12.8 C
Japan
水曜日, 9月 28, 2022

Sun* 、農林中央金庫から約10億円の資金調達を実施

株式会社Sun Asteriskは、国内最大規模の機関投資家である農林中央金庫を引受先とする第三者割当増資を行い、約10億円の資金調達を実施したことを発表。

本ラウンドは当社にとって初の外部資金調達となり、2020年年初をラウンドクローズとし金融機関および事業会社などより最終調達金額は20億円を予定している。また本増資に併せて各引受先企業との業務提携を進めていく方針だ。

Sun*は、ソフトウェア・アプリ開発事業を主軸に2012年に創業し、これまで300以上のサービス、プロダクト支援をしてきた。世界中で1,000名以上のIT人材を抱え、ビジネスにテクノロジーを実装することを強みとしたデジタル・クリエイティブスタジオとして事業を拡大し、現在では、スタートアップスタジオ事業やアクセラレート事業によるスタートアップ支援のみならず、エンタープライズ企業のDXやR&Dなど、支援の形を広げている。

DXの推進が全産業で急がれる中、経産業省のまとめたIT人材需給に関する調査報告書*によると今まで以上に国内のIT人材が恒常的な不足に陥る試算だ。そして、社会のデジタルシフトを推進できるテクノロジー人材は世界的にも枯渇しており、Sun*では2013年頃から産学連携における教育事業を通してテクノロジー人材を育成する事に取り組んできた。

今回の調達資金は、クリエイティブスタジオの中長期的な成長基盤の強化と、現在ベトナム国内で3大学約1,500名に提供しているテクノロジー人材育成プログラムを多国展開含めた本事業の拡大、さらに各国のスタートアップの創出(スタートアップスタジオ事業)と投資を含めたアクセラレート事業に投資することで、DXソリューションの継続的かつ拡大的な提供を目指すものである。

代表コメント

創業から今まで、Sun*は外部からの調達は行わず自己資本で成長を続けて来ました。しかし、我々の目指すビジョンを実現するには、より圧倒的なスピードでの事業展開が必要だと判断し、今回の資金調達の決断をいたしました。

農林中央金庫にリードインベスターになっていただき、経営基盤の強化をすることで、僕ら自身がAwesome thingsを産み出すことに注力出来る環境をつくり、サービスを強化していきます。昨今海外VCや機関投資家による日本の未上場企業への投資などが増えて来ていますが、市場運用資産60兆円を超える農林中央金庫によるSun*への投資が、国内機関投資家のスタートアップへの投資を加速させ、資金調達の多様化が進むと良いなと思っています。

農林中央金庫の皆さんに支援していただき、一緒にチャレンジが出来ることにすごいワクワクしています!しっかり結果を出しながら、恩返ししていければと思います。
Sun*のビジョンである「世界中の誰もが価値創造に夢中になれる社会」を実現するインフラとなれるよう、才能やアイデアの「種」を照らし、育てて行くので今まで関わってくれている皆さん、ここからのSun*に期待して下さい!

農林中金からのコメント

農林中央金庫は2019~23年度中期経営計画を策定し、非連続な変化の時代の中、「変化を追い風に、新たな価値創造へ挑戦」していくことを目指しています。投資ビジネスにおいては、投資手法の進化に取り組んでおり、国内企業への直接投資をはじめ、様々な分野でのチャレンジを開始しています。

 Sun*は、幅広い企業に対する新たな価値創造のサポートを行っており、農林水産業を含めた日本の産業界の発展に大きく貢献していく企業であることから投資を決めました。新たな取り組みにおける直接投資の初号案件として、金融面のサポートにとどまらず、ともに事業成長を目指していきたいと考えています。Sun*の皆さん、よろしくお願いします。

◆ Sun*について

Sun*は、「Create a world where everyone has the freedom to make awesome things that matter.」をビジョンに掲げ、だれもが価値創造に夢中な世界を目指しており、2012年創業、現在4ヶ国、6都市にて1500名以上が在籍するビジネスにテクノロジーを実装することを強みとしたデジタル・クリエイティブスタジオです。最新テクノロジーを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)推進、0 to 1からのスタートアップスタジオ、プロフェッショナルなIT人材の育成を主な事業としています。

社名株式会社Sun Asterisk
設立 2012年
所在地東京都千代田区神田紺屋町15番地 グランファースト神田紺屋町9F
代表者小林 泰平
事業概要ソリューション事業、プロダクト事業、インキュベート事業、人材育成事業
URL https://sun-asterisk.com
プレスリリース発表元企業:株式会社Sun Asterisk
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント