12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

副業・兼業などの越境活動を通じた自律的な学びのプラットフォーム「副業特区」をリリース

株式会社エンファクトリーは、企業が副業解禁のリスクを可視化でき、そのメリットを享受できる「副業特区」を11月18日より開始した。「副業特区」は、 弊社が運用する「Teamlancer(チームランサー)※」を活用し、副業・兼業などの越境活動を通じた自律的な学びの場を提供する。

※Teamlancer(チームランサー) …パラレルワーカーやフリーランスがチームやプロジェクトを通じて、自律的に学び、越境活動が行える機会提供プラットフォーム。2017年5月からサービス開始、会員3,400人超、チーム・プロジェクト260件超。https://teamlancer.jp

取り組みの概要

2019年6月に政府が閣議決定した「成長戦略実行計画(※)」では、副業・兼業の拡大が「スキルや経験の獲得を通じた本業へのフィードバックや、人生100年時代の中で将来的に職業上別の選択肢への移行・準備も可能とする」とし、企業においても「モデル就業規則等の普及促進や取組事例の展開等により、希望する者が、兼業・副業が可能となる環境を整備する必要がある」とし、副業に関する関心が企業・個人ともに高まっている。一方で、多くの企業は、過重労働などの労務リスクの点から副業解禁に躊躇しているのが現実だ。

エンファクトリーでは、2011年の創業以来「専業禁止」という人材理念を掲げ、パラレルワークを推奨してきた。弊社で副業・兼業する社員は全体の6割にあたり、企業・個人双方がメリットを享受でき、リスクも抑えるノウハウを蓄積してきた。

このような背景から、当社が運用する「Teamlancer」 において、労務リスクを可視化・チェックでき、企業が社員への副業・兼業などの越境活動をはじめとした自律的な学びの場を提供する「副業特区」を開始する。

※成長戦略実行計画 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pdf/ap2019.pdf

サービスの概要

副業特区のサービスは、企業の状況に応じて副業・兼業、外部ノウハウの取り込みといった活用が可能です。企業の人事管理者は、これらの社員の副業活動をTeamlancer上でリスクを可視化しチェックできる。

■活用ケース

(1) 副業・兼業
社員がTeamlancerに登録されているチーム・プロジェクトメンバーとして副業活動することを許可することで、副業の一部試行が可能となります。

(2)社内(グループ企業内)副業・兼業
社内(グループ企業内)に限定した副業・兼業の実施により、社内に埋もれたタレントを発掘・活用でき、事業連携・新規事業創出の幅が広がります。また、部署やグループ企業を跨いだ業務多寡の差を平準化し業務効率化にも活用できます。

(3)外部人材活用/インクルージョン
社内リソースでは難しい、アイデアや発想を外部から獲得でき、オープンイノベーションを遂行するチームの構築が可能になります。

■越境活動を促進するコンテンツの拡充

自律的な学びの機会提供を実現するために、企業・団体と連携しプロジェクトやイベント、セミナー・ワークショップといったコンテンツの拡充を図ります。

【副業特区トライアル導入企業】
株式会社エスプール/株式会社NTTドコモ イノベーション統括部/東急株式会社フューチャー・デザイン・ラボ(社内副業活用)/株式会社ニフコ/株式会社富士通総研 

【コンテンツ提携先企業・団体】
特定非営利活動法人エティック/株式会社 クオリティ・オブ・ライフ/株式会社仕事旅行社/株式会社Schoo(スクー)/株式会社パソナJOB HUB/パラレルキャリア研究所/一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会/ライフシフト・ジャパン株式会社/株式会社Ridilover/一般社団法人WorkDesignLab

「副業特区」の主な機能

■人事管理側機能

(1)副業活動チェック … 社員のTeamlancerでのチーム・プロジェクト登録履歴、また、それ以外の副業・兼業活動を可視化しチェックできます。

(2)副業申請/管理 … 社員が副業活動するにあたっての、申請書提出(アップロード)・承認といった申請フロー機能が活用できます。また、企業毎の副業ガイドライン・申請フォーマットをアップロード・管理も可能です。 (※年内リリース予定)

(3)レポート機能 … 社員が副業活動の時間と内容をレポートでき、人事・管理側がチェックできます。時間については、企業が設定した副業時間を越える手前と越えた場合に自動的にアラートされます。

(4)キーワード検知機能 … 特定のキーワードを登録すると副業申請や活動履歴において一致した場合、人事・管理画に通知されます。企業でリーチしたいキーワードを登録しておくと、新たな事業創出やリスクチェックとして活用できます。 (※年内リリース予定)

■社員側機能

(1)【実践】 Teamlancerを活用して、興味あるチーム・プロジェクトへの参加、必要なメンバーの募集、また、その活動のPR など、副業・兼業を実践できます。

(2)【学び・リカレント】副業・兼業や独立/起業のはじめ方といったイベントで情報を得たり、ワークショップに参加して自身のキャリアを棚卸しするなど、副業・兼業の活動準備ができます。

(3)【専門家サポート】弊社が運用する専門家とのマッチングサービス「専門家プロファイル」に登録している、キャリアカウンセラーや事業コンサルといった専門家に相談することができます。(※年内提供予定)

今後は、当社のノウハウをもとに、社員の副業活動データを活かした「タレントマネジメント活用」、副業・兼業によって得られた社員の知見やアイデアを本業に還流させるための仕組み「社内オープン化制度」などをサービスに組み込んでいき、弊社のミッションとして掲げる「自己実現ターミナル」の創造を目指していきます。

「副業特区会議」のお知らせ

副業特区のリリースに際し、弊社と一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会、一般社団法人WorkDesignLabとの共同で、副業・兼業・越境的活動による人材開発・活性を目的とした特別講演と勉強会を開催する。

■特別講演:これからの時代の個と企業の関係

〜講師:山口周氏(話題の書籍「ニュータイプの時代」「劣化するオッサン社会の処方箋」著者) 〜
日時:2019年12月11日(水) 18:30〜20:00
URL: https://teamlancer-ssbz-sp.peatix.com/

■勉強会:副業特区会議 第2回「副業解禁効果の最大化」

〜人材育成、組織開発、評価マネジメント、イノベーション誘発〜
日時:2020年2月20日(木) 18:30〜21:00
(第1回目開催情報: https://teamlancer-ssbz.peatix.com/

社名株式会社エンファクトリー
設立平成23年4月1日
所在地東京都渋谷区広尾1-7-7 広尾マンション105
代表者加藤健太
事業概要オンラインショッピング・ギフト事業、専門家マッチング事業、プロジェクト開発受託事業・地域支援事業
URLhttps://enfactory.co.jp/
プレスリリース発表元企業:株式会社エンファクトリー
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント