12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

【Steams #1】「共創事業を創出するためのクラウドサービスSteams」とは?

Creww は、”共創”という手法で新しい事業の創生・既存事業の成長を促すためのクラウドサービス、Steamsの運営を開始した。本連載は、新規事業を形にする為に何が必要なのか、Steamsはそのツールとしてどう活きるか、サービスの紹介とともに考察されている。

”共創”という手法で新しい事業の創生・既存事業の成長を促すためのクラウドサービスSteams(スチームス)のプロダクトマネージャー本間による、「Steams活用のための連載」が始まります。第1回目はSteamsのサービス概要と具体的な使用についてのお話です。

Steamsとは何か?

Steamsとは、簡単に表現すると「共創事業を創出するためのクラウドサービス」です。Steamsの概要については、こちらの記事をご覧ください。

共創とは:[名]異なる立場や業種の人・団体が協力して、新たな商品・サービスや価値観などをつくり出すこと。コクリエーション。

デジタル大辞泉

「新規事業を作りたい」「既存の事業に革新的なバージョンアップを施したい」という企業様に対して、”共創”という手法(思想)で新しい事業の創生・既存事業の成長を促すためのツール、それがSteamsです。トレンドの文脈でいえば「オープンイノベーション」を実現するクラウドサービスと同義です。
https://steams.in/

具体的には何ができるのか?

共創で事業を開発するには3つのポイントが必要です。

ポイント①:「決める」

決めるとは「やるかやらないか」を決断することではなく、
・何を目的として共創に取り組むのか
・共創でどんな世界を実現したいのか
・どういった相手と共創したいのか
・共創相手に提供できる「メリットや価値」は何なのか

など、共創を行う上で必要な要素を決めることです。「とりあえず何か新規事業をつくりたいから、誰か一緒にやってくれませんか」と、共創相手を探しても誰も一緒にやってはくれませんよね。

○○を目指すために、△△を持つ企業と一緒に共創で新規事業を作っていきたい。」「私たちは■■を持っているから、あなたたちの持っている△△を組み合わせれば、今までにないこんなことが出来るのでは?」そんな形で「共創での事業開発」の骨格を決めていくことが大切なのです。

Steamsでは、共創による事業開発を行うにあたり必要な「決めるべき項目」を画面上に入力するだけで、共創プログラムが簡単に作れます。

ポイント②:「集める」

共創には必ず相手が存在します。その相手をどう探すのかというお話です。「すでに多くの企業とコネクションがあり、こちらから直接声をかければ、パートナーになってくれる企業がたくさんいる」という企業さんは話が別ですが、一般的な企業が共創に取り組む際は「募集制」を行うケースが多いです。募って募集をかけます。つまり、1ポイント目の ”「共創での事業開発」の骨格” をもとに、一緒にパートナーシップを組める相手を探せるかどうかがカギになってきます。

共創相手の持っている技術や商品、掲げているビジョンやミッション、担当者の人柄や熱意など…多角的な観点から共創相手を探していかなければなりません。ではどうやって探すのか。

Steamsでは、4500社以上のスタートアップに対して広く共創プログラムの開催を告知できます。これは、過去8年以上スタートアップのコミュニティを運営してきたCreww株式会社だからこそ。

ポイント③:「創る」

“「共創での事業開発」の骨格” も決まった。相手も集まった。さて、そこからどうしようか?ということにならない様に、両社間で議論を交わしながら「本当にこの会社と事業開発するべきか」の判断をする必要があります。それをプログラム形式(一定期間で、特定のステップを踏みながら共創相手を決めていく)で行っていくのがアクセラレータープログラムという形式です。広く共創相手を公募し、選考とブラッシュアップを繰り返しながら採択を行い、採択した企業と実証実験(本当に事業化すべきかを判断する実験)を行います。これが大まかなアクセラレータープログラムの流れです。

ここで出てくる「選考」と「ブラッシュアップ」。広く募った事業アイデアを評価し選考する、選考に通過した企業とは両社でディスカッションをしながらよりいいアイデアになるように磨き上げていく。数十もの共創相手候補から出てきたアイデアを管理し、評価付けし、相手とディスカッションをした結果出てきた”磨かれたアイデア”をアップデートしていく。これが大変です。エクセルでやろうと思えば出来ますが、
「あれ、このシート更新されてなくない?」
「この共創相手とどこまででディスカッションしたっけ?」
「評価って…何を持って良し悪し決めるのだろ、、、」等が起こり得ます。

Steamsでは、共創候補から提案があった事業アイデアを1元管理し、評価・選考をログを残しながら行っていくことができます。どんな案が集まっているのか・どんな軸で評価をするか・なぜこの案を選考通過させたのかなど、チームメンバー全員で同じ情報を見ながら認識を合わせ、共創事業の創出を行うことができるのです。

このポイント自体はSteamsを利用するしないにかかわらず、とても大切なポイントです。そして、何よりも大切なのは「熱意」。新規事業をかたちにするには熱意が必要です。共創パートナー任せではなく、両者が一緒になってアイデアを考え抜くことで新しい事業のタネは生まれます。

執筆
本間 和城 
Creww株式会社 Steams Team ProductManager

2012年に大手Web広告会社に入社後、Web広告を活用したプロモーション戦略の企画~運用までを担当。新規サービスの立ち上げや事業アライアンスも行い、2015年下期、全社MVP獲得。2016年には、マイナビ出版より『基礎から学ぶWeb広告の成功法則』を単著で出版。現在はCreww株式会社で、BtoB SaaSの新規事業におけるプロダクトマネージャー兼カスタマーサクセスとして幅広く業務に従事。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント