12.8 C
Japan
木曜日, 6月 30, 2022

【小売業向け】本部・店舗間のコミュニケーションをふせんでつなげる!「StoreFIND」リリース

IT×contentsによるマーケティングソリューションを提供するネットパイロティング株式会社は、小売業向けの本部店舗間、店舗内コミュニケーションサービス「StoreFIND」をリリースしました。

 StoreFINDとは

本部・店舗間、店舗内のつながりをより強く、店舗のチームワークを最大限に発揮するために」をコンセプトに、小売業における本部店舗間、店舗内のコミュニケーションの課題改善を支援するサービスです。

StoreFINDの製品特長

ふせんでつながる本部・店舗間、店舗内のコミュニケーション

StoreFINDは、本部が店舗へ送る紙の指示書に「ふせん」を貼るイメージで、デジタルの指示書に印をつけることができます。これによって、受け手の店舗従業員は「ふせん」を見て必要な情報をすぐに見つけることができます。

特長【1】 本部・店舗間の指示・連絡を効率よくスマートに

小売業ならではの本部と店舗の1対多の連絡を効率化できます。
チェーンストア向けコミュニケーションツールに備わっている店舗への指示連絡機能はもちろん、一つの指示書に複数のToDoを設定できる機能が備わっています。
本部は複数のToDoをまとめた指示書を簡単に作成し、対象となる店舗と役割にToDo期日を明確にした指示・連絡を送ることができます。

特長【2】 本部からの指示が店舗内の役割担当へ届く

StoreFINDは、本部が指示・連絡を的確に届け、店舗の従業員がそれをひと目で見つけられるように指示書に「ふせん」を貼るようなイメージで、情報に印をつける仕組みを取り入れています。
店舗の従業員が担当している部門や役割と同じように「部門ふせん」「役割ふせん」を用意することで、本部からの情報が店舗のどの部門、どの役割に関係するのかが明確になります。これにより、本部では店舗・役割毎のToDo処理状況が把握できます。

特長【3】 店舗内のコミュニケーションがスムーズに

店舗では自分のやるべきToDoが期日とともにひと目で分かり、ToDoの分担が効率的にできます。
さらに店舗内でToDoを共有し、他の人に引継ぐことができるので、業務の効率化や情報共有の無駄の軽減につながります。

機能紹介(開発予定含む)

■  業務連絡

機能名称機能概要
店舗連絡   本部から店舗へ部門別・役割別に業務指示・連絡を一気通貫で行う機能
ビジュアルマネージャー画像や動画を収集し、一覧形式で確認することができる機能
アンケートアンケートフォームを作成し、回答の収集を行う機能
集計フォーム本部からの提案数量提示と店舗による数値入力及び店舗入力数の集計を行う機能
店舗内連絡店舗内で指示・連絡を行う機能
店舗イベント販促予定や社内行事、店舗内の予定を登録する機能
SVビューワーSVやエリアマネージャーが担当している店舗の業務進捗状況を確認する機能
ルーティーン定期反復的な店舗への指示連絡を、設定した周期で自動送信する機能

■メッセージ

機能名称機能概要
個人連絡1対1での連絡と親展連絡や店舗から本部への問合せを行う機能
グループ間連絡特定のグループを設定し、参加者間でメッセージのやり取りを行う機能

■店舗申請

機能名称機能概要
申請フォーム店舗からの報告書や申請書のフォームを作成する機能
申請フロー申請フォーム別に申請フロー(確認者や承認者の設定)を作成する機能
申請管理店舗からの申請に対して本部が回答する機能。否決や修正指示、受理等を行う機能

4.   開発ロードマップ

リリース済み店舗連絡・ビジュアルマネージャー・集計フォーム・店舗内連絡
2022年3月リリースアンケート
2022年5月リリース店舗イベント・ルーティーン
2022年8月リリースメッセージ
2022年11月リリース店舗申請

※リリース時期は予定であり変更される場合があります。
※ リリース時はパソコン、タブレット向け画面の提供となりますが、スマホ利用に最適化した画面も開発計画中。

StoreFIND誕生の背景

ネットパイロティングは小売業界において、本部店舗間コミュニケーションサービスの先駆けとして「P2NetEX」を展開してきました。現在、累計導入企業は125社、累計利用店舗数22,500店舗に利用されています。今回は、P2NetEXで培った小売業における業務効率改善のノウハウをもとに、更に進化した新たなサービス「StoreFIND」をリリースしました。

チェーンストアの情報は、本部から店舗、店舗から部門、そして店舗で働く人へと届けられます。
IT化により、本部から店舗へ届く情報のスピードや量は向上しましたが、店舗「内」の情報処理や業務効率、コミュニケーションの質は、どれほど向上したでしょうか。

これからは主体性をもって活躍できる店舗の従業員一人ひとりが、本部・店舗間、店舗内でコミュニケーションを取り、見通しの良い組織の中で一丸となってより魅力的な店舗を作り上げることこそが、チェーンストアが発展するための礎(いしずえ)だと考えられます。

ネットパイロティングは、チェーンストアの情報流をスマートにすることで、店舗が主役となり、お店で働く人が接客や売り場作りでより活躍できるよう、サービスを通じて支援します。情報流をスマートに、そして魅力的なお店作りを支援するのが「StoreFIND」の役割です。

StoreFINDブランドサイトURL:https://store-find-brand.p2netex.com/
※トライアル利用、詳細な情報をお求めの際はサイト内よりお問合せ下さい。

【会社概要】

社名ネットパイロティング株式会社
所在地104-0033 東京都中央区新川1-17-25 東茅場町有楽ビル7階
代表者山田 光太郎
設立2000年2月18日
事業内容店舗管理 グループウェア事業
業務支援システムの企画・構築・運営(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
商品データベース事業
データベース・ナレッジベースの構築・運営・提供
企業情報ポータル(EIP)システムの企画・構築・運営(パッケージ販売・ASP提供)
小売業リサーチ(バイヤーアンケート)の企画・実施・分析
LMS・コンテンツ制作事業
eラーニングシステムの企画・構築・運営
情報流通型eコンテンツ(SmartCom.®)の企画・制作
URLhttps://www.npinc.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント