12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

スタートアップの海外進出、ここが「ツボ」。ABEJA担当者がイベントで語る

10月30日、東京・汐留で「The Road To IGNITE 2020 at Tokyo」が開かれ、ABEJAの東南アジア事業を担当する佐久間隆介氏がパネル討論に登壇した。

このイベントは、フィリピン・マニラで毎夏開かれているグローバル企業とスタートアップのマッチングイベント「IGNITE 2020」の前哨戦にあたるもの。佐久間氏は、スタートアップの海外進出の苦労や醍醐味、成功の秘訣について語った。

ABEJAは2017年3月、シンガポールに国外初の拠点を設立し、その後、デンソー・インターナショナル・アジア社やシンガポールの大手公共交通会社SMRT、シンガポール国立大学(NUS)など、現地の大手企業や大学との協業を実現した。2019年10月には米シリコンバレーにも進出を果たしている。

ABEJAが東南アジアに進出した理由について

東南アジアでの取り組みなどについて話す佐久間 隆介氏(右端)
登壇者
佐久間 隆介 氏 株式会社ABEJA
東南アジア事業担当
シンガポールやタイで事業開発を担当しているほか、現地メンバーのマネジメントにも携わっている。

「東南アジアには世界レベルを目指すタイの財閥企業などのほか、本社の指揮命令系統に縛られずに新しい試みをしようと意気込む日本企業の現地法人経営者がいます。日本国内のAIの民主化がなかなか進まない中、こうした方々とアジア特有の課題を解決するためのイノベーションを起こし、同時に飛躍的な成長も実現できると思ったからです」

また、現地のチームのコミュニケーションや運営の面で気を付けている点などについては、こう語った。

「まずフラットな運営が必要です。現地子会社では本社との情報共有や意思決定に格差が表れがちです。こうしたことが起きないよう、同僚の間でそれぞれの課題を、ときには対立も恐れずにに議論・共有していくオープンなコミュニケーションをすすめています」

「リスクにもきちんと対応できる態勢をとっておくことも必要です。夢の実現に向かってまい進する姿勢がスタートアップの魅力であり醍醐味なのですが、こと海外進出の場合、撤退や他地域との連携も含めた次善策を練っておくなど、慎重さと柔軟な対応が不可欠です」

最後に佐久間は「東南アジアに商機があるとみて進出を決めた際、まずは日本で成功してから、と待つのではなく、少しでも余地があるうちに飛び込み、市場で優位な位置につこうとした。そうした気持ちが重要だと思います」と語った。

ABEJAの海外進出の詳しい経緯については、弊社海外事業担当、夏目萌がForbes Japanで連載中のコラム「AIベンチャー海外進出の『泥臭い』リアル」( https://forbesjapan.com/author/detail/1560 )でも綴っている。

■ 株式会社ABEJA

「ゆたかな世界を、実装する」を企業理念に、AIを始めとする最先端のテクノロジーを活用し、産業構造の変革を追求している企業。2012年の創業時より、自社開発のディープラーニング技術をコアに、AIの社会実装事業を展開。小売流通、製造、物流、インフラを始め、あらゆる業界において、一気通貫したAIの導入、活用を支援している。2017年3月にシンガポール法人を設立。

代表者 :代表取締役社長CEO 岡田陽介
所在地 :東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー10F
URL :https://abejainc.com

プレスリリース発表元企業:株式会社ABEJA
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。


Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント