12.8 C
Japan
土曜日, 8月 15, 2020

ディープテック スタートアップは世界を変えるのか

シェアリングエコノミー、フィンテック、ブロックチェーン、IoT、ロボティク…。スタートアップ業界では様々なブームが巻き起こります。とりわけ、いま注目を集めているのが「ディープテック」です。
※この記事は、2019年10月23日、Story Design houseがDeepTech Impactにて公開した記事を転載しています。

スタートアップ業界にもブームがある

9月には『ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」』という書籍が発売され、話題になっています。

また、2019年10月26日号の「週刊ダイヤモンド」の特集は「5年で大化け!サイエンス&ベンチャー105発」。見出しの言葉こそ違っていますが、ディープテックを正面から扱った内容です。

そもそも、ディープテックとはなんでしょうか。 まだ定義がはっきり定まっていない言葉ですが、下記のような特徴があるといえます。

大学や研究機関などで培われた技術をコアに構築されたビジネスモデル
・事業化してマーケットに出るまでに、莫大な投資を必要とする
・成功したあかつきには、世の中に大きなインパクトを与えうる事業

これまでのスタートアップ業界では、初期投資が少なく、事業化までの期間が短いWebサービスへの投資が目立っていました。
しかし現在はその逆ともいえる、ディープテックを武器に起業するスタートアップへの注目度が上がっています。VC(ベンチャーキャピタル)による、ディープテック領域を投資対象としたファンドの設立も増えてきました。

スタートアップにはお金も時間も必要

何度かのベンチャーブームを経験し、日本におけるスタートアップへの投資は、この数年でようやく盛んになり始めました。

ニッセイ基礎研究所のレポートによれば、大企業がCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)を設立する流れが出てきたのは2012〜13年頃から。日本企業がCVCなどを通じてスタートアップに投資した金額は、2018年には1300億円を超えました。2017年の2倍近くに増えたようです。

スタートアップ、特にディープテック・スタートアップが成長するためには、お金も時間も掛かります。たとえば、超小型人工衛星によるビジネスを展開するアクセルスペース。2013年に世界初の民間商用小型衛星を、2019年にはJAXAと提携した小型衛星を打ち上げるなど、躍進を続けています。いまでこそ、アメリカのスペースXや、堀江貴文氏のインターステラテクノロジズの成功によって宇宙ビジネスは認知されてきました。

しかし、アクセルスペースが創業した2008年当時は、スタートアップが宇宙ビジネスに挑戦することは一般的ではありませんでした。アクセルスペースを創業直後から支援してきた組織のひとつに、TEP(TXアントレプレナーパートナーズ)があります。大学や研究機関などの先端技術を持ったディープテック・スタートアップを、エンジェル投資家が支援する組織です。

研究とビジネスのあいだには、果てしなく遠い距離があります。どんなに素晴らしい技術であっても、それがビジネスとして実現できるかは別の話です。
遠く離れた両者をつなぎ、社会を広げる仕組みが必要とされています

ディープテックにフォーカスしたイベントが多数開催

世界各地で開催されている、スタートアップが一同に会するイベント。フィンランドで2008年に始まり毎年開催されているSlush、2016年からフランスで開催され始めたVivaTech、さらにシンガポールのEchelon Asia SummitやTech in Asiaなどが広く知られていますが、その舞台は日本にもあります。

私たちStory Design houseでは、先述のTEPをはじめ、ディープテックに関わる団体や企業、イベントの広報PRをお手伝いしています。たとえば、毎年柏の葉キャンパス地区で開催されるアジア・アントレプレナーシップ・アワード(AEA)。アジアのディープテック・スタートアップが集結するイベントです。日本でベンチャー支援がさほど活発ではなかった2012年から開催されています。

また、台湾を拠点とする非営利インキュベーター組織 Garage+(ガレージ・プラス)も、彼らがハブとなって日本企業と世界のディープテック・スタートアップをつなぐ動きを進めています。2019年にはGarage+の日本企業向けメンパーシップクラブ Asia Startup Express / 亜州創業特急 がスタートしました。

期待されている日本

AEAもGarage+も、世界のディープテック・スタートアップが日本に集まってくるイベントです。日本はマーケットとしてまだまだ魅力的。また、海外からの日本企業の技術力への信頼度は強く、協業によって大きなイノベーションを生み出せるのではないかという期待があるようです。CVC投資が増え、日本企業がオープンイノベーションに積極的になってきたことで、海外のディープテック・スタートアップが進出しやすい環境が醸成されつつあります。

Garage+代表のジョセフィーヌ氏は、「日本のモノづくりへの知見は深く、また距離的にも心理的にも台湾と近い。アジア経済の発展を目指す長期的なビジネスパートナーとして、積極的に連携していきたい」と語っています。

日本には課題先進国であるという側面もあります。少子高齢化による労働力不足など、これから世界が直面していく課題をディープテックは解決できるのか。その技術が市場にマッチするか、ビジネスとして成立するかは、実際に試してみないとわかりません。日本企業との協業によって挑戦的なサービスが展開されることも期待されます。

ディープテックは世界を変えるのか

インターネットは世界を大きく変化させました。そしていま、ディープテックが世界を変えようとしています。5Gなどの通信インフラや、AIを活用したコンピューティングなど、あらゆる技術が急速に進化しています。IT産業だけでなく、既存の産業構造にも技術革新の流れが訪れ、大きなインパクトを生み出す可能性が大きくなっている。それは従来の産業全体のアップデートにつながっていきます。

まったく新しい産業が創造されるときは、すぐそこまで来ているのかもしれません。

執筆
Story Design houseは「意志あるところに道をつくる」をミッションとして、企業や団体のコミュニケーション戦略パートナーとして活動しています。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。