12.8 C
Japan
火曜日, 5月 26, 2020

スマホ向けOSを開発するアメグミがシードステージを約1億円でファイナルクローズ

スマホ向けOS「SUNBLAZE OS」を開発するアメグミは、Delight Ventures、事業会社1社、複数のエンジェル投資家から追加で5.3千万円の出資を受け、前回の4.1千万円と合わせてシードステージを9.4千万円でファイナルクローズしたことを発表した。

前回のシードラウンド・ファーストクローズの資金を使いながら、7-9月と世界各国で実証実験を進め、すでにインド企業から10台、ミャンマー企業から10台、ルワンダ企業から10台、ブラジル企業から100台の発注をされた。

同時に、進行中の動作テストは、ウガンダ、マラウイ、インドネシア、日本で行っており、他にもアフリカや東南アジア、南米でも候補先を見つけている。このように世界各国で同時並行でトラクションを作っているスターアップは本当に稀だ。そこに当社株主である元DeNA共同創業者の川田 尚吾 氏から、Delight Venturesを紹介された。

背景インタビュー

すでに代表の常盤は日本国内のほとんどのシードVCの担当者にお会いしており、まったくもって出資に至らなかったため、完全にエンジェル投資家と会うことだけに専念していました。

特にシードVCの弊社に対して出資が難しい理由は「海外展開」にあります。海外展開するスターアップが出資されづらい理由と、そこから海外展開しようと思うスタートアップが出てこなくなる悪循環を以下に説明します。

・マザーズという売上・利益が低くても上場できる環境が存在する。
・投資家側もマザーズ上場によって少なくともリターンがしっかり得られるなら、そこまでリスクの高くない国内市場を狙ったスターアップに投資をする。
(投資を受けたスタートアップが海外展開するなら投資家が反対することもよく聞くほど)。
・結果的に投資家側は、ファンドを組成する際に目論見書上に「国内産業に資するサービスにのみ投資する」と決めたり、海外市場の学習すらしていないという状況になる。
・スターアップ側も投資家から資金を得られにくい国外よりは、得られやすい国内の産業で起業するようになる。
・良い人材が会社に集まったり、人が大きく成長するのは未上場時の会社の場合が多い。はやめに上場できる日本の場合、一度上場を経験した人が視座が高くなって次は海外展開を目指す起業をする人材が育ちにくい。
(未上場会社に良い人材が流れる理由は、ストックオプションなどのインセンティブがあることと、上場会社よりも安定しない「イメージ」が強いところにあえて行き、実際安定していない場合は社員自ら安定させるために能力が磨かれていくことにある)
・ある程度日本でトラクションを作った次に海外展開を掲げるが、日本の経済環境が特異すぎて(例えば日本は20年間給料の水準が上がっていない)、日本で検証したニーズが海外でも再現せず、海外展開しても失敗してしまう。最初からやり方を間違えていただけなのに、その結果さらに「海外展開」のイメージが悪くなる。
・英語を話せる人は少数派であり、異文化コミュニケーションや普段とは違う環境での生活に慣れていない側面も少なからず存在する。
・日本の市場自体もGDP3位であり、一人当たりGDPも高く、日本語であるため海外からの参入障壁も高く、起業家が少ないため競合も生まれづらく、地理的にも営業しやすく、TVCMによる宣伝のしやすさというメリットも存在するが、もちろんそれは会社が成長する限界にもなる。代表の視座の高さ次第となる。

上記が相まって、日本の平均リターンは1.2倍である。

※ベンチャーエンタープライズセンター(VEC、東京・千代田)のベンチャー白書2018によれば10~14年に日本で設立されたVCファンドの平均リターン(分配金と残存資産価値の合計額を出資金額で割った比率)。米国は2倍程度とされる。

そのため今回もまず無理だろうと思っていましたが、実際に担当者の渡辺大さんにお会いしてみると、他のシードVCとは少し毛色が違いました

そもそもDelight Venturesは「日本からグローバルで活躍するスターアップが生まれないこと」を問題意識として立ち上がりました。実際にお話してみると上記全ての分析に当てはまるわけではありませんが、例えば「マザーズ上場」に関する問題意識は一致していました。

そこで代表常盤も少し期待がふくらみ、投資検討をお願いしたところ、とても早く投資が決まりました

また、Delight Venturesについて他の起業家や投資家など何人かの方にヒアリングしたところちゃんと伝わってない部分も多くありました。

まずDelight VenturesはCVCではなくVCであり、DeNAはあくまでLPのうちの1社でしかありません。担当者の渡辺大さんはDeNAに籍すら置いていません。

それから確かにDeNAから独立する人を支援するイメージが強いですが、常盤はそもそもDeNA出身ではありませんし、海外に出ていくスタートアップを支援したい気持ちが強いため、出資先が元DeNA出身であることが絶対的に必要というわけではありません。

今回の資金調達を含めると、シードステージでは9.4千万円調達することができました。プレシードを含めると総額1億円を超えました。以前のプレスリリースでもお伝えしております通り、この資金を使ってリーンスタートアップの考え方に基づきながら、1.5-2年かけてビジネスモデルを検証してまいります。

ひとまずシードステージにおける資金調達活動はこれで終わりますが、今までの反省から来年のプレシリーズAの資金調達も準備をしておりますので、引き続き投資家の皆様からのご連絡をお待ちしております。

現在CxO候補となる方の採用も行っている。興味のある方はぜひともご応募ください。
https://note.mu/sunblaze/n/n813d6a50dfc5

また12月6日には活動報告会を開催する。資金調達や採用など興味ある方はぜひともご参加ください。オンライン参加も可能です。
https://amegumi-event2.peatix.com/view

プレスリリース発表元企業:株式会社アメグミ
配信元:PR TIMES
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。

コラボに挑むスタートアップに期待する「媚びない」姿勢

※この記事は、2016年2月8日、creww magagineにて公開された記事を転載しています。

タテからヨコへ変わりゆく世界

以前、「会社はコミュニティ化し、仕事はプロジェクト化する」という記事をエントリーしました。あれから1年。2020年という、世界と日本にとって節目となるであろうこのタイミングで、急激に変わりゆく世界を私なりに考察し、「タテからヨコへ変わりゆく世界」という概念でまとめてみました。昭和〜平成を「タテの世界」。令和を起点とする未来を「ヨコの世界」と定義しています。 タテの世界 タテの世界とは、際限なくタテに伸びていく階層構造(ヒエラルキー)です。上と下の概念は、主従関係や強制力と相性が良く、約70年前の世界大戦時においては「国家(軍隊)」、60年前の高度経済成長期は「会社」が代表的な組織構造でした。 上から下へ働く重力は中央集権と金融資本主義を加速させ、誰かや何かとの比較を肥大化させるエンジンとなります。仕事はニュートンのリンゴのように上から落ちてきます。集団の中で、リンゴをキャッチする最も”課題解決”が上手な人間が上へ上へと駆け登り、管理がしにくい個性と美意識は同調同質の圧力に潰されていきます。 タテ型経営の行き過ぎによってビジネスパーソンは会社の歯車と化し、コンプライアンスの徹底によって決められたことしかできない、やらない思考停止状態に陥ります。地球においては資源の奪い合いと温暖化が加速化し、富と機会の二極化は国家の右傾化を招きます。これらは全て、際限なくタテに「伸び切ってしまった」社会のひずみだと感じるのです。タテを否定しているわけではありません。ただし、上と下の距離感はもはや限界に近づいているのではないでしょうか。