12.8 C
Japan
火曜日, 9月 27, 2022

コロナで譲渡会が開催できない保護犬猫の架け橋に「#オンラインお結び会」

保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」(https://omusubi-pet.com/ )を運営するペットライフカンパニーのシロップは、新型コロナの感染拡大に伴う譲渡会の中止を受け、オンライン上での譲渡機会を創出するため「#オンラインお結び会」プロジェクトをスタートした。

「オンラインお結び会」とは

「#オンラインお結び会」は、家族を待っている保護犬・保護猫の情報をOMUSUBI公式Instagramアカウント(https://www.instagram.com/omusubi_pet/)にて発信するプロジェクトである。SNSの拡散力と犬猫たちの個性を伝える工夫を合わせることで、オンライン上での譲渡機会の創出を促進していく。

また、外出自粛の影響でペットを迎える方が増加している傾向を鑑み、安易なお迎えを防ぐための情報発信も実行している。

プロジェクトを実施する背景

新型コロナウイルスの影響を受けているのは人間だけではない。OMUSUBIに登録している保護団体を対象に影響調査アンケートを実施したところ、約9割が「新型コロナの影響を受けている」と回答。その影響項目として「譲渡会中止による譲渡機会の減少」がもっとも多い結果となった。(調査アンケートは現在も継続している)

一方で、OMUSUBIに掲載されている保護犬猫への応募数は新型コロナ感染拡大前の2020年1月比+55%と大幅に増加している。外出自粛により自宅で過ごす時間が増えたことで、ペットを迎えることを検討する方が増えていると言える。

感染拡大の影響で今後は保護団体側の資金、人手不足も大きく懸念される。OMUSUBIとしてはこの難局を新しいサポート方法の創出の良い機会と捉え、オンラインお結び会を含め、「理想的な迎え方」を提案する施策を打っていく予定でいる。

「オンラインお結び会」の実施状況について

保護犬猫は「かわいそう」とネガティブな印象を持たれがちだ。しかしOMUSUBIでは犬猫たちの過去やハンデは個性的な魅力であると考えている。オンラインお結び会では犬猫たちの魅力を伝える発信を意識し掲載している。

すでにオンラインお結び会をきっかけに、新しい家族も見つかっている。今回掲載した団体からのコメントを紹介する。

参加した保護団体の声

現在新型コロナの影響で譲渡会を中止されている団体様がほとんどだと思います。
当団体もそのうちのひとつです。

私たちの施設では保健所やセンター、飼い主様他界からの引き取りが大半を占めています。
世間が大変な時であっても、困っている動物たちの保護依頼は後を経ちません。
その子達に手を伸ばす為にも、譲渡活動は大切だと考えています。

今回 #オンラインお結び会 に募集情報を掲載したところ、すでに猫ちゃん3匹に素敵なご縁に繋げることができました。
さらにSNSで投稿をご覧になられた方から応援のメッセージもいただき、活動の励みとなっています。

今この状況下で自分に何ができるかを考え活動してまいります。
OMUSUBIさま、可能性を広げてくださりありがとうございます。

一般社団法人 Reef Knot

代表 飛田 俊

OMUSUBI(お結び)とは

OMUSUBIは保護犬猫と迎えたい人を結ぶマッチングサイトである。現在、日本では年間3.8万匹の犬猫が殺処分されています(※)。OMUSUBIはより多くの犬猫と「一生の家族」を結び、課題解決を目指している。2020年3月時点で会員数は1万3,000人を突破し、審査を通過し登録している保護団体が全国に約130団体。審査制マッチングサイトとして日本一の規模に成長している(※当社調べ)。飼育放棄の原因である衝動買いによるミスマッチを減らすため、犬や猫のプロフィールと迎えたい方の嗜好データを通して相性度を表示するデータレコメンド機能を提供している。

※環境省「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況(平成30年度)」

関連記事

・犬猫の殺処分問題の現状を獣医師が解説 〜殺処分ゼロの課題と蛇口を締めるために必要なコト(https://petokoto.com/articles/2172

・【速報】犬猫の殺処分数が3.8万匹に減少 過去最低でも1日105匹が殺処分(https://petokoto.com/articles/2663

・「殺処分ゼロ」からもう一歩進むために。シロップ共同プロジェクト発足のお知らせ(https://petokoto.com/articles/1846

シロップの想い

シロップは、「人が動物と共に生きる社会をつくる」をミッションに掲げるペットライフカンパニーである。
20名弱のメンバーは女性が大半で、全員が犬や猫の飼い主または飼育経験者だ。

目黒にあるオフィスでは、犬や猫と同伴出勤が可能で、犬や猫にも配慮したペットフレンドリーな設計である。(現在は全員がリモートワークで犬や猫と自宅で働いている)

代表の大久保はもともと犬や猫が苦手でしたが、「足が内股」という理由だけで生体販売の流通から漏れていたコーギーの保護犬と出逢い、家族である犬や猫と飼い主が命を大切にできる環境を作りたいと、事業を展開してきた。コーギーはコルクと名付けられ、4歳となり元気に暮らす。

現在は、迎え方を豊かにするため、保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)を展開し、育て方を豊かにするためにペットライフメディア「ペトこと」、人が食べても美味しいカスタムフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」を展開している。

これからも、愛犬家、愛猫家が集まる会社として、ペットライフを家族の在り方の一つにすることを目指す。

社名株式会社シロップ
設立2015年3月23日
所在地東京都品川区上大崎3丁目14-1
代表者代表取締役社長 大久保 泰介
事業概要 ペットに関わるインターネット関連サービス
URLhttp://syrup.co.jp


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント