12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

起業が身近になる社会へ。「スタートアップスタジオ協会設立イベント」、4月12日(火)に開催決定!

起業や新規事業創出へのハードルを下げ、挑戦すること自体に価値がある世界を目指す一般社団法人スタートアップスタジオ協会は、2022年4月12日(火)に、設立を記念したオンラインイベントを開催します。

「スタートアップスタジオ協会設立イベント」開催に際して

本イベントは、スタートアップスタジオ協会の設立を記念し、豪華ゲストを迎え、様々な角度からスタートアップエコシステムの可能性について深掘りするものである。登壇者には顧問である南場智子氏、入山章栄氏をはじめ、スタートアップスタジオの支援を受けた起業家、スタートアップ支援に取り組んでいる自治体の方々を招き、トークセッションが行われる予定だ。

▼イベント詳細・申込
https://startup-studio-union0412.peatix.com/

「スタートアップスタジオ協会設立記念イベント」概要

日時:2022年4月12日(火)12:30-16:30
形式:オンライン開催
※視聴URLは申込み後に案内予定
参加費:無料
イベントURLhttps://startup-studio-union0412.peatix.com/
主催:一般社団法人スタートアップスタジオ協会

【タイムスケジュール】

12:30〜12:55 スタートアップスタジオ協会の紹介、これから取り組む社会活動について
●株式会社ガイアックス 株式会社ガイアックス スタートアップスタジオ責任者 佐々木 喜徳
●Creww株式会社 スタートアップスタジオ責任者 永野 祐輔
●Studio ENTRE株式会社 スタジオプロデューサー 中村 ひろき
●デライト・ベンチャーズ プリンシパル 坂東 龍
●株式会社R-StartupStudio スタジオ責任者 宮原 海斗
●株式会社quantum 代表取締役副社長 東京工業大学 特任教授 及部 智仁
●株式会社みらい創造機構 Managing Director 兼城 駿一郎
●株式会社Mentally CEO 西村 創一朗

13:45〜14:15 南場智子 氏 × 入山章栄 氏 顧問対談
スタートアップエコシステムにおけるスタートアップスタジオの意義

14:15〜14:25 休憩

14:25〜15:25 スタートアップスタジオから生まれた起業家たち
 ●株式会社zooba 代表取締役 名和 彩音 氏
 ●株式会社EBRU 代表取締役 佐藤 怜 氏
 ●Walkey 渡辺 達哉 氏

15:30〜16:15 地域スタートアップエコシステムの可能性
 ●渋谷区 グローバル拠点都市推進室室長 田坂 克郎 氏
 ●仙台市 Chief Startup Support Officer白川 裕也 氏
 ●北九州市 産業経済局雇用・生産性改革推進部スタートアップ推進課長 鎌田 靖雄 氏

16:15〜16:30 クロージングトーク
※都合により、スケジュール・予定が変更になる可能性あり

スタートアップスタジオ協会とは

スタートアップスタジオ協会は、不確実性の高いスタートアップビジネスの事業開発において、起業家および企業内新規事業、教育機関におけるアントレプレナー教育、資金調達のために、ノウハウの共有や各業界や人材の連携などの支援を行うスタートアップスタジオの共同組織である。スタートアップ創出活動におけるリスクを低減し、何度でも失敗し、何度でもチャレンジできる基盤となるスタートアップスタジオ業界の醸成に取り組むことによって、日本国内からのスタートアップ事業の創出数の向上と社会経済の発展に貢献していくことを目指すものである。

協会設立の背景・目的

資本主義において新たな起業(起業家)資本が投下されることによる発展が本質であるにもかかわらず、諸外国に比べ日本の起業率は1/2に近く(※1)、低い水準である。少子高齢化と人口低下による日本社会の状況下で、経済的発展のためには「起業をリブランディグ」していき、起業にチャレンジする母集団の増加が必要であると考え、協会が設立された。

また、スタートアップスタジオ協会は近年注目されつつある「スタートアップスタジオ」という、スタートアップ起業を創出していくための形態が、起業家率の低下を招いている日本特有の民族感に対してハードルを下げる有効な手段だと確信しているそうだ。そのため、スタートアップスタジオの認知度向上と、成功確率を高めるための情報交換などを目的とし、本協会の結成に至った。

※1) 起業の実態の国際比較 – 中小企業庁
https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakus

賛同自治体

理事

協会顧問・理事プロフィール(順不同)

【顧問/顧問対談出演】

入山 章栄氏 早稲田大学大学院経営管理研究科 早稲田大学ビジネススクール 教授

慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所で、主に自動車メー カー・国内外政府機関 への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008 年 に米ピッツバーグ大学 経営大学院より Ph.D.(博士号)を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネスス クール助教授。 2013 年より早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール准教授。 2019 年より現職。 専門は経営学。 「Strategic Management Journal」など国際的な主要経営学術誌に論文を多数発表。著書は「世界標準 の経営理論」(ダイヤモンド社)、「世界の経営学者はいま何を考えているのか」(英治出版)「ビジ ネススクールでは学べない 世界最先端の経営学」(日経 BP 社) 他。 テレビ東京「ワールドビジネス サテライト」のレギュラーコメンテーターを務めるなど、メディアでも活発な情報発信を行っている。

南場 智子氏 株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役会長 デライト・ベンチャーズ マネージングパートナー

1986年 マッキンゼー入社。1999年 株式会社ディー・エヌ・エー創業、2019年 デライト・ベンチャーズ創業。

【理事プロフィール】

<代表理事>佐々木 喜徳 株式会社ガイアックス スタートアップスタジオ責任者
組み込みOS開発やテクニカルサポート業務の経験を活かし、個人事業主として独立。 その後、フィールドエンジニアリング会社の役員経て2007年からガイアックスに参画。 スタートアップスタジオ責任者として起業家への壁打ちや投資判断を担当。また兼任して技術本部長として、ガイアックスで生まれるスタートアップの技術支援や組織のエンジニアリングの戦略に取り組んでいる。

永野 祐輔 Creww株式会社 スタートアップスタジオ責任者
カスタマーサポート向けSaaSサービスを提供するITベンチャー企業に新卒で⼊社。2015年に同社のIPOを経て、海外展開の事業責任者としてベトナム・フィリピンの現地IT商社との合弁会社設⽴交渉などに従事。2018年よりスタートアップ支援やインキュベーションプログラム事業の立ち上げ・運営責任を務める。

中村 ひろき Studio ENTRE株式会社 スタジオプロデューサー
大学在学中からレーベル運営やバンド活動など、音楽についての幅広い活動を展開すると同時に、スタートアップにてiOSエンジニアとしてプロダクト開発に関わる。2016年に新卒でDMM.comに入社し、新規事業の担当として複数のプロダクト/サービスの立ち上げを行う。ブロックチェーンサービスのスタートアップにて事業開発を担当した後にVERSUS、Studio ENTREのコミュニティマネージャー。得意領域はXR/AI/ブロックチェーンなどの先端技術を活用したプロダクト開発。

坂東 龍 株式会社デライト・ベンチャーズ プリンシパル
2003年にDeNA入社し、広告営業やネットソリューション事業でのコンサルタントを経て、「みんなのウェディング」を立ち上げスピンアウトまで事業責任者を務める。その後ソーシャルゲーム事業の企画部長、ペイジェント取締役、インキュベーション事業部長、SHOWROOM取締役等をつとめ、2019年10月からDelight Venturesに移籍し、Venture Builder の責任者として新規事業・スタートアップの創出・育成に尽力している。

宮原 海斗 株式会社R ~StartupStudio スタジオ責任者

在学中に新規事業コンサル会社でインターン。その後、株式会社muscaの立ち上げ、資金調達に従事。退職後、通信制高校の立ち上げ、プログラミングスクールの立ち上げ等、ベンチャー企業の新規事業立ち上げに携わる。2019年より上場企業CVCにて投資業務に携わる。2020年より株式会社R-StartupStudioに参画し、クリエイターとスタートアップの融合に取り組んでいる。

及部 智仁 株式会社quantum 代表取締役副社長 東京工業大学 特任教授
博報堂グループのスタートアップ・スタジオである(株)quantumを社内起業で創業。博報堂100%子会社化。quantumと並行して、スポーツデータ×機械学習を専門とする(株)sports AIを創業し事業売却を経験。社内起業家の育成に力を入れる。また、東京工業大学 特任教授として、東工大、東大など主要研究大学を融合した大学発ディープテックベンチャーの組成支援などを担当。アカデミア起業家育成にも力をいれる。起業をなめらかにするために、スタジオを普及すべく「スタートアップ・スタジオ(日経BP)」を翻訳出版。

兼城 駿一郎 株式会社みらい創造機構 みらいスタジオ Managing Director
沖縄工業高等専門学校専攻科卒。学生起業を経てリクルートへ新卒入社後、新規事業や組織構築を担当。在籍時に立ち上げたSaaSスタートアップでエクイティ・デット双方での資金調達および黒字化を実施。その後参画した教育系スタートアップでも資金調達を実施し、M&AでのExitも達成。現在はVCと密に連携したスタートアップスタジオの代表として、自身の経営経験・開発力やエンジニアネットワークを活用したスタートアップ・新規事業の創出・支援を行っている。スタジオとしての取り組みの他に、全国の高専生へのキャリア教育や、沖縄を拠点としたスタートアップ支援協会の代表理事としての活動にも努めている。

西村創一朗 株式会社Mentally CEO
2011年から2016年までリクルートキャリア社(当時)で法人営業・新規事業・中途採用を歴任。本業のかたわら2015年には複業という働き方を広げるべく株式会社HARESを創業。長女の誕生をきっかけにライフシフトを決意し、2017年に独立。「人材力研究会」(経済産業省)の委員を務めるほか、『複業の教科書』を出版するなど複業研究家として活動する。 その一方で、独立一年目で双極性障害を発症し、独立初年度から3年間で3度のメンタルダウンを経験。「周囲にも世の中にもメンタルで苦しんでいる人が後を絶たない現状を変えたい」という思いから2021年10月に株式会社Mentallyを創業。

スタートアップスタジオ協会とは

本協会は、不確実性の高いスタートアップビジネスの事業開発において、起業家および企業内新規事業、教育機関におけるアントレプレナー教育、資金調達のために、ノウハウの共有や各業界や人材の連携などの支援を行うスタートアップスタジオの共同組織である。
スタートアップ創出活動におけるリスクを低減し、何度でも失敗し、何度でもチャレンジできる基盤となるスタートアップスタジオ業界の醸成に取り組むことによって、日本国内からのスタートアップ事業の創出数の向上を目指し、社会経済の発展に貢献していくことを目的としている。

協会名スタートアップスタジオ協会
所在地東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD
代表者佐々木 喜徳
活動内容イントレプレナー/起業希望者の支援、事業検証上の失敗データの蓄積と共有、起業家の輩出、スタートアップスタジオの認知拡大
URLhttps://startup-studio.jp/
E-mail:info@startup-studio.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント