12.8 C
Japan
金曜日, 7月 17, 2020

Crewwが見たスタートアップワールドカップ2020東京予選

シリコンバレーを拠点とするグローバルベンチャーキャピタルであるPegasus Tech Venturesが主催するグローバルピッチコンテスト・カンファレンス「スタートアップワールドカップ2020」。その東京予選をのぞいてみた。世界40以上の国と地域で予選が行われ、地域予選で優勝するスタートアップは、2020年6月にサンフランシスコで開催される世界決勝大会で、優勝投資賞金約1億円と世界チャンピオンの称号をかけて競う。

大手企業のイノベーション、スタートアップとの協業の必要性|パネルディスカッション

法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科 米倉 誠一郎教授

米倉:イノベーションの必要性を国が唱えて20年。状況は変わっておらず、GDPも変わっていない。つまり、やり方を変えないといけない、というのが現状です。大企業という大きな車輪と新しいスタートアップという車輪の2つが回って、今、世界は成長しているんだと思います。

モデレーター:
法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科 米倉 誠一郎教授
パネリスト:
・資生堂代表取締役副社長 島谷 庸一氏
・株式会社クレディセゾン代表取締役会長CEO林野 宏氏
・アリババ株式会社 代表取締役社長 CEO 香山 誠氏

イノベーションの手法を変えなければいけない今、日本の企業を代表して今回のパネリストがスタートアップとの協業の必要性について語られた。

自身が社内ベンチャーという形で緑屋を現在の形に成長させたクレディセゾン。林野氏は緑屋を日本一のカード会社にしただけではなく、海外ではGrabはじめ様々なスタートアップへ投資をしている。投資をすることで、社内の雰囲気が変化していくと言う。また3700万人におよぶ決済データというアセットにスタートアップのテクノロジーを掛け合わせることで、さらなるイノベーションを加速させている。

「お客様商売」という強みを全面に、さまざまなスタートアップとの協業に対しても門戸を広く解放し、オープンイノベーションに足して積極的という特徴だ。

資生堂は創業147年と歴史が深く、伝統や歴史のイメージが強いが、5年前から将来をつくっていこうと、イノベーション変革がおこった。最近はアメリカ、日本、ヨーロッパと3局体制にして、それぞれの地域がイノベーションをどうになうか、という程になっている。化粧品業界が従来のライフサイエンスやマテリアルサイエンスなどの技術開発だけでなく、近年ではテクノロジー系のスタートアップと協業することが増えている。新しい技術、新しい会社を提供するのが使命なので、そこを目指して世界中の技術、テクノロジーとの協業、グローバルでとにかく一番進んでいるスタートアップとの協業を積極的に進めている。

日本の会社でありながら、国ごとの特色を活かして拠点展開をし、それぞれの強い技術と協業していくことで、グローバルと市場に向かって価値提供していっている。スタートアップ側としては大企業との協業の際は、何が求められているかを把握し、自社の提供価値をしっかりと考えることが重要である。

オープンイノベーションと言う定義が出来上がる前、今から30年前よりアメリカの研究機関と協業を行ってきたこともあり、オープンイノベーションについては非常に積極的である。世界的にトレンドにいち早く近づくのはスタートアップと協業、ジョイントであり、それが成果に繋がっているとのことだ。

9〜10億の決済者が「身分特質」「履約能力」「信用歴史」「人脈関係」「行為偏好」の5項目について個々人の点数を算出し、総合点で格付けするジーマポイントを展開するアリババはそのビッグデータが何よりも強い武器である。アルファロメオを350台(半年の目標である)を30数秒で売ったり、同様にマセラティの2000万円台クラスをインターネットだけで10秒ほどで100台を完売することで、ビッグデータの可能性を見せつけた。自社自体がイノベーションの段階にあるとのことで、資生堂などの大手企業との協業が目立つ他、中国国内では可能性のあるスタートアップを次々と買収。日本のスタートアップとの協業はまだないとのことだが、面白い商材をもっているスタートアップでアジアで勝負していきたいとことは、一緒にやってみたいとのこと。

協業の上で一番大事なのは、現実を動かしていく力。本気で何ができるのかを考えないとそこからしか協業はうまれないのかな」という林野氏の言葉が印象深かった。

スタートアップワールドカップ日本代表が決定!

今回都内で開催された「スタートアップワールドカップ2020東京予選」。日本の技術力・ビジネス力で世界をリードしたい。そんな熱い思いを持った選りすぐりのスタートアップが日本代表の座を競った。
満員の観客席の中、ファイナリスト10社がピッチを終え、スポンサー特別賞として、非接触型の静脈・掌紋認証システムを個人認証プラットフォームとして提供する「ノルミー」がマイクロソフト賞、イエバエを活用し、畜産糞尿を有機肥料や飼料に100%リサイクルする循環システムを開発する「ムスカ」がサントリー賞、独自開発の人工知能エンジンをB to B向けに提供する「シナモン」がセガサミーグループ賞を受賞。そして日本代表にはソーラー発電所の設置と太陽光発電システム機器販売する「Looop」が選ばれた。5月のサンフランシスコにおける決勝戦が楽しみである。

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。