12.8 C
Japan
月曜日, 1月 17, 2022

RelicホールディングスとCAMPFIRE、合弁会社「CAMPFIRE ENjiNE」を設立

「CO-INNOVATION PLATFORM」をコンセプトに、挑戦者と共創するインフラとなり1,000の大義ある事業と事業家の創出を目指すRelicホールディングスは、国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」を運営するCAMPFIREと、合弁会社「株式会社CAMPFIRE ENjiNE」を2022年1月4日に設立しました。今後CAMPFIRE ENjiNEでは、企業におけるクラウドファンディング事業の展開を促進すべく、双方のクラウドファンディングサポートの知見やアセットを活かしてSaaS型クラウドファンディングプラットフォーム「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」の共同提供を開始します。

合弁会社設立の背景

クラウドファンディングは、顧客の共感をベースに共創するファンマーケティングや、新製品/新サービスの事業コンセプトや顧客の受容性を検証するテストマーケティング、または新たな資金調達の手法やキャッシュフローの改善など、これまでにないマーケティングやファイナンスの形を実現する場として多くの企業に活用されている。
2020年における国内の購入型クラウドファンディング市場は500億円(前年比約300%)※を突破するなど、右肩上がりの成長を続けている。近年では、既存のクラウドファンディングサイトへのプロジェクト掲載に加えて、自社でクラウドファンディングサイトを構築・運営し、中長期的に既存事業とのシナジー創出を企図したり、新たな事業として参入・展開を検討する企業も急増しており、市場の拡大と共に企業活動におけるクラウドファンディングの活用方法は一層多様化している。

※2021年7月9日 一般社団法人日本クラウドファンディング協会 クラウドファンディング市場調査報告書より

これまでの両社の取り組み

Relicホールディングスはこれまで、グループの中核事業会社であり、日本企業の新規事業開発やイノベーション創出を支援する「事業共創カンパニー」である株式会社Relic(以下、Relic)において、多様化する企業のニーズに応えるべく、初期費用無料で保守・運用費用などのコストを抑えながらスピーディにサイトを立ち上げることができるSaaS型クラウドファンディングプラットフォーム「ENjiNE」を2018年から提供している。
「ENjiNE」を利用することで、企業や事業者は独自の会員基盤を持ち、自らクラウドファンディングサイトの運営を行うことが可能となる。また、導入サイト/メディア間でプロジェクトを同時掲載して相互集客ができるネットワーク機能を保有しており、これまで、大手メディア、小売、メーカー、エンタメ企業など様々な業種、業界で200以上のクラウドファンディングサイトの立ち上げを支援してきた。


一方CAMPFIREは、「一人でも多く一円でも多く、想いとお金がめぐる世界をつくる。」を掲げ、個人や企業、またプロジェクトのジャンルや規模に限らず、あらゆる事業フェーズにおけるクラウドファンディング活用をサポートしてきた。サポートしたプロジェクト数は59,000件、累計支援者数は650万人、支援総額は530億円にのぼる。

合弁会社設立の目的/取り組み

今回新たに設立する合弁会社は、RelicがENjiNEの提供を通じてこれまで培ってきた企業向けのクラウドファンディングサイト運営における知見・サービスと、CAMPFIREが持つクラウドファンディングのプロジェクトオーナーや支援者に関する知見・アセットを組み合わせてENjiNEをさらに進化させ、これまで以上に企業がクラウドファンディング事業に挑戦・事業展開しやすい世界を実現させるものである。
 

今後は、ENjiNE導入企業のクラウドファンディングサイトに対してCAMPFIREの保有するマーケティングノウハウの提供や、CAMPFIRE会員に向けたアプローチをサポート。また、ENjiNEネットワークとCAMPFIRE間の同時掲載による相互送客やログイン連携など、両サービスがシームレスに連携することにより、プロジェクトや支援者がサービスの垣根を越えて集まるプラットフォームを構築していく。

両社代表のコメント

株式会社Relicホールディングス 代表取締役CEO 北嶋 貴朗氏

この度、国内No.1クラウドファンディングを提供し、業界を創り上げてきたリーディングカンパニーでもあるCAMPFIREと、我々が提供する国内シェアNo.1のSaaS型クラウドファンディングプラットフォーム「ENjiNE」が連携し、新たに合弁会社「CAMPFIRE ENjiNE」を立ち上げることになりました。

両社がこれまでに積み上げ、創り上げてきた強みを生かしたこれまでにない圧倒的な価値を生む唯一無二のプラットフォームの実現を確信するとともに、このような大義ある挑戦を共にできることを大変光栄に思います。

志を同じくするCAMPFIREの皆様と共に、今後もRelicホールディングス及びRelicのビジョン・ミッションの実現に向けて精進してまいります。

株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長CEO 家入 一真氏

この度、Relicホールディングスの提供する国内シェアNo.1のSaaS型クラウドファンディングプラットフォーム「ENjiNE」と、私たちが提供する国内No.1クラウドファンディング「CAMPFIRE」が手を取り合い、合弁会社「CAMPFIRE ENjiNE」を立ち上げる事となりました。

「⽇本発の新規事業やイノベーションを共創するプラットフォームとなり、日本経済と地域を活性化する」をミッションに掲げ、多くの事業者から支持されているRelicホールディングスの皆さまと共に、こうして新しいチャレンジが出来ることを心より嬉しく思います。

これからもCAMPFIREグループとして「一人でも多く一円でも多く、想いとお金がめぐる世界をつくる。」のミッションを実現するためにも、CAMPFIRE ENjiNEで新たな価値を提供できるよう、今後も取り組んでまいります。

新たに設立する合弁会社について

社名株式会社CAMPFIRE ENjiNE
設立2022年1月4日
所在地東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー8F
代表者大丸 徹也
事業概要SaaS型クラウドファンディングプラットフォーム「ENjiNE」の販売/導入/運営サポート
URLhttps://relic-holdings.co.jp/group/campfire-enjine/

CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNEの特徴

①国内シェアNo,1のSaaS型クラウドファンディングプラットフォーム
②初期費用・月額固定費が無料でスピーディーに立ち上げ、コスト/リスクを抑えた事業展開が可能
③導入サイト/メディア間で相互集客やプロジェクト/商品の同時掲載が可能(コストをかけずに集客力とプロジェクト/商品数を確保し、収益を拡大)
④大手新聞社や金融機関、上場企業/Pマーク取得企業等の基準をクリアした業界最高水準の堅牢なセキュリティを誇るシステムと体制を提供
⑤経験豊富なスタッフによる、サイト運営やプロジェクトの企画・集客のコンサルティング、成功事例を元にしたノウハウ提供

▼CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE
https://relic.co.jp/services/enjine/

株式会社Relicについて

Relicは、「インキュベーションの民主化」の実現を目指して日本企業の新規事業開発やイノベーション創出を支援する「事業共創カンパニー」である。2,000社以上が利用する国内シェアNo.1のSaaS型イノベーションマネジメント・プラットフォーム「Throttle」や、国内シェアNo.1のSaaS型クラウドファンディングプラットフォーム「ENjiNE」、顧客のロイヤリティを向上し、事業のグロースをマネジメントする次世代型マーケティングオートメーション/CRM「Booster」等の「インキュベーションテック事業」に加え、新規事業開発における事業プロデュースやコンサルティング、オープンイノベーション支援、新規事業創出プログラムや社内ベンチャー制度の企画・設計・運営や、事業開発に特化した共創型エンジニアリングサービス「Digital Innovation Studio」、ベンチャー・スタートアップ投資など総合的なソリューションを提供しており、大企業~中小・ベンチャー企業まで業界トップである3,000社以上の支援実績がある。

社名株式会社Relic
設立2015年8月
所在地〒150-6008 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー8F
代表者北嶋 貴朗
URLコーポレートサイト https://relic.co.jp
事業内容https://relic.co.jp/services/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceRelic
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント