12.8 C
Japan
水曜日, 7月 6, 2022

利用特典はNFT!次世代型クレジットカードNudgeが実証実験 “Cashless to earn” を開始!

日本におけるチャレンジャーバンクを目指すナッジ株式会社は、次世代型クレジットカード「Nudge(ナッジ)」において、カード利用特典として「NFT: Non-Fungible Token」を受け取れる実証実験(PoC) “Cashless to earn” を4月より開始します。

Nudgeとは

「Nudge(ナッジ)」は、スマホ連動(対応端末:iOS、Android)で使いやすく、安心・安全な次世代型クレジットカードです。

普段使いで”好き”を応援できる
 カフェやコンビニなど、普段の買い物で使うだけで、好きなスポーツチームやスポーツ選手、アーティスト(カード申し込み時に選ぶ「クラブ」)の応援に繋がります。
また応援先からの、Nudgeカードだけの特典をもらうことができます。

NFT PoC “Cashless to earn” について

現在、Nudgeカードの利用に応じてユーザーが受け取る特典は画像・動画などのデジタルコンテンツが中心ですが、今回のPoCにおいては、試行的取組みとして、NFTを特典として提供します。

NFT PoCでは、Nudgeカードのローンチパートナーである加藤ミリヤさんが従来のクラブ「MILIYAH Loveheart Club」とは別に、NFT PoC専用クラブを期間限定で立ち上げます。

今回のNFT PoCから得られるクラブの収益は、子どもたちが音楽やアートを通して自分自身のことを自由に表現する喜びを伝えるための活動に寄付される予定です。

また、松井秀喜氏が主宰するNPO法人である「松井55ベースボールファウンデーション 」についても、NFTを特典とするクラブの立上げを準備しています。

基盤技術について

本PoCにおけるブロックチェーン基盤については、日本発パブリックブロックチェーンであるShidenを活用します。GAS代が低く環境負荷が低いShidenを活用することで、多くのユーザーへの低コストでの配布を可能とします。

また、NFTマーケットプレイス「tofuNFT」を活用することで、NFTウォレットを保有していないユーザーであっても手軽にNFTを受け取ることが可能な仕組みを採用しています。受け取ったNFTは、MetaMaskのような自身のウォレットに紐づけたり、別のウォレットに送付することも可能です。

上記のNFTの発行及び配布に関しては、独自のNFT配布技術を有するSUSHI TOP MARKETING社と協力してPoCを実施する予定です。

PoC後の拡張計画について

今回のPoCでは、NFTはクレジットカードの利用特典としてのみ提供されます。特典として提供されるNFTの販売は行わず、また、配布したNFTについて、ユーザー間等における売買は想定していません。

将来的には、NFTを通じたユーザー体験(UX)の更なる向上のため、Nudgeのスマートフォンアプリ上において、クレジットカード利用特典としてのNFT配布のみならず、NFTの販売 や 売買・トレードが可能となるような仕組みについても検討を進めていきます。

ナッジは、本PoCにおいて、次世代型提携クレジットカード「Nudge」を通じて NFTを利用特典として配布することで、これまでにない新たな金融体験を提供すると共に、アーティストやアスリート、スポーツチームをはじめとするIPホルダーがNFTを活用することで、ファンエンゲージメントを向上させ、収益を多角化することを目指します。

<ナッジ株式会社について>

ナッジ株式会社は「ひとりひとりのアクションで、未来の金融体験を創る」をミッションとし、日本におけるフィナンシャルインクルージョン(金融包摂)をチャレンジャーバンク事業を通じて、実現していくことを目指しています。

社名ナッジ株式会社
設立2020年2月12日
代表者代表取締役社長 沖田 貴史
所在地東京都千代田区大手町一丁目6番1号 大手町ビル4階 FINOLAB
URLhttps://nudge.works/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント