12.8 C
Japan
金曜日, 2月 3, 2023

オープンイノベーションの事例は世界企業の取り組みを参考にしよう!

日本でも普及しつつあるオープンイノベーションは、企業同士が連携することでビジネスを推進する経営手法の1つです。
海外では外部の人材を効率的に参加させた新しい事例も増えており、日本企業も柔軟に活用しなければなりません。当記事では世界におけるオープンイノベーション事例を7つ紹介します。
目次
・世界企業のイノベーションから学ぶべきことは?
・世界における7つのオープンイノベーション事例を紹介
・日本の導入企業は今後増えていくと予想

世界企業のイノベーションから学ぶべきことは?

イノベーションとは外部の企業や機関と提携することでそれぞれが保有するアイデアやノウハウや技術をかけ合わせて共同で商品やサービスを開発するビジネス手法です。しかし海外では単に企業同士が連携するのではなく社外の人材を効率的に参加させながら自社のアイデアやノウハウを活用していく新しいオープンイノベーションをはじめています。

高い技術力を持つ日本企業が世界企業のイノベーションから学べば、画期的なオープンイノベーションを生み出すきっかけとなり、新たなビジネスの創出にもつながるでしょう。

世界における7つのオープンイノベーション事例を紹介

ここでは世界のオープンイノベーション事例として「LEGO」「スターバックス」「SAP」「ローカルモーターズ」「Samsung」「P&G」「IDEO」の7つを紹介します。

オープンイノベーションを検討している企業は、それぞれの事例から自社にどう活かせるかを考察し、ぜひ活用してみてください。

1.LEGO

LEGOはデンマークで1934年に設立された企業です。LEGOは社外からアイデアを募集するための「LEGO Ideas Site」というWebサイトを開設しました。

ファンと共創するという新たな仕組みをWebサイトで構築した後に、LEGOは業績を回復させています。今ではオープンイノベーションによって新規ビジネスモデルを構築した企業の代表例として注目されています。

2.スターバックス

スターバックスのオープンイノベーションは、顧客とともにブランドを創ることをコンセプトに「My Starbucks Idea」というWebサイトを開設しました。そのWebサイトを活用し、顧客からドリンクや店内インテリアなどのさまざまアイデアを募集しています。

採用されたアイデアはすべてWebサイトに公開されるのです。形式は多少異なるものの、LEGOのオープンイノベーションと似た好事例といえるでしょう。

3.SAP

SPAは創業50年を迎えるソフトウェアとしては老舗企業です。オープンイノベーションを活用して2011年から2018年の売上総額を約2倍にするなど、今なお成長しています。

SPAは外部からデザインのアイデアを募集し、試作品に市場の声を取り入れながら製品化を進めていくという手法を取っています。日本ではSPAジャパンが三菱地所と提携してオープンイノベーションのコラボスペースも開設しました。

4.ローカルモーターズ

ローカルモーターズではオープンプラットフォームである「FirstBuild」をWebで開設しています。「FirstBuild」は自動車開発に関するあらゆる情報を共有することで、企画~販売までの全工程を共有できるサービスです。

個人や企業問わず参加できる他、エンジニアやデザイナー、学生、製造業関係者、自動車ファンなど、あらゆる人材をプラットフォームに招いて共同開発しています。その画期的な手法や生み出される製品は高い評価を得ており、オープンイノベーションを活用した好事例といえるでしょう。

5.Samsung

Samsungは製品開発においてオープンイノベーションを積極的に活用し、高い評価を得ています。

特に2015年にリリースした炭酸水の出る冷蔵庫は大手のソーダメーカーである「SodaStream」とのオープンイノベーションによって開発された製品です。自社の技術と他社のノウハウをかけ合わせた参考すべき事例といえます。

6.P&G

P&Gにおけるオープンイノベーションの成功事例が「プリングルズ プリントチップス」です。チップスにキャラデザインを印刷するアイデアが以前からありました。

しかし印刷ノウハウがなかったことから外部の食用インクジェット技術と提携し、無事製品化させたのです。自社のアイデアと外部技術を活用し、効率的に製品開発したオープンイノベーション事例です。

7.IDEO

IDEOは2010年に社会問題解決に向けた「Open IDEO」と呼ばれるオンラインプラットフォームを開設・運営しています。「Open IDEO」では個人や企業の問題だけでなく、インドの水や衛生状況の改善方法を募集など、高度な社会問題を取り上げていることでも有名です。

「Open IDEO」ではオープンイノベーションを活用で世界中からアイデアを募集し、世界全体の利益向上を目指しています。

日本の導入企業は今後増えていくと予想

オープンイノベーションはアメリカやヨーロッパなど海外では主流のビジネス手法です。近年ではトヨタやソフトバンクなど大手企業を中心に、オープンイノベーションを実施する企業は増えており、今後も導入企業は増えることが予想されます。

問題解決に向けたオープンイノベーションの形がわからないといった場合には、世界企業の事例を参考にしながら進めていくとよいでしょう。自社の問題に近似する事例を真似ることで、効率的なオープンイノベーションの実現につながります。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント