12.8 C
Japan
木曜日, 8月 13, 2020

コロナで譲渡会が開催できない保護犬猫の架け橋に「#オンラインお結び会」

保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」(https://omusubi-pet.com/ )を運営するペットライフカンパニーのシロップは、新型コロナの感染拡大に伴う譲渡会の中止を受け、オンライン上での譲渡機会を創出するため「#オンラインお結び会」プロジェクトをスタートした。

「オンラインお結び会」とは

「#オンラインお結び会」は、家族を待っている保護犬・保護猫の情報をOMUSUBI公式Instagramアカウント(https://www.instagram.com/omusubi_pet/)にて発信するプロジェクトである。SNSの拡散力と犬猫たちの個性を伝える工夫を合わせることで、オンライン上での譲渡機会の創出を促進していく。

また、外出自粛の影響でペットを迎える方が増加している傾向を鑑み、安易なお迎えを防ぐための情報発信も実行している。

プロジェクトを実施する背景

新型コロナウイルスの影響を受けているのは人間だけではない。OMUSUBIに登録している保護団体を対象に影響調査アンケートを実施したところ、約9割が「新型コロナの影響を受けている」と回答。その影響項目として「譲渡会中止による譲渡機会の減少」がもっとも多い結果となった。(調査アンケートは現在も継続している)

一方で、OMUSUBIに掲載されている保護犬猫への応募数は新型コロナ感染拡大前の2020年1月比+55%と大幅に増加している。外出自粛により自宅で過ごす時間が増えたことで、ペットを迎えることを検討する方が増えていると言える。

感染拡大の影響で今後は保護団体側の資金、人手不足も大きく懸念される。OMUSUBIとしてはこの難局を新しいサポート方法の創出の良い機会と捉え、オンラインお結び会を含め、「理想的な迎え方」を提案する施策を打っていく予定でいる。

「オンラインお結び会」の実施状況について

保護犬猫は「かわいそう」とネガティブな印象を持たれがちだ。しかしOMUSUBIでは犬猫たちの過去やハンデは個性的な魅力であると考えている。オンラインお結び会では犬猫たちの魅力を伝える発信を意識し掲載している。

すでにオンラインお結び会をきっかけに、新しい家族も見つかっている。今回掲載した団体からのコメントを紹介する。

参加した保護団体の声

現在新型コロナの影響で譲渡会を中止されている団体様がほとんどだと思います。
当団体もそのうちのひとつです。

私たちの施設では保健所やセンター、飼い主様他界からの引き取りが大半を占めています。
世間が大変な時であっても、困っている動物たちの保護依頼は後を経ちません。
その子達に手を伸ばす為にも、譲渡活動は大切だと考えています。

今回 #オンラインお結び会 に募集情報を掲載したところ、すでに猫ちゃん3匹に素敵なご縁に繋げることができました。
さらにSNSで投稿をご覧になられた方から応援のメッセージもいただき、活動の励みとなっています。

今この状況下で自分に何ができるかを考え活動してまいります。
OMUSUBIさま、可能性を広げてくださりありがとうございます。

一般社団法人 Reef Knot

代表 飛田 俊

OMUSUBI(お結び)とは

OMUSUBIは保護犬猫と迎えたい人を結ぶマッチングサイトである。現在、日本では年間3.8万匹の犬猫が殺処分されています(※)。OMUSUBIはより多くの犬猫と「一生の家族」を結び、課題解決を目指している。2020年3月時点で会員数は1万3,000人を突破し、審査を通過し登録している保護団体が全国に約130団体。審査制マッチングサイトとして日本一の規模に成長している(※当社調べ)。飼育放棄の原因である衝動買いによるミスマッチを減らすため、犬や猫のプロフィールと迎えたい方の嗜好データを通して相性度を表示するデータレコメンド機能を提供している。

※環境省「犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況(平成30年度)」

関連記事

・犬猫の殺処分問題の現状を獣医師が解説 〜殺処分ゼロの課題と蛇口を締めるために必要なコト(https://petokoto.com/articles/2172

・【速報】犬猫の殺処分数が3.8万匹に減少 過去最低でも1日105匹が殺処分(https://petokoto.com/articles/2663

・「殺処分ゼロ」からもう一歩進むために。シロップ共同プロジェクト発足のお知らせ(https://petokoto.com/articles/1846

シロップの想い

シロップは、「人が動物と共に生きる社会をつくる」をミッションに掲げるペットライフカンパニーである。
20名弱のメンバーは女性が大半で、全員が犬や猫の飼い主または飼育経験者だ。

目黒にあるオフィスでは、犬や猫と同伴出勤が可能で、犬や猫にも配慮したペットフレンドリーな設計である。(現在は全員がリモートワークで犬や猫と自宅で働いている)

代表の大久保はもともと犬や猫が苦手でしたが、「足が内股」という理由だけで生体販売の流通から漏れていたコーギーの保護犬と出逢い、家族である犬や猫と飼い主が命を大切にできる環境を作りたいと、事業を展開してきた。コーギーはコルクと名付けられ、4歳となり元気に暮らす。

現在は、迎え方を豊かにするため、保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)を展開し、育て方を豊かにするためにペットライフメディア「ペトこと」、人が食べても美味しいカスタムフレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS」を展開している。

これからも、愛犬家、愛猫家が集まる会社として、ペットライフを家族の在り方の一つにすることを目指す。

社名株式会社シロップ
設立2015年3月23日
所在地東京都品川区上大崎3丁目14-1
代表者代表取締役社長 大久保 泰介
事業概要 ペットに関わるインターネット関連サービス
URLhttp://syrup.co.jp


PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。