12.8 C
Japan
水曜日, 9月 28, 2022

繋がらないテレアポを解消!9seconds が3.2億円の資金調達

B2B企業と見込み顧客との新たなコミュニケーション手法を提供する9secondsは、ジャフコ グループ 、XTech Venturesから、プレシリーズAラウンドにて総額3.2億円の資金調達を実施しました!今回調達した資金は、Webエンジニアを中心とした全方位での採用活動、「Quicker」の開発・マーケティング施策に活かす意向です。

資金調達(プレシリーズA)の背景

新型コロナウイルスの感染防止対策により、リモートワークの普及、営業組織の生産性向上などコミュニケーション手法の急速な刷新が進む中、見込み顧客と法人営業担当者との初回タッチポイントは、

・デモ予約・資料請求のフォーム
・お問い合わせ用の電話番号
・チャットボット

などが主であり、見込み顧客と法人営業担当者の双方間に負担がかかっているのが現状である。(※1)例えば、見込み顧客がすぐにプロダクトの有用性を知りたいのにまずは個人情報の入力が必要なことや、法人営業担当者が何度も電話をかけて問い合わせの背景や意図を聞かなければいけないこと等だ。
そこで今回9secondsは、国内最大のベンチャーキャピタルであるジャフコと、手嶋浩己氏が率いるXTech Venturesと共に企業への ”お問合せ方法” にゲームチェンジを起こすべく、「Quicker(クイッカー)」の普及に取り組んでいくこととした。
また我々の属する Conversational Marketing(Sales)のマーケットは、29年にはグローバルで3,000億円規模に達するとの試算(※2)がされるなど急速に広がっており、米国では既にDriftなどのユニコーン企業も誕生している。

海外のセールスマーケティング領域の主要なプレイヤー

B2B企業と見込み顧客とがワンクリックで繋がる「Quicker」

Quickerはたった「ワンクリック」で、B2B企業のWebサイトに訪問した見込み顧客が、法人営業担当者と即座に繋がれる、これまでに無いスムーズな「お問い合わせ」の体験を提供するものである。

Quicker(クイッカー)の詳細はこちらhttps://quicker.app/

「会話」を通じて見込み顧客のエンゲージメントを高めるため、法人営業担当者の負担を大幅に減らすことが可能となる。

Quickerのこれまでの進捗・実績

Quickerはβ版リリース時から数多くのユーザーに利用されており、下記の様な実績も現れている。今後、Quickerの導入事例も随時公開する予定だ。

また、「Incubate Camp 14th(2021年10月1日〜2日に開催された起業家/投資家合同経営合宿)」にて400社を超えるスタートアップがエントリーする中、「総合順位2位」と「ベストグロース賞2位」を獲得し、国内の著名な投資家がQuickerの将来性と実績を高く評価した。

▲2021/10/07(木)のプレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000069771.html

引受先からのコメント

ジャフコ グループ株式会社 プリンシパル 松本 孝之 氏

BtoB営業では、LPサイトに集客するために、莫大な広告費が掛けられておりますが、問い合わせに至る顧客はわずか数%です。
また、見込顧客への連絡手段は未だに電話が大多数であり、リモートワークの普及で、さらに効率が悪化し、営業担当者の膨大な時間が浪費されています。
渡邊社長とは、2020年8月に初めてお会いしましたが、私自身もBtoB営業の非効率な部分を変えたいと考えていたので、当時から意気投合し、今回のラウンドでご出資できたことを大変嬉しく思っております。
JAFCOは、累計投資社数4,000社以上、投資先上場社数は1,000社以上、年間で数千社の会社と面談するベンチャーキャピタルです。JAFCOのネットワークを活用し、BtoBの営業手法をアップデートすべく、全力でサポートして参ります。

XTech Ventures株式会社 代表パートナー 手嶋浩己 氏
XTech Ventures株式会社 アソシエイト 高清水 美乃 氏

渡邊さんとは、昨年のインキュベイトキャンプ最終日に私が審査員としてフラッと訪れた際に偶然指定された夕食のテーブルが同じで知り合いました。その日のプレゼンを見たところ、完全私見で投資家目線では「実際の投資検討場面では一番人気は9secondsかもなあ(準優勝でしたが)」とどこか他人事のように感じていました(他の投資家とその前日に色々話し込んで既に他の人と絆を作っていると思っていたので)。後日、渡邊さんから投資依頼をいただき、大変驚きました。夕食の場で、”ある種投資家としての多少不純な動機”を持たずに(投資できると思ってなかったので)、純粋な起業家目線または新規事業立ち上げ者目線で話をさせていただいたのが、今思うと良かったのかもしれません。巨大な潜在的市場がある領域だと思うので、渡邊さんの高いエネルギーで市場を創造していってくれることを大いに期待しております。
 

9seconds株式会社 代表取締役CEO 渡邊 将太氏のコメント

私自身、新卒の頃からインサイドセールスや法人営業、B2Bマーケティングの領域に携わらせて頂く中で、顧客とのちょっとした「会話」の力ってつくづく偉大であると感じています。Quickerは「顧客」と「法人営業」のちょっとした「会話」をWebサイトというオンライン上で生み出すプロダクトです。今まで顧客と法人営業が「会話」を始めるまでには、
・やたら質問項目の多い問い合わせフォーム
・機械的なチャットボット
・まず転送される問い合わせ用の電話番号
上記のプロセスを経なければなりませんでした。QuickerはWebサイトの滞在時間やメールの閲覧数のみで顧客の購買意欲を測るのでは無く、顧客との生の「会話」を通じて、MAツールでは測れない顧客の真意を聞き出すことにフォーカスしています。Web接客ツールでは無く、顧客と法人営業のコミュニケーションをアップデートするプロダクトであり、顧客と法人営業の関係性を「会話」によって滑らかにし、顧客が自社に合った最適なプロダクトを最短で選択できる世界を目指して参ります。

今後の展開、採用・募集ポジション

9secondsは今回の資金調達をもとに、「Redefining B2B communication.」というビジョンを実現させるべく、採用を強化するとした。
年内にCxO、Webエンジニア、インサイドセールス、事業開発、マーケティング等のポジションを中心に大幅な増員が予定されている。
また、経営陣とのカジュアル面談のページもオープンしている。
・採用ページ:https://www.notion.so/9seconds-bf54cdea844d4f4fa322345db58510f0
・Meetyでのカジュアル面談はこちら:https://meety.net/matches?q=9seconds

社名9seconds株式会社
設立2020年4月30日
所在地東京都渋谷区東2丁目25-3 GUILD SHIBUYA 5F
代表者渡邊将太
事業概要「Quicker(クイッカー)」の開発・販売
URLhttps://www.9seconds.jp/
Quicker詳細:https://quicker.app/
受賞履歴起業家/投資家合同経営合宿「Incubate Camp 14th」(2021年10月1日〜2日に開催)にて、「総合順位2位」と「ベストグロース賞2位」

出典元
(※1)Why Your B2B Lead Response Time Is Killing Your Business
https://blog.hubspot.com/insiders/why-your-b2b-lead-response-time-is-killing-your-business
(※2)Global Conversational Marketing Software Market, Dynamics, Market Analysis
https://www.stratviewresearch.com/1676/conversational-marketing-software-market.html

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント