12.8 C
Japan
水曜日, 12月 2, 2020

香りの超感覚体験をつくる!共創型プロフェッショナル集団「セントマティック」誕生!

SCENTMATIC株式会社(セントマティック)は、香りの超感覚体験をつくる共創型プロフェッショナル集団として11月22日に設立された。今後、オープンイノベーションで様々な企業・団体と連携し、香り×UX(ユーザー体験)×ITを駆使した新しい価値を創出することで、心豊かな社会づくりを目指す。また、第一弾のプロジェクトとして、香りと言語の変換システム「KAORIUM(カオリウム)」を開発した。

香りの超感覚体験で心豊かな社会づくりへ

近年、香りに関する科学的な研究が進展し、香りの持つ様々な可能性が解明されつつある。2019年3月には、東京大学から「意識して香りを嗅ぐことに、右脳、左脳の両脳が関与する」という研究結果(※1)が発表されました。人の生活を豊かにする触媒として、香りの持つ可能性に対する期待が高まっています。

一方、香りは、目に見えず、曖昧です。また、一人ひとりが多様な感じ方(Cognitive Diversity)を抱くプライベートな要素を多分に含みます。そのため、香りの可能性を引き出して豊かな社会づくりに生かすためには、香りを届ける「体験(UX:ユーザーエクスペリエンス)」や、個々の感覚を分析する情報テクノロジー(IT)が求められます。

このような背景から、香り×UX×ITがもたらす新たな体験感覚「香りの超感覚体験」に着目し、香りを通して心豊かな社会を目指す共創型プロフェッショナル集団としてセントマティックが誕生しました。

※1「注意が脳での嗅覚処理に及ぼす影響 ―脳波計測により匂い呈示後1秒以内の脳活動の変化を検出―」
発表者:Singh Archana K (東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 特任研究員:研究当時)
東原 和成(東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 教授)
岡本 雅子(東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 特任准教授)

香りと言葉の変換システム「KAORIUM」を開発

セントマティックは、香りの超感覚体験という価値を具現化するため、香りと言葉の変換システム「KAORIUM」を開発した。「KAORIUM」は、世の中に存在する様々な香りを「感性表現の言葉」に変換すると同時に、言葉から香りを選び出すことができるシステムだ。例えば、ある香りを持つミニボトルを「KAORIUM」のパネルに置くと、その香りを感性的に表現した言葉(例:「あっさり」「爽やかな」「さっぱりした」など)の相関図がパネル上に出現する。

さらに、その相関図から言葉を一つ選ぶと、その言葉の印象を持つ香りのミニボトルリストが示される。この操作を通じて、ユーザーは選択した言葉(例:「すっきり」)にフォーカスして香りを比べることができるため、自分自身にとっての「すっきり」という言葉と香りを強く結びつけた感覚を得ることができる。

 オープンイノベーションで共創する

セントマティックは、香りと言葉の変換システム「KAORIUM」を生かし、香りの超感覚体験を作り出す上で、様々な領域の企業・団体等との共創で新たな価値を創造していく。

 香り×UX×ITがもたらす香りの超感覚体験の応用範囲は、教育、飲食、アート&エンターテインメント、ショッピングなど、極めて多岐にわたります。事業開発段階から数多くの企業・団体からの申し入れを受ける形で、すでに共創型プロジェクトが進んでいる。

セントマティックは、香りの超感覚体験をつくる共創型プロフェッショナル集団として、様々な領域のパートナーとのオープンイノベーション活動を通して、心豊かな社会づくりを目指している。

会社名SCENTMATIC株式会社
ローンチ2019年11月22日
住所東京都港区元麻布三丁目1番35号
代表取締役栗栖 俊治
会社HPhttps://scentmatic.co.jp/
プレスリリース発表元企業:SCENTMATIC株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。