12.8 C
Japan
水曜日, 9月 28, 2022

「Z世代が求める楽しいECサイトとは!?」awoo Japanがヤング日経にて放送予定の特別番組の事前公開収録をzoomで開催!

グローバルAIテックカンパニーのawoo Japan株式会社は、ヤング日経にて放送予定の特別番組「Z世代が求める楽しいECサイトとは!?」の事前公開収録を1月24日(月)にzoomにて開催します。ゲストにはコマースプロデューサー/Eコマース先生の川添 隆氏、ヤング日経水曜ラジオパーソナリティの齋藤 有紗氏が出演します。

特別番組の内容

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策の一環で外出規制が敷かれ、ECの利用が推奨されたことにより、2020年の物販系EC市場は2019年に比べて21%ほど伸長し、12兆2333億円ほどの規模へと成長しました*。大雪・大雨・台風などの時にわざわざ外出しなくても買い物ができるというメリットもあり、インフラとしても欠かせない存在になり、今では多くの企業がECサイトを運営し ています。

そんなECサイトですが、これからの日本を背負うZ世代は、どういう風にECサイトをみているのでしょうか?

Z世代のデジタル活用は、それ以上の世代と大きなギャップがあります。Z世代のファッ ション意識を調べた調査*では、「普段の情報収集」ツールで最も多く使われているのは Instagramであり、YoutubeやTikTokなどがそれに続きます。通販サイトと答えた人は23.9%と低く、また「購入時の検索方法」においても、通販サイトよりInstagramと答えた人が多いという調査結果でした。

2022年4月、個人情報保護改正が施行され、より個人をトラッキングしにくくなる時代がやってきます。こうした流れを受けて、Z世代がECサイトに何を求めているのか、その世代が求める本音に耳を傾けてみましょう。そこにECサイトの顧客体験価値の本質的なヒントが眠っているかもし れません。

Z世代代表として、ゲストにヤング日経の水曜パーソナリティを務める齋藤 有紗氏が出演します。またECサイトの専門家としてEコマース先生こと川添 隆氏、メインMCは、「衝動買い体験のDX化」をビジョンに掲げるAIカンパニー、awoo Japanの吉澤 和之氏が務めます。

*https://www.meti.go.jp/press/2021/07/20210730010/20210730010.html
*https://netshop.impress.co.jp/node/9076

イベント概要

主催:awoo Japan株式会社
協力:ヤング日経
期日:2022年1月24日(月)
時間:17:00-18:00
形式:zoomでの公開収録

当日のアジェンダ

17:00-17:15 awoo Japanによるawoo AIの説明
17:15-18:00 公開収録〜Z世代が求める楽しいECサイトとは!?〜
*後日パート2のみ「ヤング日経」内にて放送します

出演者

・齋藤 有紗氏 ヤング日経水曜ラジオパーソナリティ
・川添 隆氏 コマースプロデューサー/Eコマース先生
・吉澤 和之氏 awoo Japan 日本事業開発責任者
・(司会) 藤井 みりか氏

申し込みページ:

▶︎https://zoom.us/webinar/register/WN_ZTRd-e8tRCi-dg_vAaaEsg

awoo AIとは

awoo AI(アウーエーアイ)は衝動買い体験をDX化するというビジョンを持つAIマーケティングソリューションです。リアル店舗特有の消費行動である「偶発的消費(衝動買い)」をデジタルで実現することで、より良い買い物体験を提供します。

また、awoo AIは2つのアーキテクチャで成り立っています。商品データ集積基盤である「awoo PDP」(awoo Product Data Platform)を通じて、一つ一つの商品特徴をAIが理解し、商品ごとに最適なキーワードをハッシュタグとして付与します。そして「awoo AMP」(awoo AI Marketing Platform)を通じてハッシュタグをリアルタイムに最適化し、あらゆるマーケティングチャネルに活用することができ、偶発的な商品との出会いを増やします。

この一連の仕組みによって、SEOとCXを同時に改善することができ、新規流入増加とサイト内エンゲージメント強化を1ツールで実現します。また、運用はAIによる完全自動運用のため、リソース負荷の懸念も一切ありません。

サービスサイト:https://awoo.ai/ja/

awoo Japanについて

2015年に台湾でawoo Intelligenceが設立され、台湾市場においてSEOとEmail配信の分野で業界シェアNo.1のMarTech企業となりました。2017年8月にはシリコンバレーの上場企業創業者より投資を獲得し、同年、10名以上のAI科学者を率いるAIラボを設立。グローバル展開を見据えて2018年2月にawoo Japanを設立し、2019年4月、awoo Japanを本社へ登記変更。2020年1月にAI×マーケティングソリューション「awoo AI」をリリース。同月、300万USドルの資金調達(Series-A)を実施。2020年8月より日本市場へ本格参入を果たしました。

〈企業名〉awoo Japan株式会社
〈所在地〉東京都新宿区四谷4-26-6テクノ四谷2F
〈代表者〉林思吾
〈事業内容〉AI技術を活用したマーケティングソリューション、awoo AIの提供
〈URL〉https://awoo.ai/ja/
〈SNS〉Facebook|https://www.facebook.com/awooJapan
   Twitter | https://twitter.com/awoo_Japan

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント