12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

ラーメン店の事業承継問題を解決するマッチングサイト 「バトンタッチ」サービスの提供を開始

バトンタッチは、ラーメン専門店の事業承継マッチングサイト『バトンタッチ』を立ち上げ、サービスを開始した。

ラーメン専門店の事業承継問題

ラーメンブームが謳われるようになって30年以上経ち、現在日本では30,000軒以上のラーメン店が存在し、1年間でその3〜4割が閉店すると言われている。「経営が上手くいっていない」「後継者がいない」等の悩みを抱えている店主も多く、たくさんのラーメン店が閉店を余儀なくされている。

事業承継マッチングサイト『バトンタッチ』について

そのようなラーメン業界の課題を解決すべく、行列の絶えないつけめん店として拡大し六厘舎ブランドを確立した株式会社松富士と、10年間で通算200万食以上を提供しているつけめんとラーメンの祭典「大つけ麺博」を企画運営する株式会社ブルースモービルがタッグを組み、ラーメン専門店の事業承継マッチングサイト『バトンタッチ』(https://b-t.jp)を立ち上げた。
後継者課題を抱えているラーメン店店主や、新しくラーメン店をオープンさせたい個人・法人などが幅広く利用可能なサービスである。設備投資や従業員教育などの負担軽減や常連客の引継ぎなど、新規参入の障壁が低くなることがメリットだ。
「こだわりの味を後世に残していきたい」、「美味しいラーメン店の廃業をなくしたい」という思いを胸に、良質なサービスを提供する。

六厘舎店主 三田遼斉の想い

三田遼斉

「戦後、食べ物がない時代に生まれた『ラーメン』は50年前、一杯35円という時代もあり、庶民によりそった商品でした。しかし今やそのラーメンが日本を飛び越え、『世界の食べ物』となっていると言っても過言ではありません。
ラーメン業界に携わり、そういったラーメン文化を培って頂いた諸先輩の味を全国で口にすることが多々あり、お話を伺う機会もございます。そんな中、感動する味を作り上げるお店ながら、後継者がいなく閉店を余儀なくされる店主さんが非常に増えてきていると実感しています。
世界に発信できるラーメン文化が醸成される反面、その文化を培ってきたお店が後継者問題で閉店する。確かな味をつくり、その地域のお客さんに愛されているお店が、この世に無くなってしまう無念さを感じておりました。
店を誰よりも愛する店主さんのためにも、その店を愛しているお客さんのためにも、そしてラーメン業界の今後の為にも、“誰かが立ち上がらなければいけない”と考え、今回『バトンタッチ』を立ち上げました。 
私が今出来るラーメンへの恩返しは、諸先輩の味を引き継ぎ、精一杯のサービスでお客さんをお出迎えすることだと考えています。どんな些細な事でも、このサイトを通じてご相談ください。心よりお待ちしております。」

※【六厘舎】つけめんブームを牽引した日本を代表する人気店。

「バトンタッチ」ご利用の流れ

URL: https://b-t.jp

運営会社について

社名株式会社バトンタッチ
※株式会社松富士と株式会社ブルースモービルの合同出資で設立
所在地東京都港区西麻布1−7−9 綿工連西麻布ビル 1階
代表者井上淳矢
事業概要ラーメン店専門事業承継マッチングサイト『バトンタッチ』の運営
社名株式会社松富士
所在地東京都千代田区内神田2-2-5 光正ビル7F
代表者竹田和重
事業概要飲食店の運営(六厘舎、舎鈴など)、食品の製造販売
URLhttps://www.mtfj.co.jp/
社名株式会社ブルースモービル
所在地東京都港区西麻布1−7−9 綿工連西麻布ビル 1階
代表者井上淳矢
事業概要テレビ番組・イベント・CM・広告の企画制作、レストランの運営
URLwww.bluesmobile.co.jp/
プレスリリース発表元企業:株式会社バトンタッチ
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント