12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

経営者と起業家をマッチング!エンジェル投資家コミュニティ「SEVEN」誕生

第4次ベンチャーブームが訪れ起業を希望する若者が年々増える中、2020年8月、経済界に、富裕な投資家、いわゆる“エンジェル投資家”の新たなコミュニティ「SEVEN」が誕生。12月18日に初の投資契約が締結されることになりました。

エンジェル投資家コミュニティ「SEVEN」とは

SEVENは、将来性のあるスタートアップ起業家を支援したいと考えている経営者で構成されるエンジェル投資家コミュニティです。「若手起業家を応援したいが、忙しくてなかなか面倒がみられない」「自分の事業はうまくいっているが、最近、起業当初のような刺激が少なくなっている気がする」そんな想いを抱えている中小企業の経営者が多いことに着目し、優秀なスタートアップ起業家と出会えて投資につながる場を作りたいという思いから誕生しました。

同時に、「熱意とアイディアはあるが、具体的にどう発展させていったらいいのかわからない」「やりたい事業に挑戦するには資金が足りない」というスタートアップ起業家の声にも寄り添い、コミュニティで知恵を出し合いながら若くて新鮮な芽を育てています。

発起人はChatwork創業者とhackjpn inc CEO

Chatwork創業者(現:My CSO) 山本敏行
昭和54年3月21日、大阪府生まれ。中央大学商学部在学中の2000年、留学先のロサンゼルスでEC studioを創業。(2012年にChatwork株式会社に社名変更)
2012年 米国法人をシリコンバレーに設立。自身も移住して5年間経営した後に帰国。
2018年 Chatwork株式会社のCEOを共同創業者の弟に譲り、翌2019年、東証マザーズへ550億円超の時価総額で上場。多くの経営者・エンジェル投資家とつながりのある山本と、スタートアップ起業家にネットワークを持つ戸村。「ベテラン経営者と若手起業家を結び付けることで日本の経済をもっと元気にしたい」という志を同じくする2人が互いの強みを持ち合わせて作り上げました。

hackjpn inc CEO 戸村光
平成6年5月17日、大阪府生まれ。大阪桐蔭高校を卒業後、渡米し、シリコンバレーへ。
2015年 カリフォルニア州立大学在学中、シリコンバレーでインターンシップを簡単に見つけられる“シリバレシップ”を開発し、hackjpn incを創業。
国内外のスタートアップ企業や投資家を評価するサービスである、DATAVASEを運営している。

7にこだわった仕組みと特徴

(1) 7社ピッチイベント

毎月7日と21日の午後7時に、SEVENが厳選したスタートアップ企業7社前後がピッチ(短い事業プレゼン)するZoomイベントを開催します。イベントでは、ファーストラウンド、セカンドラウンド、ファイナルラウンドの3段階でピッチが行われ、最短2週間で投資契約を締結します。3~4か月ほどかかることもある工程を迅速に行えるのが特徴です。

経営者はSEVENのHPから申し込み、月に7,000円の会費を払うことでイベントにも参加できます。スタートアップ起業家の参加費は無料です。

(2) 7名の投資家

1案件につき7名以下のエンジェル投資家が投資、経営支援を行います。

(3) 700億の上場、70億のM&A

契約後、東証マザーズへ700億円以上の上場を、M&Aは70億円以上の買収を目指します。

「SEVEN」ならではのスピーディーな投資

<ファーストラウンド>
ピッチを希望するスタートアップの中から、ポテンシャルのある7社前後を厳選し、3分ピッチをしてもらい、4分の質疑応答を実施します。

<セカンドラウンド>
前ラウンドで伝えきれなかった情報の補足説明。イベント終了後、セカンドラウンド進出者に対し、投資したい投資家がいるかアンケートします。

<ファイナルラウンド>
前回受けたフィードバックを元にピッチスライドをブラッシュアップして、投資家と対話する最後の7分間です。

経営者・起業家から喜びの声多数!

<経営者(エンジェル投資家)からの声>
スタートアップの卵たちのピッチが刺激的」「自分のビジネスのヒントを得ることもできた」等

<スタートアップ起業家からの声>
「親身に相談に乗ってくれて心強い」「現場と経営、両方の目線から助言がもらえて助かる」等

待望の第一号案件、誕生!

12月18日、SEVENを通して、障がい者就労支援施設と一般企業を結びつけて雇用を生み出す事業を行う「株式会社ミンナのシゴト」(栃木県 鹿沼市)さんへの投資契約が締結されることになりました。代表取締役の兼子文晴さんは知人を通じてSEVENのサービスを知り、世の中から“障がい者”という概念をなくしていけるような事業をより多く展開したいと思い、イベントに参加しました。「ピッチを経験し、自分の事業の魅力を3分で説明できるという自信がついた。投資家の人たちと意見を交わす中で、仕事へのモチベーションも上がりやる気が出た」と話しています。

投資家コミュニティ「SEVEN」の今後の展開

スタートアップを希望する人が増えてきている現代の日本ですが、世界と比べると、その環境は決して整っているとはいえないのが現状です。そこで、SEVENでは、そのような環境を変えていくべく、今後も、エンジェル投資家(経営者)と若手起業家が出会い、互いに刺激し合い日本の経済の底力を上げていけるような場を多く提供し続けていきます。

そして、ゆくゆくは、SEVENというプラットホームを通じて上場する企業をたくさん輩出し、「SEVENを通ったら成功できる」と言われるような、“起業家の登竜門”のような存在を目指しています。そのためにも、今後、より仲間を増やして支援の可能性の幅を広げるとともにサポート体制の質の底上げも図っていきたいと考えております。

【会社概要】
会社名: SEVEN
所在地: 東京都渋谷区松濤1丁目28-2URL 

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceSEVEN
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント