12.8 C
Japan
土曜日, 1月 28, 2023

Crewwが見たスタートアップワールドカップ2020東京予選

シリコンバレーを拠点とするグローバルベンチャーキャピタルであるPegasus Tech Venturesが主催するグローバルピッチコンテスト・カンファレンス「スタートアップワールドカップ2020」。その東京予選をのぞいてみた。世界40以上の国と地域で予選が行われ、地域予選で優勝するスタートアップは、2020年6月にサンフランシスコで開催される世界決勝大会で、優勝投資賞金約1億円と世界チャンピオンの称号をかけて競う。

大手企業のイノベーション、スタートアップとの協業の必要性|パネルディスカッション

法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科 米倉 誠一郎教授

米倉:イノベーションの必要性を国が唱えて20年。状況は変わっておらず、GDPも変わっていない。つまり、やり方を変えないといけない、というのが現状です。大企業という大きな車輪と新しいスタートアップという車輪の2つが回って、今、世界は成長しているんだと思います。

モデレーター:
法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科 米倉 誠一郎教授
パネリスト:
・資生堂代表取締役副社長 島谷 庸一氏
・株式会社クレディセゾン代表取締役会長CEO林野 宏氏
・アリババ株式会社 代表取締役社長 CEO 香山 誠氏

イノベーションの手法を変えなければいけない今、日本の企業を代表して今回のパネリストがスタートアップとの協業の必要性について語られた。

自身が社内ベンチャーという形で緑屋を現在の形に成長させたクレディセゾン。林野氏は緑屋を日本一のカード会社にしただけではなく、海外ではGrabはじめ様々なスタートアップへ投資をしている。投資をすることで、社内の雰囲気が変化していくと言う。また3700万人におよぶ決済データというアセットにスタートアップのテクノロジーを掛け合わせることで、さらなるイノベーションを加速させている。

「お客様商売」という強みを全面に、さまざまなスタートアップとの協業に対しても門戸を広く解放し、オープンイノベーションに足して積極的という特徴だ。

資生堂は創業147年と歴史が深く、伝統や歴史のイメージが強いが、5年前から将来をつくっていこうと、イノベーション変革がおこった。最近はアメリカ、日本、ヨーロッパと3局体制にして、それぞれの地域がイノベーションをどうになうか、という程になっている。化粧品業界が従来のライフサイエンスやマテリアルサイエンスなどの技術開発だけでなく、近年ではテクノロジー系のスタートアップと協業することが増えている。新しい技術、新しい会社を提供するのが使命なので、そこを目指して世界中の技術、テクノロジーとの協業、グローバルでとにかく一番進んでいるスタートアップとの協業を積極的に進めている。

日本の会社でありながら、国ごとの特色を活かして拠点展開をし、それぞれの強い技術と協業していくことで、グローバルと市場に向かって価値提供していっている。スタートアップ側としては大企業との協業の際は、何が求められているかを把握し、自社の提供価値をしっかりと考えることが重要である。

オープンイノベーションと言う定義が出来上がる前、今から30年前よりアメリカの研究機関と協業を行ってきたこともあり、オープンイノベーションについては非常に積極的である。世界的にトレンドにいち早く近づくのはスタートアップと協業、ジョイントであり、それが成果に繋がっているとのことだ。

9〜10億の決済者が「身分特質」「履約能力」「信用歴史」「人脈関係」「行為偏好」の5項目について個々人の点数を算出し、総合点で格付けするジーマポイントを展開するアリババはそのビッグデータが何よりも強い武器である。アルファロメオを350台(半年の目標である)を30数秒で売ったり、同様にマセラティの2000万円台クラスをインターネットだけで10秒ほどで100台を完売することで、ビッグデータの可能性を見せつけた。自社自体がイノベーションの段階にあるとのことで、資生堂などの大手企業との協業が目立つ他、中国国内では可能性のあるスタートアップを次々と買収。日本のスタートアップとの協業はまだないとのことだが、面白い商材をもっているスタートアップでアジアで勝負していきたいとことは、一緒にやってみたいとのこと。

協業の上で一番大事なのは、現実を動かしていく力。本気で何ができるのかを考えないとそこからしか協業はうまれないのかな」という林野氏の言葉が印象深かった。

スタートアップワールドカップ日本代表が決定!

今回都内で開催された「スタートアップワールドカップ2020東京予選」。日本の技術力・ビジネス力で世界をリードしたい。そんな熱い思いを持った選りすぐりのスタートアップが日本代表の座を競った。
満員の観客席の中、ファイナリスト10社がピッチを終え、スポンサー特別賞として、非接触型の静脈・掌紋認証システムを個人認証プラットフォームとして提供する「ノルミー」がマイクロソフト賞、イエバエを活用し、畜産糞尿を有機肥料や飼料に100%リサイクルする循環システムを開発する「ムスカ」がサントリー賞、独自開発の人工知能エンジンをB to B向けに提供する「シナモン」がセガサミーグループ賞を受賞。そして日本代表にはソーラー発電所の設置と太陽光発電システム機器販売する「Looop」が選ばれた。5月のサンフランシスコにおける決勝戦が楽しみである。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント