12.8 C
Japan
水曜日, 8月 10, 2022

Z世代に人気のファッションEC「17kg」がチャネルトークを導入!タイムリーなコミュニケーションを実現

熱狂的ファンをつくるCRM・接客チャット「チャネルトーク」は、株式会社イチナナキログラムが運営するファッションEC「17kg(イチナナキログラム)」にチャネルトークを導入し、オンラインストアにおける顧客ニーズの把握や、リピート増加に繋がるお客さまとの関係作りに寄与しています。Shopifyで構築したオンラインストアにて、顧客体験向上やリピート増加を実現した事例を紹介します。

チャネルトーク導入の背景

インスタグラムのフォロワーは50万人以上を超え、Z世代から絶大な支持を集めているファッションEC「17kg(イチナナキログラム)」は “Create and Lead the World Trend” (世界のトレンドを作り牽引していく)をミッションに掲げ、SNSを中心に顧客の声と向き合うことを大事にしています。

チャネルトーク導入前の課題
(1)オンラインストアでの問い合わせ窓口がメールのみのため、メインユーザーであるZ世代に適したコミュニケーションの導線を設けられていない
(2)買い物中のユーザーと直接話すことで、顧客ニーズにタイムリーに対応したい
(3)ユーザーと親友のような関係を作る顧客接点をより強化することで喜びを与え、ファン作りやリピートを向上させたい

【導入の決め手】
Z世代に適したカジュアルなコミュニケーションを実現できる
・お買い物中のユーザーにタイムリーな接客をすることで顧客体験と関係性向上ができ、ファン作りやリピート改善ができる

 チャネルトーク導入後の効果

・在庫切れページにポップアップを表示させ、他ページへの遷移を促し離脱防止&購入UPへ

在庫切れになってしまった商品ページに関して、レコメンドのポップアップを表示。その結果、3割のユーザーがレコメンド先のページへ遷移するようになり、実際に購入にもつながっています。

在庫切れだからといって離脱させるのではなく、ユーザーが求めてそうな商品をレコメンドすることで、満足度を高めることに成功。

▲離脱防止につながっているポップアップ

・アプリ登録への導線としてチャネルトークを活用し、データドリブンな運用を実現

ブランドへのロイヤリティを高める施策として、アプリ登録にも注力。チャネルトークを使ってトップページと購入完了ページにアプリ登録への導線としてポップアップを表示させています。

チャネルトークは数字の分析ができることもあり、トップページに比べ購入後のユーザーのアプリ登録へのポップアップのクリック率が4倍も違うことがデータとしてわかりました。このように細かいデータも分析できるため、次のアクションも立てやすくなります。

▲アプリ登録に繋げるポップアップ画面

・チャネルトークを設置してからクレームが“マイナス50%”へ

チャネルトークを導入する前までは問い合わせの導線がコンタクトページしかなく、ユーザーが気軽に相談や会話ができないことから、不満が大きくなった状態で連絡のくるケースが多かったそうですが、チャネルトークを導入したことで小さなことでも気軽に質問ができたり、負担を解決できるようになったため、それまでと比べてクレームが半分へ減ったそうです。

メールの場合は返信が漏れてしまったことでユーザーを不快な気持ちにさせてしまったこともあったそうですが、チャットだと漏れが発生しにくく、満足度も高まりました。

・チャネルトーク導入により、全社員が顧客の声に耳を傾けるような意識改革を実現!

今まで顧客と積極的にコミュニケーションをとっていなかった社員がチャネルトークに登録してユーザーと会話したいと発言するようになったそうです。

チャネルトークを導入したことで、ユーザーから感謝の声をもらったり、次の戦略のヒントになることも多く、「お客様とコミュニケーションをしないといけないよね」という考え方が社内に浸透し始め、単にお問い合わせツールとしてだけでなく、社内の意識改革にも繋がったそうです。

▼17kgのインタビュー詳細は下記から
https://channel.io/ja/blog/case-17kg

チャネルトークについて

チャネルトークは「ビジネスの”持続可能な成長”をサポート」することをミッションに、その成長の原動力である「顧客」とビジネスをつなぐ「熱狂的ファンを作る接客チャット」です。

現在、ECを中心に60,000サイトに導入されています。従来の受動的に顧客の問題を解決するカスタマーサポートにとどまらず、より積極的に顧客体験向上や接客、顧客管理(CRM)、ブランディング、ファン作りを行うカスタマーサクセスとしても活用できます。

【導入事例(一部)】
オンラインストアを中心に60,000サイト以上に導入

▼導入事例インタビュー
https://channel.io/ja/blog/tag/user-voice

【1分半でわかるチャネルトーク概要】
https://www.youtube.com/watch?v=WZshb_74ve0

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント