/online

問い合わせ
https://eventhub.jp/contact/

資料請求
https://eventhub.jp/download/

社名株式会社EventHub
設立2016年
所在地〒162-0846 東京都​新宿区市谷左内町5番地
代表者代表取締役CEO 山本 理恵
URLhttps://eventhub.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント