12.8 C
Japan
月曜日, 8月 15, 2022

【佐川急便】新規ビジネス創出プロジェクトの採択スタートアップ企業4社を発表!

佐川急便株式会社は2020年度に引き続き、同社のオープンイノベーション活動の取り組み主体「HIKYAKU LABO」が開催する、スタートアップ企業とのオープンイノベーションによる新規ビジネス創出プロジェクト「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」第二期の成果を発表するデモデイを11月11日(木)に開催。採択企業4社と佐川急便の専任開発担当者によるプレゼンテーションが行われました。特に優れた取り組みに贈る「最優秀賞」には株式会社トレードワルツが選出されました。

「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」第二期デモデイ

佐川急便の経営資源とスタートアップ企業の持つ新しいアイデアや斬新なノウハウを掛け合わせ、新たな物流未来の創出・社会の発展へ貢献することを目指し、同社は本年4月より「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」第二期を開催。イノベーションを実装していくパートナーを募集しました。

多数の応募の中から書類および面談での選考を経て採択された4社は、その後佐川急便の専任開発担当者と二人三脚で実証実験などを通じて事業共創を進めてきました。

今回のデモデイでは、各チームがこれまでの取り組みの進捗や成果を発表。審査員による協議の結果、「最優秀賞」「優秀賞」「HIKYAKU LABO賞」「審査員特別賞」が決定し、表彰されました。

最優秀賞スタートアップは株式会社トレードワルツ

今回、「最優秀賞」に選ばれたのは、ブロックチェーン技術等を活用した貿易プラットフォームを展開する株式会社トレードワルツ。そして「優秀賞」はugo株式会社、「HIKYAKU LABO賞」はSWAT Mobility Japan株式会社、「審査員特別賞」は株式会社フツパーが、それぞれ受賞しました。

採択企業4社に対しては、これまでの実証実験の結果などを踏まえ、ログラム期間終了後も物流に関する社会課題を共に解決していくため、引き続き協業の可能性が模索されていきます。

今後は、よりスピード感をもって新たなビジネスを生み出していくため、通年での募集形式に変更されます。詳細については、順次公表が行われていく予定です。

採択スタートアップ企業4社の取り組みについて

最優秀賞:株式会社トレードワルツ

※写真撮影時のみマスクを外しています。
登壇者
染谷 悟 氏 株式会社トレードワルツ 取締役CEO室長
田中 清之 氏 佐川急便株式会社 経営企画部 係長(取材当時/本社(中部)営業開発部より参加)

SAGAWAの国際物流ソリューション進化

提案内容
●トレードワルツのシステムと佐川急便の国際物流ネットワークを掛け合わせることにより、貿易業務の効率化・物流の可視化・物流の最適化を図る。
●効率的な貿易業務・最適物流によりCO₂を削減し、SDGsに貢献する。
●佐川急便にとどまらず、荷主の業務効率化を図る。

【実証実験内容】
●中小企業を中心に輸出入サポートを行っている企業の協力のもと、トレードワルツとIoTトラッカーを用いた貿易手続きを実施。

【検証項目】
●貿易完全電子化プラットフォーム「トレードワルツ」を活用することで貿易業務の効率化が可能か。
●IoTトラッカーにより、リアルタイムで貿易貨物の位置情報の把握が可能か。
●貿易貨物の位置情報を捉えてリードタイムの内訳を可視化することによって、リードタイムの短縮は可能か。

検証結果】
業務工数は44パーセント以上の削減が可能
●IoTデータによるリアルタイムでの貨物位置情報の把握が可能。
リードタイム内訳の可視化が可能。

【目指す未来】
国際物流における「デジタル物流商社」というワンストップのビジネスモデルを検討。
●既存事業にデジタル技術と商社機能をプラスすることで、中小企業をはじめとする新たな顧客層への貿易サービスの提供を目指す。

貿易DXを推進するトレードワルツ、佐川急便の「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM第二期」で実証に成功|最優秀賞を受賞

2021年11月25日

優秀賞:ugo株式会社

登壇者
松井 健 氏 株式会社ugo 代表取締役CEO
吉岡 良 氏 佐川急便株式会社 経営企画部 係長(取材当時/本社(西日本)営業開発部より参加)
内藤 まどか 氏 佐川急便株式会社 経営企画部 (太田営業所より参加)

屋内物流の新常識を創る~人×ロボットによる最適物流オペレーションの構築~

提案内容
●ロボットによる配送で、館内物流の配送効率向上&新たな付加価値を創造する。
●館内物流の効率化にとどまらず、宣伝活動や見回り等の付加価値により多種多様な提案領域へと広げていく。

【実証実験内容】
●大型商業施設の協力のもと、ロボットによる集配業務、宣伝活動、施設管理業務を実施。

検証項目】
人とロボットの最適な役割分担を見極め、ロボット導入により配送効率を向上させることが可能か。
●集配業務に加え、宣伝活動や施設管理業務などを同一ロボットに行わせることで、費用対効果を高めることが可能か。

検証結果】
●配送にとどまらず様々なシーンでロボットを活用することで、十分な費用対効果を望める
非対面・非接触のニーズに応えるなど、定性的な効果も見込まれる。

【目指す未来】
人件費の削減だけでなく、ロボットを導入する事により24時間365日収益を生む仕組み。
●オフィスビルやマンション、高齢者施設への展開も検討。
●サービス業の人手不足をヒト×ロボの分業モデルで解決

HIKYAKU LABO賞:SWAT Mobility Japan株式会社

登壇者
末廣 将志 氏 株式会社SWAT Mobility Japan 代表取締役
竹内 淑貴 氏 佐川急便株式会社 経営企画部(加賀営業所より参加)

TMSソリューションの進化

提案内容
●物流コンサルティングや動態管理、共同配送等を一貫して提供するような新たな佐川急便のTMS(Transportation Management System/チャーターサービス)メニューの開発を目指す。
●現場のアナログ業務を効率化・高度化し、お客様への最適なソリューションの提案を目指す。

【実証実験内容】
●アパレル商材の集配における配車組みやルート設計にSWAT Mobility Japanの提供する以下の3つのシステムを導入。
「オーダー入力アプリ」で顧客情報や条件を入力→「ルート・ジェネレーター」で自動的にルートを生成→「ドライバーアプリ」でドライバーにルートを伝える流れを構築。

検証項目】
●最適なルート設計や容積計算、お客様が受け入れ可能な車両の条件等を考慮した配車により、必要台数の削減が可能か。
●配車業務の自動化により、作業時間の削減が可能か。

検証結果】
●車両台数は約64%に削減
●配車業務にかかる時間は約33%に削減

【目指す未来】
●物流コンサルティングや動態管理、ビッグデータ分析、共同配送等を組み合わせた、新しいTMSのサービスを検討。
テクノロジーと配送をセットにして顧客へ提供することで、売上拡大を目指す。

「SWAT Mobility」が佐川急便開催のアクセラレータープログラムを通じ、配送ルート最適化サービスのPoCを実施!

2021年11月26日

審査員特別賞:株式会社フツパー

※写真撮影時のみマスクを外しています。
登壇者
萩原 啓悟 氏 フツパー株式会社 CMO
工藤 佑真 氏 佐川急便株式会社 経営企画部(取材当時/東京営業所より参加)

AIでSAGAWAの安全から社会全体の安全へ

提案内容
●佐川急便が、「安全は全てに優先する」をテーマに行っているドライブレコーダーの映像検証について、フツパー社のAIを導入
●人間が目で見て行っている「映像検証」をAIで自動化することで、工数削減を図る
※映像検証・・・佐川急便株式会社の定める「安全運転基本要領」通りの運転をしているか目視で確認する作業

【実証実験内容】
●1営業所のドライブレコーダーデータから運転時のドライバーの行動を特定して学習データを作成。
●AIモデルを構築し、ドライブレコーダーの映像をAIで解析。

検証項目】
AIが運転時のドライバーの行動を検出可能か
●AIで「映像検証」を行うことによって得られる効果の検証。

検証結果】
●担当者が確認したドライバーの行動とAIが抽出したドライバーの行動の一致率は100%
●ある程度認識できるが、「安全運転基本要領」通りの運転ができているにも関わらず、できていないと認識してしまう過検知が多く見られた
●精度を高めるため、学習データの量の増加、運転時の行動のクラス分け、項目の区分けなどの作業が必要。

【目指す未来】
事故ゼロ、安心安全を目指す企業の取り組みを社会全体の安心安全につなげていく。
「佐川=安全」という認知を拡大するとともに、社会貢献を目指す。

AIベンチャーのフツパーが「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」第二期デモデイで「審査員特別賞」に選出!

2021年11月26日

<会社概要>

社名佐川急便株式会社(SAGAWA EXPRESS CO.,LTD.)
所在地本社:京都市南区上鳥羽角田町68番地
東京本社:東京都江東区新砂2丁目2番8号
設立1965(昭和40)年11月24日
代表者代表取締役社長 本村 正秀
事業概要宅配便など各種輸送にかかわる事業
URLhttps://www.sagawa-exp.co.jp/
Facebook コメント
石神 美実子
広告代理店、広告制作事務所を経て、現在フリーランスのコピーライター・ライターとして活動中。キャッチフレーズやネーミング、プレスリリース等の制作から、WEBメディアの執筆まで幅広く従事。とりわけ、円滑なコミュニケーションを必要とする人物インタビューが得意。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント