12.8 C
Japan
土曜日, 12月 5, 2020

AnyTechが楽天テクノロジー&イノベーションアワードで金賞!

独自技術の水質判定AI「DeepLiquid」を提供するAnyTech株式会社は、先進的なテクノロジーにより社会にイノベーションをもたらした個人または組織を表彰する「楽天テクノロジー&イノベーションアワード」(審査委員長 三木谷氏)にて金賞を受賞した。

DeepLiquidは環境問題への関心をもたらした

「楽天テクノロジー&イノベーションアワード」とは楽天株式会社が主催する先進的なテクノロジーにより社会にイノベーションをもたらした個人、または組織を表彰するアワードだ。受賞した4社のうち3社をAI企業が占めるなか、当社は本アワードにて一番大きな「金賞」を受賞した。

審査員
・委員長:楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史
・委員:楽天株式会社 副社長執行役員 平井 康文
・楽天技術研究所 代表 森 正弥
・楽天テクノロジーカンファレンスチーム

受賞理由

(楽天プレスリリースより引用)

AnyTech株式会社は、AIテクノロジーのスタートアップ企業であり、水質を分析するディープラーニングテクノロジー「DeepLiquid」(ディープリキッド)を開発しました。

「DeepLiquid」は、水面の映像と画像を処理することにより、水質の監視および分析を可能にする技術で、創業者の島本 佳紀氏は、10年前から研究を開始しました。従来、水質と廃水処理は、水処理施設において水質監視員を雇い、手動で化学センサーを使って行うことが主流でしたが、その精度は低く、結果が不安定であることが課題でした。「DeepLiquid」の開発により、「Liquid Texture Mining」と呼ばれるコアテクノロジーが、人では3日間を要する作業を、わずか1秒間で99%の精度で実施することを可能としました。人による監視の代替となり、膨大なコストの削減にも繋がっています。このコアテクノロジーは今後、微生物分析など、より多くの分野に適用できる可能性を秘めています。­

島本氏は、「DeepLiquid」のようなテクノロジーの活用が、環境問題への関心を高めるとともに、地球環境の保全へと繋がっていくといいます。革新的なテクノロジーをもたらすだけでなく、環境問題への関心をもたらした功績を称え、AnyTech株式会社に本賞を贈ります。

表彰式は今月9日に楽天が開催するテクノロジーイベント「楽天テクノロジーカンファレンス2019」にておこなわれました。

DeepLiquidとは

AnyTechは「AI×流体力学」の知見や技術を活用した世界初の水質判定AI『DeepLiquid』を開発運営し、水処理施設・バイオ医薬品・化粧品・飲料製造工場、自動車関連企業といった様々な企業に提供している。従来、カメラでの流動体の分析は困難を極める事から高額なセンサーが主であった液体の監視・異常検知において、画像による異常検知の実用化に成功している。

これにより監視精度を向上するとともに管理コスト削減に繋げることが可能となる。さらには、プラントや工場の運転自動化を実現し、既存産業に革新をもたらす。

会社名AnyTech株式会社
ローンチ2015年6月5日
住所東京都文京区本郷二丁目25番5号
代表取締役島本 佳紀
会社HPhttps://www.anytech.io/
事業内容AIエンジンの開発及び企業向けシステムの提供
プレスリリース発表元企業:AnyTech株式会社
配信元:PR TIMES
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

自動車業界の大変革期にオープンイノベーションで挑戦するアビスト

「モータリゼーション2.0」と言われる100年に一度の自動車業界のイノベーション大変革期を迎える現在。デザイン性の高い自動車部品の「ボデー」「ランプ」「内装」をメインに、AIや3D-CAD、ハイブリッド関連部品や電装関連部品における技術力に優れる株式会社アビストでは、モータリゼーション2.0に挑戦すべく、2020年の10月に総合技術開発部という新たな価値創造を専門とする部署が立ち上がりました。 アクセラレータープログラムの開催に当たって、今回は本部署の責任者であるアビスト 総合企画本部総合技術開発部 執行役員の金井 孝宣氏にお話を伺いました...

中堅・中小企業とスタートアップのオープンイノベーションのハブとなる関東経済産業局

広域関東圏の経済活性化をミッションに、成長産業の創出や育成、起業・創業の促進、中小企業の経営力強化や取引の適正化、地域資源の活用による稼ぐ力の強化、地域エネルギーの振興やエネルギーの安定供給など様々な政策実施に取り組んでいる関東経済産業局。3年前からオープンイノベーションに注力し、今年度初めて、Crewwとの連携によるアクセラレータープログラムを導入した。地域経済を牽引する中堅・中小企業とスタートアップとの連携パートナーとしての親和性の高さを実証し、モデル事例を広く地域に横展開したいと考えている。そこで、これまでの関東経済産業局の取り組みや、アクセラレータープログラムへの期待などについて、関東経済産業局 地域経済部 産業技術革新課 オープンイノベーション担当の高崎 涼氏に伺った。

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。