12.8 C
Japan
火曜日, 11月 29, 2022

ロレアル リサーチ&イノベーション、 『グリーンサイエンス2021』のファイナルセレクションを実施|優秀賞獲得企業とグリーンイノベーションを推進

世界最大の化粧品会社ロレアルグループの日本における研究開発部門であるロレアル リサーチ&イノベーションは、2021年10月「グリーンサイエンス2021-イノベーションピッチコンテスト」の最終ステップとして、2022年1月18日にファイナルセレクションを実施しました。

本ピッチコンテストは、ロレアルグループが注力しているグリーンサイエンスを日本におけるオープンイノベーションで活性化する取り組みの一つです。10月4日のオンラインキックオフから、厳正な書類審査を経て選ばれたスタートアップ企業10社がそれぞれの革新的な技術を競いました。

「グリーンサイエンス2021-イノベーションピッチコンテスト」受賞企業

● 最優秀賞(1社)

平和化學工業所
化粧品容器に求められる性能を全く妥協せずに、サステナブルな化粧品容器の条件を満たすことが期待できる点が高く評価された。

優秀賞(2社)

NU Protein
環境負荷が細胞やバクテリアを使った既存の技術よりも明らかに低いという定量的なデータを提示した点が高評価につながった。

環境エネルギー株式会社
廃棄プラスチックから高品質な原料を作りだすことができ、ロレアルの目指すサーキュラーエコノミーに大きく貢献できると期待されること、また、児童労働等、社会問題への解決も目指されていることが、弊社が掲げるロレアル・フォー・ザ・フューチャーの理念にも合致していると評価された。

グリーンサイエンス2021ピッチコンテスト

ロレアルグループは、社会・環境問題に対応する目的で、製品開発において「グリーンサイエンス」を推進している。本ピッチコンテストは、ロレアルグループのグローバルコミットメント「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」(*1)におけるディスラプティブ・イノベーションのための重要な柱のひとつ「グリーンサイエンス」による新たな価値創造のため、有望な技術をもったスタートアップ企業、中小企業を対象に実施した。

2030年に向けて、製品に使用する成分の95%を再生可能な植物由来、あるいは豊富に存在する鉱物を原料としたものにするなどと定めた目標を達成するために、革新的な製品性能と高いサステナビリティを両立させるため、ロレアルは外部の技術を積極的に取り入れ、グリーン製品の開発を加速させていきたいと考えている。グローバル規模で製品開発を共同で進めるための主要なパートナーを探すオープンイノベーションの一環として、日本のバイオテクノロジーを活用し、戦略的に取り組むべき技術的課題を、パートナー企業とともに解決していく方針だ。

*1「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」
ロレアルは、2030年に向け新たなサステナビリティプログラム「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」を 2020 年 6 月にスタートさせた。「地球の限界(プラネタリー・バウンダリー)」に基づいて、気候、水、生態系、自然資源など全てのインパクトに関して、新しい定量的な目標値を導入し、事業の変革を目指している。これらの新しい目標値は、ロレアルの直接的な取り組みにとどまらず、サプライヤーや製品を使用する消費者までを網羅している。

ロレアルグループについて

ロレアルは、100 年以上にわたって美に専念してきた。35*の多様で補完的なブランドからなる独自の国際的なポートフォリオにより、グループは 2020 年に 279 億 9,000 万ユーロの売上高を達成し、世界中で 85,400 人の従業員を雇用している。世界有数のビューティーカンパニーであるロレアルは、マス市場、百貨店、調剤薬局・ドラッグストア、ヘアサロン、トラベルリテール、ブランドリテール、E コマースなど、あらゆる流通ネットワークに展開。 研究とイノベーション、そして 4,000 人の研究専任チームは、ロレアルの戦略の中核であり、世界中の 美への熱望を叶えるために活動している。ロレアルは、2030年に向けてグループ全体で意欲的な持続可能な開発目標を掲げ、より包括的でサステナブルな社会に向けてエコシステム を強化することを目指している。

*L’ORĒAL Annual Report 2020 に基づいている  https://www.loreal.com/

 日本ロレアルリサーチ&イノベーションセンターについて

日本における研究開発は1983年にスタートし、現在、日本ロレアル リサーチ&イノベーションセンター(所在地:川崎市、所長:アミット・ジャヤズワル)として、戦略的なイノベーション拠点としての役割を担っている。数ある外資系化粧品企業においても、もっとも歴史ある研究開発部門であり、いち早く日本の文化、歴史、社会を深く理解し、200名以上の研究員が、ラグジュアリーブランドをはじめ、グループの各ブランドおよび様々なカテゴリーの製品開発を行っている。代表的なブランドはランコム、シュウ ウエムラ、キールズ、ヘレナ ルビンスタイン、ケラスターゼ、ロレアル プロフェッショナル、メイベリン ニューヨークなどだ。

社名日本ロレアル株式会社
設立設立1986年07月
所在地神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1
代表者アミット・ジャヤズウァル
URLhttps://www.nihon-loreal.jp/
https://www.loreal.com/ja-jp/japan/articles/science-and-technology/beauty-research-and-innovation/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント