12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

セカンドホーム・サブスクリプションサービスのスタートアップSANUが10億円の資金調達を完了 !

セカンドホーム・サブスクリプションサービス「SANU 2nd Home」を提供するSanuは、リード投資家であるジャフコ グループに加えて、アカツキ、ケネディクス、ヒューリックのCVCファンド、その他個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、約10億円の資金調達を実施しました。今回の調達により、創業からの累計資金調達額は、不動産開発資金ならびに融資を加えて約35億円となります。

基幹事業「SANU 2nd Home」の現在:月間解約率1%未満と2,300名を超えるウェイティング登録

SANU 2nd Homeは、月額5.5万円で「自然の中にある家と暮らし」を提供するセカンドホーム・サブスクリプションサービスである。別荘の賃貸や購入ではなく、スマホひとつでサブスク登録するだけで、都心から好アクセスな日本各地の自然立地に建つキャビンにいつでも滞在できる「もう一つの家(セカンドホーム)」を持つことができる。

2021年4月のサービスリリース時点で初期会員枠は即時完売し、2021年11月のサービス開始から5ヶ月間でウェイティング登録者数(*)は2,300名に到達した。2022年4月現在、白樺湖(長野県)、八ヶ岳(山梨県)、山中湖(山梨県)の3拠点19棟を運営しており、サブスク会員の月間平均解約率は1%以下を維持している。さらに2022年初夏までにさらに4拠点31棟を開業し、累計7拠点50棟を運営予定である。

* 現在会員枠が完売しているため、会員枠が増枠し次第先着順で案内する「ウェイティング登録」を受け付けている。

株式会社ADXと共同開発したオリジナルの「SANU CABIN」は、国産木材の100%活用、建築資材の再活用を可能にする「釘を使わない」工法、土壌への負荷を軽減する高床式建築など、旧来の観光開発・建築を抜本的に見直し、自然環境へ最大限配慮した建築である。さらに収益の一部を植林活動に充てることで、建設に伴うCO2排出量より、植林した木によって吸収されるCO2量が多い「カーボンネガティブ」を事業開始の時点で実現している。

環境配慮に関する取り組みについて、過去のプレスリリースは下記URL参照
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000060549.html

「​​SANU 2nd Home」の今後の展望 : 日本のセカンドホーム市場を創造、人と自然が共生する社会へ

「SANU 2nd Home」は、「都市から自然に繰り返し通い、生活を営む」という新しいライフスタイルを提案するサービスである。旧来の別荘市場は、販売・賃貸モデルが中心で、購入・契約のハードルが高い上に、年間平均利用泊数は約30泊未満という非効率的な不動産であった。SANU 2nd Homeは、ソフトウェア・テクノロジーの活用により、旧来型の販売モデルを21世紀型のサービスモデルへと転換したHousing as a Service 事業である。スマートフォンで会員登録をすると、初期費用0円、月額5.5 万円のサブスクモデルで、手軽に自然立地にあるSANU CABINを利用できる。
 
急激な都市化が進む中で、「自然の中で過ごしたい」というニーズは日に日に高まっている(※1)。また、コロナ禍におけるリモートワークの普及は、都市生活者のライフスタイルに不可逆的で大きな変化をもたらした。一方、地方移住や別荘購入のハードルは依然高く、日本における別荘所有者は4000万世帯の内のわずか0.7%と、欧米に比べても著しく低い(アメリカ 6%、スウェーデン15%)状況である。(※2)「SANU 2nd Home」では、将来的に日本の全世帯数の3%である100万世帯がセカンドホームを定期利用し、総人口の10%に当たる1200万人がセカンドホームへ気軽にアクセスできるようなセカンドホームの普及と市場の拡大を担うと共に、自然の中での暮らしをより多くの人に提供することで「人と自然が共生する社会」の実現を推進している。

今回調達した資金を活用し、2024年まで20拠点200棟を目標にした拠点開発の推進、並びにITシステムの更なる開発、そして拡大に備えた人材採用に充当する方針だ。

※1 当社独自の調査(N=517)によると、首都圏在住の30代〜50代男女の約8割が「今後、自然との接点を増やしていきたい」と回答した。
※2 総務省「住宅・土地統計調査」(平成30年)、NAHB(National Association of Home Builders)、REPORTS OF FINNISH ENVIRONMENT INSTITUTEをベースにした試算に基づきSANUが分析したところ、各国のセカンドホーム保有率はアメリカで総世帯数の6%、スウェーデンでは15%と、日本の0.7%の結果となった。 

 引受先からのコメント

■ジャフコ グループ株式会社 パートナー 藤井 淳史氏

「こんな凄い人達が集まっているのか」というのがSANUへの投資検討の際、最も驚いたことです。近年の生活様式の変化は、インターネット上よりオフィス・住宅や飲食等のリアルにおける変化が上回っていると感じています。そのような中、SANUは「住」の変化に正面から切り込む事業であり、ご一緒できることが楽しみでしかありません。「自然」という人の集う普遍的なテーマ、生活様式や価値観の変化の潮流、非常に大きな市場、そしてスキルと情熱を兼ね備えた人材が集い、歴史に残る会社になると思います。

■株式会社Akatsuki Ventures 「Dawn Capital」 代表パートナー 石倉 壱彦氏

都市にモノや情報が溢れる中で、アウトドアや地方移住といった自然回帰のライフスタイルが大きなトレンドとなっていくことが予想されます。「Live with nature. /自然と共に生きる。」というビジョンを掲げ、定常的に自然との接点を提供するSANUは、福島さんをはじめとした事業経験豊富な経営メンバーのもと、ライフスタイルのニュースタンダードを創っていく存在となることを確信しています。⼈と⾃然が共⽣する新たなライフスタイルの創造に伴走させていただき、持続可能な社会の実現に貢献していきたいです。

■ケネディクス株式会社 代表取締役社長 宮島 大祐氏

当社は不動産証券化ビジネスのパイオニアとして、これまで様々な新しい不動産投資の領域を開拓してまいりました。近年は再エネ事業や賃貸戸建住宅「Kolet」といった SDGs を意識したビジネスも進めており、最大限環境に配慮しながら新たなライフスタイルを提案するというSanu 様の挑戦に共感するとともに、大きな可能性を感じ、本年2月に「SANU 2nd Home – 山中湖 1st」への不動産投資を実施し、また、本資金調達に参加させていただきました。Sanu様が描く世界が早く多くの人に共有されることを期待しております。

■ヒューリックスタートアップ株式会社 代表取締役 上杉 孝氏

ヒューリックグループでは、環境基本方針を定めサステナビリティに配慮した不動産投資を行っています。Sanu様の「人と自然の共生」というビジョンに共感し、今後共に環境負荷の軽減の実現に取り組めればと考えております。また、昨今ライフスタイルやワークスタイルが大きく変化する中で、Sanu様のビジネスモデルは、潜在的な需要を喚起するユニーク且つサステナブルなものと考えております。本出資を通じて、次世代のライフスタイルブランドを創造するSanu様とご一緒することができ大変嬉しく思います。 

  • 株式会社Sanu 代表取締役 福島 弦のコメント

SANUはこれまでの日本のスタートアップにはない新たな挑戦を続ける企業です。グローバルに通用するブランド作りの挑戦、事業展開が自然の回復に繋がるリジェネラティブな事業モデルへの挑戦、デジタルの世界だけでは完結せずリアルの建築というモノづくりへの挑戦、そして新しいライフスタイルを提案し市場を自ら作って行く挑戦。今回、背中を押していただいた投資家の皆様に深く感謝申し上げます。TEAM SANUに加わり、共に未来を作る仲間を、心からお待ちしています。 

  • 株式会社Sanu ファウンダー兼ブランドディレクター 本間 貴裕のコメント

「Live with nature. / 自然と共に生きる。」という私たちの理念を体現する一つの事業であるSANU 2nd Home。自然の中にもう一つの家を持ち、その地を自分ごととして捉えていく。海や山に囲まれる生活で、改めて自分自身を見つめ直し、大切な人と丁寧な生活を送る。この価値観を大事にしたいと思う方々がたくさんいることを嬉しく思います。これからのSANU、そして人の生き方の未来を共に創っていく仲間も募集しています。 

「Live with nature.」を実践し、未来を共に作るチームメンバーを募集 

現在、SANUは、CFO、CSO (Chief Sustainability Officer) をはじめ、SANUの未来を作るコアとなるチームメンバーを募集している。SANUというオープンでフラットな組織の中で、仕事でも私生活でも「Live with nature. / 自然と共に生きる。」を実践しながら、SANUの新しい挑戦に一緒に取り組む仲間を待っている。

▼採用について詳細は下記より
・当社サイト:https://sa-nu.com/?lng=ja#recruit
・Wantedly:https://www.wantedly.com/companies/company_2996430

本日(4/20)公開!「Vol.5 未来のチームメンバーへ – CEO 福島からの手紙」
https://www.wantedly.com/companies/company_2996430/post_articles/394082

Sanuについて

社名株式会社Sanu
設立2019年11月
所在地〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町14-7 SOIL NIHONBASHI
代表者福島 弦
URL会社ページ:https://sa-nu.com/
SANU 2nd Home サービスページ:http://2ndhome.sa-nu.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceSANU
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント