12.8 C
Japan
火曜日, 11月 29, 2022

ジェネシア・ベンチャーズが、「Genesia Venture Fund3号投資事業有限責任組合」の一次募集を総額約100億円規模で完了!

株式会社ジェネシア・ベンチャーズは、新ファンドとして「Genesia Venture Fund3号投資事業有限責任組合」(以下:3号ファンド) の一次募集を総額約100億円規模で完了しました。

投資先はプレシード/シード期のスタートアップ

この度一時募集を完了した3号ファンドは 1・2号に続き、日本と東南アジアのプレシード/シード期のスタートアップへの投資と経営支援に特化する方針です。

その上で、大きく持続可能な産業の創造を志すスタートアップに十分なリスクマネーを投資できるよう、一社あたりの投資予算を最大5億円(追加投資を含む)にすると同時に、フロンティアテック領域への投資へもアクションを拡げていきます。

【ジェネシア・ベンチャーズについて】

ジェネシア・ベンチャーズは、プレシード/シード期のスタートアップへ投資とバリューアップ支援を行う、独立系のベンチャーキャピタルです。

ジェネシア・ベンチャーズの「Genesia(ジェネシア)」は、起源や創生の意味を持つ“Genesis(ジェネシス)”に“Asia (アジア)”を掛け合わせた造語で、「アジアの創生を担うベンチャーキャピタルでありたい」という同社の思いを表現しています。

東京・ジャカルタ・ホーチミンの3拠点を構え、アジア全域において、スタートアップ、事業会社、投資家、政府、自治体、非営利団体など、社会を形成するすべてのステークホルダーとともに、持続可能かつ大きな産業創造に挑むプラットフォームの構築を目指しています。

また、同社はこのたび PRI(責任投資原則)への署名を実施しました(*1)。これに合わせてESG投資方針(*2)を策定し、支援先スタートアップの長期的かつ持続的な企業価値の向上と社会課題の解決を通じて、私たちのビジョンである「すべての人に豊かさと機会をもたらす社会」の実現を目指していきます。
(*1)PRI署名に関する詳細はこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000056091.html
(*2)ESG投資方針の詳細はこちら:
https://www.genesiaventures.com/esg-policy/

3号ファンドについて

同ファンドの一次募集への出資者は、以下の事業会社と非公開の国内の機関投資家です。
※50音順|敬称略

・株式会社オリエンタルランド・イノベーションズ(代表取締役社長:豊福 力也、本社:千葉県浦安市)
・キャナルベンチャーズ株式会社(代表取締役 CEO:朝田 聡一郎 本社:東京都江東区)が運営するCVCF2投資事業有限責任組合
・グリー株式会社(代表取締役会長兼社長 田中 良和、本社:東京都港区)
・株式会社産業革新投資機構(代表取締役社長 CEO:横尾 敬介、本社:東京都港区)
・みずほキャピタル株式会社(代表取締役社長:大町 祐輔、本社:東京都千代田区)
・株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治、本社:東京都千代田区)

なお、同ファンドは引き続き出資者の募集を行います。最終募集の締め切りは2022年8月を予定しており、総額150億円でのファンド組成を目指しています。

1号および 2号ファンドの投資実績

2017年12月に総額40億円で最終募集を完了した1号ファンドからは、原則リード投資家として、日本・東南アジア地域(主にASEAN主要国)のプレシード/シード期のスタートアップ47社(国内35社、海外12社|2022年1月 31日時点)に投資を実行しました。

また、2020年10月に総額80億円で最終募集を完了した2号ファンドからは、59社(国内41社、海外18社| 2022 年1月31日時点)への投資を実行いたしました。 続く3号ファンドにおいても、1・2号ファンドと基本的なコンセプトは変えずに投資を実施していく方針で、主な投資対象事業領域は以下となります。

■主な投資対象領域

1.デジタル・トランスフォーメーション(DX) 産業のビジネス・ストラクチャーをアップデートする XaaS、多重構造を解消するプラットフォーマーなどのデジタル・トランスフォ ーメーション周辺領域

2.ニューエコノミー 個人のエンパワーメントや顧客体験の最適化、循環型経済を実現する OMO、C2C(EC、SERVICE)、シェアリングエ コノミー、非中央集権型プラットフォームなどのニューエコノミー周辺領域

3.メディア・エンターテインメント 個人の興味関心が多様化する中で、人々の心を動かす体験価値を提供するメディア、コンテンツ、VR/AR などのメディア・ エンターテインメント周辺領域

4.フロンティアテック ロボティクス、デジタルツイン、宇宙分野などの新たな産業や、情報科学の応用が生み出す革新的なデジタル・イノベーション周辺領域

<代表取締役/General Partner 田島 聡一氏のコメント>

2016年8月に産声を上げたジェネシア・ベンチャーズですが、創業からはや5年5か月が経過しました。その間、日本・東南アジアというフィールドで、私たちが掲げている6つのチャレンジ(*3)に共に向かう、100社を超えるプレシード/シード期のスタートアップに伴走してきましたが、改めて感じているのは、スタートアップの持てる力をなくして豊かな社会は実現しえないということです。

これからも、私たち自身がスタートアップとして挑戦し続けながら、意志あるさまざまなステークホルダーと共創しながら、すべての人に豊かさと機会をもたらす社会の実現に全力で向かっていきたいと思います。
(*3)6つのチャレンジに関してはこちら:https://www.genesiaventures.com/investment/

▼これまでの振り返りと今後の展望について、詳しくはこちら
https://note.com/soichi_tajima/n/ne27174f48a09

<東南アジア投資責任者/General Partner 鈴木 隆宏氏のコメント>

我々が掲げるビジョン、そして6つのチャレンジ(*3)を考えた際に、その実現までのまだまだ果てしない道のりに途方に暮れそうになることも多いですが、100社を超える最高のスタートアップ、起業家の皆さまに伴走の機会を頂けていることで、一歩一歩 確実に前進しつつある実感を持っています。

また東南アジアは年々、スタートアップだけではなく、VC間の競争環境も激しくなってきています。今一度、原点に立ち返り、現地に根を張るベンチャーキャピタルとして、そして東南アジアと日本、スタートアップと大企業を繋ぐ架け橋となるべく引き続き全力でチャレンジしていきます。

ジェネシア・ベンチャーズの取り組みについて

■関心領域・事業アイデアの公開

ジェネシア・ベンチャーズでは、ベンチャーキャピタリストのメンバーが連載形式で、自身の関心領域・事業アイデアを執筆・公開しています。メンバー自ら、限られた資金と時間を使って何を成したいか、社会に何を産み出したいか/還元したいかという視点を、起業家同様に持っています。それらを公開することで、起業家やスタートアップと同じステージでチャレンジを続けたいと考えています。 内容に共感する方、別の仮説をお持ちの方とのカジュアルなディスカッションも随時受付中です。各コンテンツ下部の筆者のSNSから問い合わせ可能となっています。

■CI(コーポレートアイデンティティ)やチームビルディングについての情報共有

スタートアップの成功に欠かせない大きな要素の一つが、「人」「チーム(組織)」です。チームという概念も社内だけに留まらず、顧客・ユーザー、協業・アライアンス先、採用候補者、家族、地域社会、株主など、多くのステークホルダーとの共創が大きなビジョンの実現を現実に近づけます。

同社は、その中心にいる“Players(当事者たち)”の想いに焦点を当てたコンテンツを発信し、エコシステムの拡大・発展に寄与することに挑戦しています。
Players シリーズ▶︎https://www.genesiaventures.com/category/story/players/

■大企業とスタートアップの連携、そのあるべき姿と具体的な事例についての情報共有

デジタル・トランスフォーメーションという大きな時代の潮流の中で、課題の突破口としてスタートアップを巻き込んだオープンイノベーションへの注力を掲げる大企業が増えています。そのような状況下で問い合わせが増えている「どのようにスタートアップにコンタクトすればよいのか」「どうすれば双方に価値のあるアライアンスが組めるのか」などの問いに答えるため、大企業とスタートアップのコラボレーションの事例をご紹介しています。
Collaboration シリーズ▶︎https://www.genesiaventures.com/category/story/collaboration/

【会社概要】

社名株式会社ジェネシア・ベンチャーズ
WEBhttps://genesiaventures.com/
設立日2016年8月
代表者代表取締役/General Partner 田島 聡一
本社東京都港区北青山三丁目3番13号 共和五番館2F
事務所・ジャカルタ
WeWork Revenue Tower, Scbd, Jl Jend.Sudirman No.52-53, Senayan, Kebayoran Baru Jakarta City, JK, 12190, Indonesia
・ホーチミン
D08,SENoffice Business Center,L18-11-13,18th Floor, Vincom Center Dong Khoi Tower,72 Le Thanh Ton, Ben Nghe Ward,District 1,Ho Chi Minh City,Vietnam
事業内容ベンチャーキャピタル業
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント