12.8 C
Japan
土曜日, 8月 13, 2022

【オカムラ×ボーンレックス】共同出資によりNovolBaを設立|スタートアップの成長ステージに合わせたオフィスの空間を提供

NovolBaは、オカムラとボーンレックスの共同出資により設立されました。NovolBaは、スタートアップの成長ステージに合わせたオフィス空間を提供します。

株式会社NovolBaについて 

NovolBaは、スタートアップのための最適なオフィスを提供するサービスである。スタートアップがオフィスを構築する際に生じる様々な課題を解決する。
半年から1年で事業拡大・増員・移転を繰返すスタートアップにとって、賃貸物件の契約期間の縛りや、敷金等の高額な初期費用、オフィスの契約やセットアップに関する手間は、成長の阻害要因になりかねない。
そこでNovolBaは、賃貸契約、家具・インターネット・内装工事等の手配を、スタートアップに代わり一手に担い、一社占有のオフィスを構築する。また、長期の契約期間の縛りをなくし、スタートアップに月額定額制でオフィスを提供する。これにより、スタートアップはオフィス移転の手間等の課題から解放され、企業の成長に合わせてオフィスを変えていくことが可能となる。NovolBaは、このサービスを広く提供していくことで、スタートアップがより成長・活躍できる社会にしていくことを目指している。

各種契約が不要で契約・支払いを一本化

利用企業の要望をヒアリングし、通常の賃貸オフィスを「家具付き占有オフィス」として用意する。面倒な契約や手続きがなく、身軽に移転が可能であある。

事業を支えるオフィス環境を完備


オカムラのオフィス家具、Wi-Fi、プリンター、ホワイトボードが設置済みのため、入居初日からすぐに働ける環境を提供可能だ。また、退去する際の大型家具の移動や廃棄も不要となる。

柔軟な契約期間


通常の賃貸オフィスは2年契約、6カ月前の退去予告が必要であるが、NovolBaとの契約は6カ月毎更新、3カ月前予告で退去できる。契約期間に縛られず、スピーディーな拡張移転が可能である。

安心の定額制

毎月の支払いは、月額のサービス利用料と水道光熱費等の実費のみ。通常の賃貸オフィスに必要な契約時初期費用(敷金・礼金・仲介手数料)や、入退去時の工事費用、家具購入費用はかからない。キャッシュフローが安定し、資金計画が立てやすくなる特徴がある。
※初月のみ、サービス利用料金1カ月分の契約金が発生。

NovolBaオフィスイメージ

キャンペーン内容について

【サービス利用料、初月半額キャンペーンの概要】
期間:
2021年12月23日(木)~2022年3月31日(木)
対象: 5名~30名程度のスタートアップ企業(会社設立から5年以内)
※新規契約企業が対象となります。割引上限額は30万円(税抜)
申込方法:①下記の「NovolBa LINE公式アカウント」QRコードを読み取る
     ②LINEアプリで「NovolBa公式アカウント」を友達登録する
     ③NovolBa公式アカウントに「初月半額キャンペーン希望」とチャットで送る

株式会社NovolBaについて

株式会社NovolBaは、「挑戦するスタートアップの成長を支える」をミッションに、オフィス構築の際に生じる様々な課題と手間を解決するオフィス空間サービス、オフィス家具のサブスクリプションサービスの提供や、スタートアップ向けのWEBメディア等を運営している。

社名株式会社NovolBa
設立2021年11月12日
所在地東京都渋谷区渋谷 (営業所:東京都千代田区神田錦町1-7-3 錦町1丁目ビル2階)
代表者代表取締役社長 鄧 雯
非常勤取締役 大野 嘉人(株式会社オカムラ 執行役員)
室岡 拓也(株式会ボーンレックス 代表取締役)
URLウェブサイト:https://novolba.com/ 
Webメディア:https://note.com/novolba

株式会社オカムラについて

株式会社オカムラは、オフィス、教育・医療・研究・商業施設、物流センターなど、さまざまなシーンにおいて、クオリティの高い製品とサービスを社会に提供することに努めている。
「豊かな発想と確かな品質で、人が活きる環境づくりを通して、社会に貢献する。」をオカムラのミッションとし、トータルソリューション企業への変革とグローバル化の推進を図るとともに、持続的な企業価値の向上と社会課題の解決を目指す。

社名株式会社オカムラ
設立1947(昭和22)年5月
所在地神奈川県横浜市西区北幸1丁目4番1号 天理ビル19階
代表者代表取締役 社長執行役員 中村 雅行
URLhttp://www.okamura.co.jp/

株式会社ボーンレックスについて

“世界をワクワクさせる”ことを目指して、個人起業家から大企業まで新規事業の事業化支援を行い、あらゆる人の想いをカタチにしている。  ミッション策定からビジネスモデルの構築、POC(実証実験)を経てリリースに至るまで伴走型でトータルサポート。クライアントに代わって自社リソースで事業を立ち上げたのちクライアントに売却する、事業の「代理出産モデル®」も提供している。 数々の新規事業を立ち上げてきた経験を活かし、クライアントに寄り添いながらビジネスを築き上げることを強みとしている。  

※記載されている会社名およびプロジェクト名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。   

社名株式会社ボーンレックス
設立1947(昭和22)年5月
所在地〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目3−1 新東京ビル4階
代表者室岡 拓也
事業概要ベンチャー及び大手企業に対する新規事業立ち上げ支援全般
(コンセプト、コンサルティング、資金調達支援、ハード・ソフト開発、映像製作等実務支援を含む)
地域活性化の支援、各種研修・授業、イベント・セミナー企画運営、市場調査
URLhttp://www.bornrex.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント